心を寄せて、
距離を越えて

私たちについて

Scroll

Special特集記事

~ふくしまから生まれたつながりを大きな輪に~ チャレンジ、ふくしま塾。の学生が語る復興というカタチの“今と未来”

 東日本大震災から間もなく7年が経過。2017年4月、立命館は福島県とタイアップしてより多くの学生が現地の方々と交流を、深め気づきを得ることを目的とし「チャレンジ、ふくしま塾。(以下、ふくしま塾)」を開講。学生らは現地に足を運び、生の声を聞くことで“何を感じ、何を想う”のか。学生らは“復興”をどのような形で捉えるのか。復興というカタチの“今と未来”について、語ってもらった。

2018.02.23

View more

Join参加する

募集受付終了

【募集】平成30年7月豪雨ボランティア派遣(京都市災害ボランティアセンター)

<定員に達したため受付を終了しました>京都市災害ボランティアセンターでは7/14(土)15日(日)、16日(月・祝)京都府北部で復旧活動を行うボランティアバスの参加者を募集中です。京都市内在住・在勤、在学の方、および立命館大学生はキャンパスを問わずエントリー可能です。

  • 定員15名/日・参加費無料/FAXでの申し込み
  • 京都
  • 2018年07月12日(木) 募集締切

終了しました

募集受付終了

【募集】平成30年7月豪雨ボランティアバス(活動7/18・滋賀県災害ボランティアセンター)

<2018年7月12日18時で定員に達し受付終了しました>滋賀県災害ボランティアセンターでは、7/18(水)に京都北部へボランティアバスを運行します。

  • 50名/日・先着順・滋賀県内在住・在学者対象
  • 京都
  • 2018年07月13日(金) 募集締切

終了しました

募集受付終了

【募集】大阪府北部地震 災害ボランティアの緊急募集(高槻市での活動)

高槻市災害ボランティアセンターでは、大阪災害支援ネットワークと連携し、災害ボランティアの緊急募集「負けてたまるか大作戦!in高槻 第2弾」7/14(土)15(日)を実施するため、ボランティア各100名募集します。

  • 各日100名募集・高槻市内での活動
  • 大阪
  • 2018年07月15日(日) 募集締切

終了しました

View more

Report & Voiceレポート・参加者の声

大船渡市の五年祭に参加しました

大船渡市盛町で開催された五年祭への参加のため、4名の学生が4月28日から5月1日の日程で、大船渡市を訪問。お祭のお手伝いに参加しました。

2018.05.07

福島で津波・原発被害を受けた方々の声を聞く‐チャレンジ・ふくしま塾2017‐

チャレンジ・ふくしま塾2017では、前回7月のフィールドワークに続いて、3日間の日程で福島県を再訪問し、津波や原発事故による被害を受けた方々の声を聞くフィールドワークを実施しました。

2017.09.30

福島沿岸部にてフィールドワークを実施‐チャレンジ・ふくしま塾2017‐

福島県庁と立命館が連携し、福島について学生が学び発信する「チャレンジ・ふくしま塾。」2017年度プログラムとして、現地視察に訪問しました。

2017.07.10

View more

Instagramにて、フォトレポート公開中!Instagramにて、フォトレポート公開中!

News

View more

明日も笑顔で迎えるために

「災害は、忘れたころにやってくる」
被害の中から先人が遺した声。
この言葉には、復興にはいつか終わりの日がやってくるけど、必ず次の災害が起きると示しています。

悲しみを忘れず知恵を紡ぎ、よい未来を拓く手がかりとしていく…

復興の担い手に寄り添う、 私たちの決意です。

私たちについて