Newsお知らせ

【通年募集】2019年度 復興支援活動 旅費支援について

【更新情報】
2019.6.24 旅費支援の対象となるボランティアプログラム情報を追加しました。

■実施主旨

東日本大震災をはじめとした被災地域において大学による継続的・長期的な支援が求められている状況や、学生による災害復興に関する自主的な活動促進の目的から、学校法人立命館の教職員等の寄付「復興+R基金」を財源に、立命館大学生を対象に現地活動先までの交通費の一部補助を行います。

2019年度の補助では、これまでの補助方式を継続しながら、自然災害発生時には別途補助枠を設定し情報を公開・支援を行う予定です。


■支援概要
(1)対象となる活動エリア
学校法人立命館が災害復興支援に関する協定を締結する地域(福島県内、岩手県大船渡市、熊本県)とその周辺、その他自然災害で被災した地域が対象です。

(2)応募資格と活動条件
・立命館大学に通う大学生・大学院生を対象とします。
・災害ボランティアセンターでのボランティア、外部団体が企画・募集する活動プログラム、学生団体等が企画・実施するプログラムで、活動参加のためにかかる現地までの交通費を補助します。
・ゼミの一環で行う活動や、親戚や知人宅の片付けは支援対象外とします。
・現地で何らかの活動を行うことが条件です。学生個人での被災地視察、シンポジウム参加は対象外です。
 補助の対象になるかわからない場合は、災害復興支援室まで問い合わせてください。
・2019年度中(2019年4月から2020年3月末まで)の活動が対象です。
・学生1名あたり年度中、2回まで申請・支援を受けることができます。
・学内で他の補助金支給を受けた個人や集団が申請する場合は、重複するかたちで旅費の補助申請をすることがないように注意してください。

<参考>旅費支援の対象となる活動プログラムの例
・日本財団学生ボランティアセンターGakuvo「チームながぐつ」福島県いわき行き(不定期募集)
立命館大学サービスラーニングセンター「大船渡盛町七夕まつりサポートプロジェクト」
大学間連携災害ボランティアネットワーク【夏ボラ】夏季集中ボランティア活動 
一般社団法人ならはみらい主催「福島県・楢葉町の声を残すインタビュー活動」

(3)募集人数
・2019年度は 50名程度 を審査の上補助します。
*参考:2018年度は、計39名(総額924,000円)でした。

(4)支援額について 
・活動地、もしくはプログラムの集合解散地点ごとに支援費が異なります。
・できるだけ多くの学生を支援するため支援額の上限を調整(減額)の上支援を決定させていただく場合があります。
                              
■目的地および集合地点別・支援額
・福島県内 福島県内での活動 24,000円
・宮城県仙台市 20,000円
・岩手県内・宮城県気仙沼市 27,000円
・熊本県内 13,000円
・中国地方等 平成30年7月豪雨被災地での活動 10,000円
・東京を集合地点・出発地点とする日本財団学生ボランティアセンター等の災害被災地での活動 10,000円

■選考基準と審査について

<活動後の申請>
 ・申請書にあたって、活動実態が確認できることが採用の条件となります。
  活動証明書や活動中の写真の提出のどちらかや、現地移動の領収書の提出等をお願いします。

<活動実施前の申請>
 ・参加するプログラムや活動先情報を添えて申請してください。
  活動終了後に活動証明書や活動中の写真の提出のどちらかや、現地移動の領収書の提出等をお願いします。
  忘れずに保管をするようにしてください。

<募集期間>
 2019年5月7日(火)9:00より受付を開始します。
 *申請があったものから順次審査し予算に達し次第受付を終了します。

<支援の決定>
 申請後、順次審査をします。予算上限に達し次第受付を終了します。

■手続きの手順 
 ①申請フォームに必要事項を記入の上、「申請書式」に必要事項を記入しアップロードしてください。
  申請書式のダウンロード
  申請フォーム 5/7(火)9:00より公開します
 ②採否の決定についてメールでご案内します。
 ③活動終了後の書類提出を確認後、約1ヶ月半後に口座送金をします。

<旅費支援の申込先・問合せ先>
立命館災害復興支援室 事務局 担当:北川 (朱雀キャンパス 社会連携課内)
311fukko@st.ritsumei.ac.jp
tel 075-813-8282