これからの講座・イベント

第144回中国理解講座 「武式太極拳」

徐 言偉 氏(徐其成中国武術研究会会長)

時間:10:00~11:30 (9:30~受付開始)

場所:立命館孔子学院講義室

ツイート Facebookで共有

講座概要

武式太極拳は中国河北省永年県の名家、武一族の武禹襄(ぶ・うじょう)先生(1812~1880)により、創始され、姿勢が高く、膝に懸る負担が少なく、初めての方でも行い易い。
このような運動で、普段使わない筋群や関節がたくさん動くため、筋肉の衰えの予防や、関節内環境の改善が期待できる。同時に動的バランス感覚も鍛えられ、転倒予防にも効果がある。また、一連の動作を集中して行うため、脳の運動野も活発になり、活性化することができる。そして、ゆっくりとした均一の速度で動くので、疲れを感じずに運動出来て、新陳代謝の能力が高められる。 練習を続けることで、関節内環境の改善、動的バランス感覚の向上、脳の活性化などの効果が得られる。同時にリラックス効果もあり、精神的な安定も得られる。
今回は初めての方を対象に、武式太極拳の基本を一緒に体験したいと思います。


講師紹介

1968年 中国瀋陽生まれ、8歳から父、徐其成のもとで武術を始める。
1981年 中国遼寧省プロの武術チームに入隊。プロの選手となる。蟷螂拳で全国優勝を果たす。
1988年 北京体育大学に入学。
1990年 来日
1992年 大阪体育大学に入学。1994年卒業。
2000年 京都にて、中国武術・太極拳教室を始める
2004年 京都NHKにて、中国武術の演武を生放送。
2010年 京都府太極拳連盟に加盟、理事となる。
以後、毎年、近畿ジュニア・JOCジュニア武術太極拳大会、京都府武術太極拳競技会に多くの生徒が参加。
現在、京都・大阪を中心に5歳の幼児から80歳代の高齢者まで中国武術・太極拳を教えています。


定員

20名(要事前申込)


参加費用

無料


お申し込み方法

ホームページ「文化イベント講座受講申込フォーム」からお申込みください。

※お申込み後のキャンセルは、受付メール内にあるキャンセル専用URLからキャンセルをしてください。(お電話でのキャンセルはお受けできません。)

※画像をクリックすると詳細(PDF)が表示されます。
太極拳

ツイート Facebookで共有

戻る

Archive