立命館土曜講座

立命館土曜講座のご案内

受講のご案内

日 時 : 土曜日午後2時~4時

場 所 : 立命館大学 末川記念会館講義室

主 催 : 立命館大学衣笠総合研究機構

電 話 : 075‐465‐8236

定 員 :180名(先着順)


※聴講無料・事前申込不要

※当日の入場状況によっては、立ち見のお願いをさせて
  いただくことがございます。 また、満席になった場合、
  聴講をお断りさせていただくこともございますので、
  あらかじめご了承ください。

お知らせ

2017年12月5日
2018年2月開催予定の講座を更新しました。
2017年11月8日
2018年1月開催予定の講座を更新しました。

2018年2月開催の講座

障害/社会 <企画:生存学研究センター

日程 講座テーマ 講 師
2月3日
(第3228回)
障害者運動と法制度の現在
――障害当事者の立ち上がりから障害者権利条約批准まで
立命館大学生存学研究センター
客員協力研究員
認定NPO法人 DPI日本会議 副議長
尾上 浩二
2月10日
(第3229回)
公正な社会を阻んでいるものは何か
――障害者差別解消法と合理的配慮概念を手掛かりに
立命館大学生存学研究センター
客員協力研究員
大阪市立大学 非常勤講師
松波 めぐみ
2月17日
(第3230回)
障害女性の生きづらさに向かい合う
立命館大学生存学研究センター
客員協力研究員
名古屋市立大学 非常勤講師
河口 尚子

※情報アクセス保障については、各講座実施日の10日前(前の週の水曜日)までにご連絡ください。

2018年1月開催の講座

臥以遊之(ふしてもってこれにあそばん):中国の芸術文化に親しむ <企画:アート・リサーチセンター

日程 講座テーマ 講 師
1月13日
(第3225回)
中国美術における天と山:漢~唐の造形表象とその変遷
立命館大学文学部 教授 西林 孝浩
1月20日
(第3226回)
近代京都と中国書画:長尾雨山関係資料からみえてくること
京都国立博物館学芸部
主任研究員
呉 孟晋
1月27日
(第3227回)
伝統と近代の狭間で:近代上海都市文化のなかの地方劇
立命館大学文学部 准教授 三須 祐介

2017年12月開催の講座

「ツーリズム」を読む ―Reading “Tourism”― <企画:人文科学研究所

日程 講座テーマ 講 師
12月2日
(第3222回)
現代社会のテクストとしての「ツーリズム」
立命館大学文学部 教授 遠藤 英樹
12月9日
(第3223回)
アジアにおける「観光の風景」を読む
―マレーシア・タイ・台湾の少数民族観光―

立命館大学文学部 特命教授 藤巻 正己
12月16日
(第3224回)
観光客の歓待をめぐる諸相―与論島を事例として―
立命館大学文学部 教授 神田 孝治

2017年11月開催の講座

ポピュリズムと現代政治 <企画:国際言語文化研究所

日程 講座テーマ 講 師
11月4日
(第3218回)
ポピュリズムと国民国家――ドイツからの考察
立命館大学文学部 教授
高橋 秀寿
11月11日
(第3219回)
扇動政治としてのポピュリズム――その支持者と問題点
立命館大学法学部 教授 村上 弘
11月18日
(第3220回)
ポピュリズム比較――日本とイギリス
立命館大学法学部 教授 小堀 眞裕
11月25日
(第3221回)
ポピュリズムはなぜ、どのように生起するのか
北海道大学法学研究科 教授 吉田 徹

2017年10月開催の講座

【公開講演会】
歴史都市の保全と継承政策

>日程 講座テーマ 講 師
10月7日
14:00~14:50
<基調講演>京都・若狭文化財の継承保存と文化行政
冷泉家第25代当主 冷泉 為人 氏
15:00~16:00
パネルディスカッション(質疑応答を含みます)

【パネリスト】
文化庁地域文化創生本部 事務局長
冷泉家第25代当主

立命館大学歴史都市防災研究所 所長

【司会】
立命館大学歴史都市防災研究所 教授

松坂 浩史 氏

冷泉 為人 氏

大窪 健之


鐘ヶ江 秀彦


※会場は以学館2号ホールです。

共催:立命館大学 衣笠総合研究機構・日本地域学会
協力:文化庁地域文化創生本部  ・立命館大学 歴史都市防災研究所

     

