1. HOME
  2. カリキュラム
  3. 観光マネジメント専攻
  4. 観光事業キャリア形成プログラム

観光マネジメント専攻

観光事業キャリア形成プログラム

  • 学部卒業生(留学生含む)対象
  • 大阪いばらきキャンパス
学内風景
学内風景
学内風景
学内風景

ビジネスや経営に関する知識とともに、将来、観光産業の企業・団体等でビジネスを創造するリーダーになるために必要とされる能力を向上させるためのプログラムです。宿泊業等の観光産業の企業・団体におけるキャリアを築きたい方のほか、観光産業で起業を目指している方も歓迎します。
授業は原則として大阪いばらきキャンパスにて平日昼間に開講。一部の特殊講義科目は、主に平日夜間や土日に大阪梅田キャンパスで、観光事業マネジメントプログラムの院生と一緒に授業を受けることができ、多くの刺激が得られます。フィールドワークなど、観光事業の現場で課題発見力や解決力を磨くための機会も豊富です。

特長(ADVANTAGES)

経営の基礎を学び、観光マネジメントを学ぶ

今まで経営を学んだことがなくても、心配いりません。入学後はまずビジネスやマネジメントに関する基礎的な知識を学びます。その上で観光産業の各分野で求められる実践的な知識・スキルを身につけていきます。このようなカリキュラムにより、学びの成長とキャリア形成の双方を図りながら、将来、観光産業の企業等でマネジメントを担う「ビジネスを創造するリーダー」として活躍していくための知識やスキルを身につけていきます。

問題発見力と現場感覚を身につける
学び

実務経験のない院生にとって、観光産業における企業・団体等の経営、あるいは観光事業の実態を知ることは、大変重要です。そのための機会として、テーマや調査地の異なる複数のフィールドワークのクラスを開講します。
フィールドワークでは、企業や団体等の協力を得て調査活動を行うことにより、問題発見力を高めることをねらいにしていますが、同時に現場感覚や即戦力として活躍できる力も養っていきます。

問題発見力と現場感覚を身につける学び

リサーチプロジェクトで課題解決力を
磨く

2回生で受講する演習科目「リサーチプロジェクトI・Ⅱ」では、各自の研究課題やテーマについて調査・研究を行います。現地調査等を通じて観光産業における企業・団体等の経営、あるいは観光事業に関する課題を明らかにし、それらの解決策についてレポートを作成します。
「リサーチプロジェクト」は社会人院生と交流しながら調査・研究に取り組む科目です。社会人院生とのディスカッションにより、自身の研究に役立つヒントが得られるでしょう。こうした取り組みを通じて、将来、ビジネスの世界で直面する諸課題を創造的に解決する力を身につけていきます。

リサーチプロジェクトで課題解決力を磨く

学修・キャリア形成両面で院生をサポート

RBSの教員はさまざまな相談に応じてくれるアドバイザーでもあります。教員と院生の距離が近く、きめ細かな学修サポートが受けられることは、RBSの大きな特長です。
入学後、最初のセメスターでは、主に履修アドバイザー教員が学びに関する助言等を行います。リサーチプロジェクトの所属ゼミが決定した後は、担当教員が履修やキャリアに関する相談に応じます。
また、立命館大学キャリアセンターでは、就職に関するさまざまな支援を行っています。

クォータ制による集中的な学び

RBSでは、春・秋のセメスター(学期)をそれぞれ2分割したクォータ制を採用しており、これによって、ひとつの科目を2ヶ月という短い期間で集中的に学ぶことができます(ただし講義科目のみ)。
さらに、2024年より各授業を200分×7回で実施する開講スケジュールへの移行を計画しており、これにより授業のない期間を長く確保します。この期間を利用することで、長期のインターンシップや調査研究活動も可能になります。

充実した学習・研究環境、リソース

メインのキャンパスとなる大阪いばらきキャンパス(OIC)は、JR茨木駅から徒歩5分の便利な場所にあり、充実した学習・研究環境が整っています。
OICには院生のための共同研究室があり、授業のない時には、授業の予習・復習やレポートの作成等に利用することができます。OICライブラリーは蔵書数も多く、データベースも豊富です。キャンパスにはカフェやコンビニのほか、各種アメニティも充実しています。
さらに、校友会組織でRIMOを通じて、業種や世代を超えたネットワークを活用できます。これもビジネススクールであるRBSならではの魅力のひとつです。

充実した学習・研究環境、リソース

カリキュラムの体系

カリキュラムツリー(系統履修)(2024年度カリキュラム)

修了に必要な修得単位は46単位以上です。

カリキュラム・マップ

カリキュラム・マップ

時間割

在学生はmanaba+Rにてご確認ください。