2019年3月 博士課程前期課程修了(修了生代表・研究科総代)
NECソリューションイノベータ株式会社 勤務

PENG Diyi(ホウ テイエキ)さん

修了生

MESSAGE

留学生に対するさまざまな支援制度があるので
研究も、就職活動も、安心して行うことができた

最初の印象は、キャンパスがきれいなこと
良い学びの環境が整っていること

中国の大学で会計学を学んでいた時から、中国に進出しているユニクロなどの日本企業が大きな成功を収めていることに興味を持っていた私は、海外企業の海外展開について研究したいと考えるようになりました。この分野の研究をしている先生を探す中で、立命館大学経営学研究科のことを知りました。この研究科にはさまざまな分野の先生がおられるので、誰もが自分にとって興味のある分野を探すことができると思います。日本の語学学校で1年間日本語の勉強をした後、入学。最初の印象は、大阪いばらきキャンパスがとてもきれいなこと、みんなが研究室にいて熱心に勉強している、良い学びの環境があるということでした。

困難を乗り越えて成果を出すことが
大学院で学ぶ楽しさの1つ

私の研究テーマは、「海外子会社への権限移譲が業績測定システムに与える影響」。多くの論文を読んで、自分なりの仮説を構築する文献研究です。海外子会社における権限移譲について、さまざまな影響要因を整理すること、業績測定システムにおける財務的指標と非財務的指標のそれぞれが、権限移譲とどのように関連しているかについて分析することを目指しました。指導してくださる先生はとても優しく、研究に行きづまった時や、英語の論文の難しい所がわからない時も、少し指導を受けるとスムーズに書き進むことができました。大学院で学ぶことの楽しさの1つは、困難を乗り越えて成果を出すことができる点にあると思います。
立命館には留学生に対するさまざまな支援制度があります。日本語があまり得意ではなかった私は、SUP! Language Exchange Program というプログラムをずっと利用していました。留学生と、留学生の母国語を学びたい日本人学生とをマッチングし、互いに語学を教え合うものです。私はこれで日本語の能力を上げることができました。

キャリアセンターの支援を活用し日本で就職
将来的には帰国して起業を目指す

博士課程前期課程修了後、日本で就職することを決めた私は、ひとまず給与の高いコンサルティング業を志望。就職活動を続ける中でIT系に興味を持つようになったので、その後はIT系に絞って面接を受けた結果、内定を得ることができました。
就職活動にあたってはキャリアセンターを利用しました。エントリーシートの添削や、模擬面接などをしてもらえたことが大きな力になりました。職員の方のあたたかい励ましも印象に残っています。日本で就職する留学生は必ず利用すべきだと思います。
日本で何年か勤務してITに関する知識を身につけた後は、中国に戻って起業するプランを描いています。中国のITの中心地である深圳でチャンスをつかみたいと考えています。