第645号

立命館文学


藤巻 正己
片平博文教授 略歴 主要著書・論文目録
グローバル時代の新たな地域研究
―シンガポールを事例とした考察―
遠藤 英樹
経済地理学の展開とD.ハーヴェイの空間概念
―インドシナ半島の空間性の理解に向けて―
生田 真人
戦後京都における「歓楽街」成立の地理的基盤
―花街の変容に着目して―
加藤 政洋
京都の拝観寺院の性格をめぐる諸問題とその歴史的経緯
―とりわけ古都税紛争に着目して―
藤村 健一
放射型空間的相互作用モデルについて
―日本の流動データを利用したグラビティ・モデルとの比較―
中谷 友樹
日本における都市内部構造研究の成果と課題に関する覚書
古賀 慎二
気候変動下における干ばつ多発化に対する オーストラリアの小麦生産の頑健性 ―1982年~1988年サウスオーストラリアマレーマリー地域を事例とした一考察― 松永 光平
20世紀初頭のカナダ西岸における 塩ニシン製造業の歴史地理学的検討 ―是永・嘉祥家を中心に― 河原 典史
世界遺産都市ジョージタウンの変容するツーリズムスケープ
―歴史遺産地区の観光化をめぐるせめぎあい―
藤巻 正己
環境史からみた信長の時代Ⅰ
―桶狭間の戦い―
高橋 学
近世京都における産業立地の時空間的変遷
―「諸師諸芸」「諸職名匠」のGISデータベース構築―
塚本 章宏
祇園祭における四条御旅所をめぐって
本多 健一
京都における大学の歴史地理
―京都御所の周辺地域における変化―
河島 一仁
近代期における大津の水辺空間の変遷と観光開発
赤石 直美
河角 龍典
近代京都の歴史GISのための地理空間情報の整備
矢野 桂司