心を寄せて、
距離を越えて

私たちについて

Scroll

Special特集記事

それぞれの未来のためにできること-東日本大震災からの5年間を振り返る

 立命館の復興支援 「大船渡・盛町灯ろう七夕まつり サポートプロジェクト」編(岩手) 東日本大震災から2016年3月11日で5年を迎えます。 ここでは、被災された東北3県(宮城県、岩手県、福島県)における本学学生の復興支援活動と、現地の方々の声を紹介します。

2016.03.11

View more

Join参加する

募集受付終了

【第34便】後方支援スタッフ派遣(福島県楢葉町)参加者募集

立命館災害復興支援室では、2011年12月より東日本大震災の被災地域に学生を派遣し、現地での活動や地元の方々との交流を通じて震災の課題について学ぶことを目的としたボランティアバス企画「後方支援スタッフ派遣プロジェクト」を継続的に実施しています。皆さんのエントリーをお待ちしております!

  • 福島
  • 2016年07月22日(金) 募集締切

終了しました

参加者募集中

夏期休暇(2016年8月-9月)復興支援活動ボランティア旅費支援について

立命館が復興支援に関する協定を締結する地域等で活動する学部生・大学院生を対象に、夏期休暇中(2016年8月・9月)復興支援プログラムに参加する際の旅費の一部支援を今年も行います。

  • ガイダンス受けた方、申込みはこちらから!
  • 岩手|宮城|福島|熊本
  • 2016年09月13日(火) 募集締切

募集受付終了

(第三回)平成28年熊本地震 立命館大学学生主体によるボランティア活動について

立命館災害復興支援室では、2016年4月14日以降、熊本県および大分県で相次いで発生した平成28年熊本地震において、5月12日の試行を経て継続的にボランティアプログラムを展開することにしました。

  • 先着順に選考を実施、定員に達し次第受付を終了
  • 熊本
  • 2016年07月04日(月) 募集締切

終了しました

View more

Report & Voiceレポート・参加者の声

熊本地震の災害救援ボランティア第3陣
APU、九州大の学生らと協同で農業支援

熊本地震の災害救援ボランティア第3陣 APU、九州大の学生らと協同で農業支援 平成28年熊本地震への災害救援ボランティア活動は、今回で3回目となりました。 2016年7月8日(金)夜出発し、11日(月)朝帰着のプログラム。 引き続き、名門大洋フェリー様、阿蘇ホテル様からの協力をいただき、西原村農業復興ボランティアセンターのコーディネートによる農業支援を行いました。

2016.07.08

熊本地震の救援にフェリーで駆けつける 芋の苗植え、桃の袋付けなど 農家の復興をお手伝い

学校法人立命館では、2016年4月14日以来相次いで発生している一連の平成28年熊本地震において、熊本県阿蘇郡西原村で被災された農家の農業再開を目指し、一緒に片付けや農業作業などのボランティア活動を行いました。

2016.06.21

大船渡市と立命館大学は包括連携協定を締結しました

立命館大学は、大船渡市と2012年4月24日に「災害復興に向けた連携協力に関する協定」(以下、災害復興連携協定)を締結し、これまで継続的に復興支援活動を実施してきました。 このたび災害復興連携協定が2016年3月31日をもって期間満了したことに伴い、更なる多様な連携や協働の取組みを促進することを目的とした「包括連携協定」を行うに至り、2016年4月29日(金・ 祝)、大船渡市民文化会館(リアスホール)にて調印式を執り行いました。

2016.05.02

View more

Instagramにて、フォトレポート公開中!Instagramにて、フォトレポート公開中!

News

View more

明日も笑顔で迎えるために

「災害は、忘れたころにやってくる」
被害の中から先人が遺した声。
この言葉には、復興にはいつか終わりの日がやってくるけど、必ず次の災害が起きると示しています。

悲しみを忘れず知恵を紡ぎ、よい未来を拓く手がかりとしていく…

復興の担い手に寄り添う、 私たちの決意です。

私たちについて