2017年9月開催の講座

白川学の展望と未来 <企画:白川静記念東洋文字文化研究所

日程 講座テーマ 講 師
9月2日
(第3214回)
白川文字学の今後の展望
立命館大学衣笠総合研究機構 招聘研究教員・大阪府立大学人間社会システム科学研究科 教授
白川静記念東洋文字文化研究所
客員協力研究員
大形 徹

佐藤 信弥
9月9日
(第3215回)
コンピュータによる文字処理の歴史と展望
立命館大学情報理工学部 教授 前田 亮
9月16日
(第3216回)
白川文字学に基づいた漢字教育の可能性
白川静記念東洋文字文化研究所 研究員・立命館大学大学院教職研究科 准教授 後藤 文男
9月30日
(第3217回)
古代中国における文字の誕生・継承・伝播の過程を跡づける
──白川文字学第二世代としての展開

白川静記念東洋文字文化研究所 客員協力研究員 高島 敏夫

2017年8月開催の講座

緊張高まる国際社会の行方を探る <企画:国際平和ミュージアム 平和教育研究センター

日程 講座テーマ 講 師
8月5日
(第3212回)
戦争と社会正義
-昨今の軍事的緊張・難民・人権問題に法はどのように対応するのか?経済社会協力による平和達成への道のり

立命館大学法学部 教授 吾郷 眞一
8月26日
(第3213回)
「マンガ」と「平和」を展示する
マンガミュージアム・平和ミュージアムそれぞれの展示経験をふまえ、戦争マンガや平和に関する展示について、実感や課題を語り合う

京都精華大学国際マンガ研究センター教授・副学長
立命館大学文学部教授・国際平和ミュージアム副館長
吉村 和真

田中 聡

2017年7月開催の講座

拡散するテロ、軋む世界~「不安の時代」の国際政治を読む <企画:国際地域研究所

日程 講座テーマ 講 師
7月1日
(第3208回
東南アジアの苦悩~テロ組織の変容とテロ対策の政治
立命館大学国際関係学部 教授 本名 純
7月8日
(第3209回)
欧州で今何が起こっているのか
~ホームグロウン・テロと過激化問題

熊本大学大学院先導機構 特任助教 佐々木 葉月
7月15日
(第3210回)
混迷の中東情勢を読む
~「アラブの春」から「イスラーム国」へ
立命館大学国際関係学部 教授 末近 浩太
7月22日
(第3211回)
アメリカの「対テロ戦争」
~ブッシュからオバマ、そしてトランプへ
名古屋商科大学経済学部 准教授 溝渕 正季

2017年6月開催の講座

人類と環境  <企画:環太平洋文明研究センター

>日程 講座テーマ 講 師
6月10日
(第3205回)
先住民のアメリカ-環境と文化-
立命館大学先端総合学術研究科 教授 渡辺 公三
6月17日
(第3206回)
縄文から弥生へ-環境変化が与えた影響
立命館大学文学部 教授 矢野 健一
6月24日
(第3207回)
暴れる気候と暴れない気候
-人類は気候の激変期をどう生きたか-
立命館大学総合科学技術研究機構 教授 中川 毅

2017年5月開催の講座

ゲーム学の可能性  <企画:ゲーム研究センター

日程 講座テーマ 講 師
5月13日
(第3202回)
共に遊び学ぶためのゲーム~協調的シリアスゲームの可能性
※会場は以学館2号ホールです。
立命館大学政策科学部 教授 稲葉光行
5月20日
(第3203回)
ゲーム観戦者と人工知能
立命館大学情報理工学部 教授 THAWONMAS Ruck
5月27日
(第3204回)
デジタルゲームの感性学~イリュージョンと没入 立命館大学先端総合学術研究科 教授 吉田 寛

2017年4月開催の講座

人が動く科学・人を動かす科学  <企画:人間科学研究所

日程 講座テーマ 講 師
4月8日
(第3198回)
「ココロ」の経済学:行動経済学から読み解く人間のふしぎ 京都大学経済学部 教授 依田高典
4月15日
(第3199回)
“正義の味方”を引き受けるか?―分配と共感性をめぐって
※会場は以学館2号ホールです。
東京大学文学部 教授 亀田達也
4月22日
(第3200回)
お寺巡りをしたくなる祈りの心 總本山醍醐寺 執行 総務部長 仲田順英
4月29日
(第3201回)
絵本と対人援助 立命館大学応用人間科学研究科 教授 >増田梨花
 ※4/29につきましては、色鉛筆(12色ぐらい)もしくはクレヨン(クレパスでも可)を各自ご持参ください。

このページのトップへ