立命館孔子学院 学院長コラム

  • TOP
  • 立命館孔子学院 学院長コラム

当コーナーは、当学院学院長に、中国や中国語教育など、様々な話題に関してお話しいただくコーナーです! 現在、立命館大学文学部教授である宇野木洋学院長は中国の現代文学に精通されています。 そんな学院長に、どんどん語っていただきます!
※コラムタイトルをクリックすると内容をご覧いただけます。

その70 中国のネット配信ドラマにハマる日々?!――『原生之罪――Original Sin』について(1)(2022年5月10日)

■中国におけるネット配信ドラマ(中国語では「網絡劇」略称「網劇」)の隆盛は、日本の比ではないように見受けられる。――
その69 高さ3m×全長20mの絵画「一九四六」を知っていますか?――日中国交回復50周年を象徴する絵画展について(2022年3月26日)

■縦3m×横20mという超大作の絵画と言われても、ちょっとイメージできないのではないか。恥ずかしながら、私もまだ実物を鑑賞したことはないのだが、紹介写真を見ただけで、その迫力に圧倒されてしまった。――
その68 中国作家協会・中国文学芸術界連合会って知ってますか?――習近平国家主席・李克強総理も参加する全国代表大会(2022年3月3日)

■昨年12月14日から17日にかけて北京の人民大会堂で、中国文学芸術界連合会(略称は文連)第11次全国代表大会と中国作家協会(略称は作協)第10次全国代表大会が同時開催された。聞き慣れない団体名・大会名かもしれないが、近年では5年に1度開催されている、中国の文学・芸術の現状を考える上では、極めて重要なイベントなのである。――
その67 「奥密克戎」って何でしょう…?――足掛け4年目のコロナ禍の収束に向けて(2022年2月10日)

■新型コロナウイルス肺炎が猛威を奮い始めて、早くも足掛け4年目に突入することに気づいて、さすがに呆然としてしまった。――本コラム「その44」(2020年2月2日)は、「「新冠」って何でしょう…?」と題して、新型コロナウイルス肺炎は中国語では「新型冠状病毒肺炎」、略して「新冠」と呼ばれていることを紹介していた。そこには、「昨年末から武漢を中心に猛威を振るい始めた――
その66 TVドラマ『日本沈没』から見えて来た中国の位置?!――新たな年に向けて(2021年12月25日)

■本年秋から年末にかけて日曜夜にTBS系列で放映されたドラマ『日本沈没』は、最近、各地で地震が頻発していたこともあって何となく気になり、1回も欠かすことなく視聴してしまった。――周知のように、このドラマには原作がある。星新一・筒井康隆とともに「SF御三家」と呼ばれる小松左京の同名の小説である。――
その65 「もし魯迅が生きていたら」と問われた毛沢東の回答は?――魯迅生誕140年にあたって(2021年11月23日)

■今年は、中国現代文学の父と呼ばれる魯迅(1881~1936年)の生誕140年に相当する。ということは、もし魯迅がもう少しだけ長生きしたとすれば、中華人民共和国の建国を68歳で迎えたことになるのだ。高齢者に区分はされるものの、文学者・思想家としては、まだ十分に現役で活躍できている年齢だろう。――
その64 ピンイン(拼音)表記についての雑談――漢字廃止の「夢」から始まった?!(2021年10月5日)

■先日、京都市営地下鉄に乗っていた際に、「sisui」というアルファベットが目に飛び込んできて、「エッ、4歳って何?!」と思ってしまった。ドアの上に貼られた宣伝ポスターに、少し大きく記された文字である。――言うまでもなく、中国語の「四歳〔四岁〕」を中華人民共和国の発音表記法である拼音(ピンイン)で記せば、「sisui」になるからだった。――
その63 「台風煙花」上海上陸?!――アジアにおける台風の名前について(2021年8月31日)

■去る7月25日、上海在住の中国人の友人から、「微信〔WeChat〕」で、「台風煙花登陸,暴風雨厲害!〔台风烟花登陆,暴风雨厉害!/台風花火が上陸して暴風雨が激しい!〕」というキャプションとともに、ビルの窓に雨粒が横殴りで叩き付けられている動画が送付されてきた。当初、「煙花〔花火〕」が何を指すのか全く分からず、台風の渦巻きの様子や激しさを形容しているのかとも思ったほどである。――

中川正之前学院長による「ちょこっと話しチャイナ」バックナンバー