立命館大学 法科大学院 法務研究科 法曹養成専攻

文字サイズ

教育の特色

立命館大学法科大学院なら、「国際性の涵養」と「地域連携」の両方にアプローチできます。

国際性

ワシントン・セミナー

「外国法務演習」では、アメリカン大学ロースクールとの提携によって、夏期休暇期間中に米国ワシントン・DCで約2週間の集中的 な授業と実地研修を行います。現地では、講義・演習を受講しながら、連邦議会、連邦・州裁判所、連邦・州行政機関、ロー・ファーム(大規模法律 事務所)、NGO法務部門などを訪ねて、米国における法曹実務の現場を体験します。参加者全員に費用補助(給付奨学金)があります。

京都セミナー

英語による日本法の集中講義「現代法務特殊講義(京都セミナー)」は、2005年度に文部科学省による法科大学院形成支援プログラムとして始まり、2017年度で12回目の開催となります。このセミナーは、①オーストラリアやアジア各国からの国際学生と本学学生が一緒に学ぶ点、②国内外より外国人・日本人教員及び実務家を講師に迎える点において、高い評価を得ている国際交流プログラム(正規科目)です。

ワシントン・セミナー

京都セミナー

入学試験における外国語能力の評価

外国語検定のスコアや合格証書をお持ちの方は、入学試験で最大30点加算される場合があります。詳細は、「入学試験要項」をご確認ください。