教育内容

カリキュラム

2020年度入学者からの新カリキュラムでは、苦手な方も多い「民事訴訟法」「刑事訴訟法」の学修を一層強化します。「民事訴訟法実務の基礎」「刑事訴訟法実務の基礎」を新たに開設し、それぞれ裁判官教員と検察官教員・弁護士教員が担当します。そのほか、「行政法」についても「行政法演習Ⅰ」「行政法演習Ⅱ」を新設し、法科大学院入学後に確実に力がつくようにしています。

基礎・応用力を身につける共通科目

( )の中の数字は単位数を示します。
法学既修者コース入学者は、法律基本科目1年次28単位及び ◆科目2単位の合計30単位が入学時に単位認定されます。
★科目は「履修免除試験」で基準を満たし、単位認定対象となった法学既修者は履修が免除されます(入学時に単位認定されます)。

専門性を身につける科目群

先端・展開科目60単位以上必修

1・2・3年次配当 先端展開科目

現代法務特殊講義(2) 現代法務特殊講義(京都セミナー)(2) 外国法務演習Ⅰ(2) 外国法務演習Ⅱ(2) 渉外弁護士実務(2) 
英文契約実務(2) 中国法(2) 現代社会と犯罪(2) 国際人権法務(2)

2・3年次配当科目

【ご注意】
本学のカリキュラム・時間割は、フルタイムで就業されている方の履修を想定していません。
授業は月曜日~金曜日の1限(9:00)~6限(19:30)に配置されます。

  1. Home
  2. 教育内容
  3. カリキュラム