これからの講座・イベント

【延期】2020年度中国古典文化講座「纏足を描いた小説」

加部 勇一郎 氏(立命館大学食マネジメント学部准教授)

時間:10:00~11:30 (9:30~受付開始)

場所:立命館孔子学院講義室

ツイート Facebookで共有


※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当講座は5/16(土)→12/19(土)へ延期とさせていただきます。(2020.4.21UP)

講座概要

纏足は、女の足を子どもの頃からきつく縛り、小さいままに発育を止める風習です。昔の中国では、足の小さいことが美女の条件とされたのでした。纏足の風習は、宋代にはあったと言われ、地域や民族によって差はあるものの、基本的には20世紀まで続きます。纏足愛好の傾向がとくに強まるのは清代で、この頃には、人々は身分を問わず足を縛るようになります。そしてその現実は、小説という虚構の中にも、形を変えて映し出されます。
講座ではまず、中国の纏足文化について、最近の研究を参照しながら概観し、纏足を描いた小説(『金瓶梅』や『鏡花縁』など)から、具体的な場面を鑑賞します。そしてとくに『鏡花縁』の「男の纏足」の場面に着目し、それが20世紀の視覚文化の中で、どのような発展を遂げてゆくかについて解説します。


講師紹介

加部 勇一郎 氏(立命館大学食マネジメント学部准教授)

1973年、埼玉県で生まれる。
1993年、北海道大学に入学。
修士課程在籍中の1998年から2年間、中華人民共和国上海市にある華東師範大学に留学。専門は中国文学。
2019年より、立命館大学で中国語を教える。 2020年4月より現職。



定員

30名(要事前申込)
→延期開催日(12/19)に合わせ、後日、改めて募集いたします。現在お申込みの方には、改めてお申込みいただく形となりますが、何卒、ご了承ください。




参加費用

無料


お申し込み方法

ホームページ「文化イベント講座受講申込フォーム」からお申込みください。
※当講座は延期(12/19)となりましたので、お申込みは一旦、受付終了とさせていただきます。(2020.4.21UP)
※お電話及び窓口でのお申込みはお受けできません。
※お申込み後のキャンセルは、受付メール内にあるキャンセル専用URLからキャンセルをしてください。(お電話でのキャンセルはお受けできません。)


※画像をクリックすると詳細(PDF)が表示されます。
event20190525_large


ツイート Facebookで共有

戻る

Archive