心を寄せて、
距離を越えて

私たちについて

Scroll

Special特集記事

チャレンジ・ふくしま塾。×Sustainable Week実行委員会 震災を乗り越えた先に見える景色 持続可能社会の実現に向けた提言 ~継続性と新しい気づき~

 東日本大震災から8年の歳月が過ぎようとしています。災害復興支援室では、2011年12月から数多くの復興支援活動を継続的に行ってきました。これまでの活動経験などを踏まえ、災害復興支援室の久保田崇副室長をコーディネーターに、「チャレンジ・ふくしま塾。」に参加した田中巴実さん(生命科学部3回生)、Sustainable Week実行委員会の上田隼也さん(生命科学部5回生)、西野日菜さん(理工学部2回生)に、福島をはじめとした被災地のこれから、未来の都市像について語ってもらいました。

2019.03.08

View more

Join参加する

参加者募集中

【募集】福島を学ぶ「チャレンジ、ふくしま塾。」2019年度の実施について

福島のこれまでとこれからに関心を寄せ学び発信するプログラム「チャレンジ、ふくしま塾。」では2019年度塾生を募集します。

  • 福島について学び発信することに関心のある学生・院生20名程度を募集
  • 福島
  • 2019年06月05日(水) 募集締切

募集受付終了

【募集】ふくしまの今に会いに行く、プロジェクト(福島県楢葉町)

<募集期間を延長しました>原発事故による全町避難が初めて解除された福島県・楢葉町で生活を送る方々にインタビューをし、その話に込められた想いをポスターにまとめるプロジェクトでの参加者を募集中です。

  • 日程2/19(火)〜2/24(日) 費用7,000円(宿泊費・交通費全額補助)
  • 福島
  • 2019年02月06日(水) 募集締切

終了しました

募集受付終了

【募集】日本財団学生ボランティアセンター・チーム「ながぐつ」プロジェクト

日本財団学生ボランティアセンターGakuvoが実施する学生ボランティア派遣・チーム「ながぐつ」プロジェクトでは、地震・津波に加え、原発事故と向き合う福島県を主なフィールドとして活動を行っています。

  • プログラムごとに募集締切時期設定あり
  • 福島
  • 2019年03月13日(水) 募集締切

終了しました

View more

Report & Voiceレポート・参加者の声

学校法人立命館と福島県との協定5周年記念公開講座「ふくしまの今と未来」を開催

去る12月14日、大阪いばらきキャンパス(OIC)で、学校法人立命館と福島県による協定締結5周年を記念した公開講座「ふくしまの今と未来」を開催しました。

2019.01.09

京料理 木乃婦、木の屋石巻水産によるコラボ商品「防災食(さんまの缶詰)」が誕生

立命館大学の卒業生(校友)が一同に介する「オール立命館校友大会」の開催を契機に、株式会社木乃婦(きのぶ)と木の屋石巻水産によるコラボ商品「防災食(さんまの缶詰)」が木の屋石巻水産から発売されました。

2018.12.01

大船渡市の五年祭に参加しました

大船渡市盛町で開催された五年祭への参加のため、4名の学生が4月28日から5月1日の日程で、大船渡市を訪問。お祭のお手伝いに参加しました。

2018.05.07

View more

Instagramにて、フォトレポート公開中!Instagramにて、フォトレポート公開中!

News

View more

明日も笑顔で迎えるために

「災害は、忘れたころにやってくる」
被害の中から先人が遺した声。
この言葉には、復興にはいつか終わりの日がやってくるけど、必ず次の災害が起きると示しています。

悲しみを忘れず知恵を紡ぎ、よい未来を拓く手がかりとしていく…

復興の担い手に寄り添う、 私たちの決意です。

私たちについて