これからの講座・イベント

第126回中国理解講座 「中国琵琶の調べ」(東京)

叶 桜 氏(中国琵琶奏者)

時間:18:30~20:00 (18:00~受付開始)

場所:立命館東京キャンパス(受付3階)

ツイート Facebookで共有

中国理解講座は、中国の文化、社会等に関する様々なテーマについて、年数回、土曜日等に立命館孔子学院講義室等にて開催しています。
今回は、東京キャンパスにて中国琵琶の演奏会を開催します!

★入場無料・事前申込制 ※入館制限がありますので、必ず、前もって受講申込フォームからお申込みください。

講座概要・講師紹介

<講座概要>

中国琵琶は中国伝統楽器の中で代表的な楽器であり、2千年以上の歴史を持つ楽器です。この楽器の由来と変化、今日までの発展などを紹介し、そして日本の琵琶との同異を比較しながら、中国琵琶の代表曲の演奏を加えて、中国琵琶を調べていきます。

★演奏曲一覧★

※決まり次第、こちらに掲載します。

<講師紹介>

講師■叶 桜 氏(中国琵琶奏者、東京外国語大学在学中)

1998年4月8日京都生まれ。3歳から父葉衛陽に中国琵琶を習い始め、9歳から演奏活動を開始し、数多くの舞台で演奏経験を積む。2007年に北京で開催された中国中央テレビ局主催の2007CCTV中国民族楽器コンクールにおいて最年少で銅賞を獲得。2009年第10回中国音楽コンクールにおいて金賞と中華人民共和国駐大阪総領事賞、同年第10回大阪国際音楽コンクール民俗楽器部門において第2位、2009年第1回香港国際中国器楽コンクール海外琵琶部門において金賞を受賞した。ボランティア演奏活動によって、2010年から3回にわたり宇治市ジュニア文化賞受賞。2012年第1回遼源国際琵琶文化芸術祭の琵琶演奏国際コンクールにおいて銀賞を受賞。2014年6月、第15回中国音楽コンクール(神戸)において特賞と兵庫県知事賞を、同年8月22日、第2回敦煌杯国際琵琶コンクール(北京)で金賞を、8月25日、第5回中国音楽国際コンクール(杭州)で特等賞を受賞した。師葉衛陽との「親子中国琵琶の競演」が人気を博している。CD「美しい日本 四季のうた」、「芽吹きの風」発売中。現在大学1年在学中。

お申し込み方法

ホームページ「文化イベント講座受講申込フォーム」からお申込みください。

※お申込み後のキャンセルは、受付メール内にあるキャンセル専用URLからキャンセルをしてください。(お電話でのキャンセルはお受けできません。)

会場のご案内

立命館東京キャンパス交通アクセス:http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/access/
※受付は3階、会場は8階となります。

※画像をクリックすると詳細(PDF)が表示されます。
中国琵琶の調べ

ツイート Facebookで共有

戻る

Archive