これからの講座・イベント

2021年度中国古典文化講座「『金瓶梅』のまじめな話――新訳の現場から――」

田中 智行 氏(大阪大学言語文化研究科准教授)

時間:13:00~14:30 (12:30~受付開始)

場所:立命館大学衣笠キャンパス平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム

ツイート Facebookで共有


講座概要

 いまから四百年前に出版された小説『金瓶梅』。四大奇書のひとつとして題名は知っているけれど、手にするのは憚られる――そんな印象を持たれがちな作品ですが、意外にも本格派の大長編なのです。明清の批評家たちが書き込んだコメントを手掛かりに、この作品のたくみな小説手法を探ってゆくと、多様で矛盾した感情を抱えつつ生きていく人物たちの姿が浮かび上がってきます。こまやかな描写を味わいつつ、作中のひとつのエピソードを丁寧に読むことで、『金瓶梅』のゆたかな世界の入り口へとご案内します。訳者泣かせのこの作品の新訳に取り組みながら日々感じたことや、ちょっとした裏話も織り交ぜながら、作品の魅力に迫ります。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、参加の際、以下の事項についてご理解ご協力をお願いします。
1.ご自宅または職場を出られる前に検温を実施してください。発熱や風邪の症状等体調不良がある場合は、参加をお控えください。
2.施設内(教室内)は必ずマスクを着用してください。また、間隔を空けての着席にご協力ください。
3.教室への入室前に、トイレで石鹸での手洗いをおこない、アルコール消毒をお願いします(消毒液は教室に用意)。
4.施設・教室内での大声での会話、至近距離での会話はお控えください。
5.施設・教室内での食事はお控えください。空き缶、ペットボトルなどのゴミは施設内のごみ箱に捨てずに必ず各自でお持ち帰りください。
6.教室の換気のため、適時休憩を取ることがございます。ご協力お願いします。


講師紹介

田中 智行 氏(大阪大学言語文化研究科准教授)

1977年横浜生まれ。2000年、慶應義塾大学文学部卒業。2011年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。徳島大学准教授などを経て2019年より現職。専門は中国古典文学。訳書に『新訳 金瓶梅(上)』(鳥影社、2018)がある。



定員

35名(要事前申込)


参加費用

無料


お申し込み方法

ホームページ「文化イベント講座受講申込フォーム」からお申込みください。

※お電話及び窓口でのお申込みはお受けできません。
※お申込み後のキャンセルは、受付メール内にあるキャンセル専用URLからキャンセルをしてください。(お電話でのキャンセルはお受けできません。)


会場のご案内

立命館大学衣笠キャンパス交通アクセス:http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/
キャンパスマップ:(平井嘉一郎記念図書館:1番)



※画像をクリックすると詳細(PDF)が表示されます。
event20210522_large


ツイート Facebookで共有

戻る

Archive