立命館大学 法科大学院 法務研究科 法曹養成専攻

文字サイズ

News & Event

【2018入試】入学試験の主な変更点について_2018年4月入学

20184月入学 入学試験における主な変更点をお知らせします。

詳細は4月下旬以降に発表する入学試験要項をご確認ください。

1.前期日程(8月)でも「訴訟法オプション試験」が受験可能になります

   入学後に「民事訴訟法」「刑事訴訟法」の一部科目の履修が免除となる、「訴訟法オプション試験」の受験機会が年3回になります。

 

2.前期日程(8月)でも、C特別方式/D特別方式の試験を実施します

   社会人経験者の方、非法学系課程出身者の方(C特別方式のみ)で、面接でご自身をアピールされたい方は、受験の機会が広がります。 

 

3.全ての日程で、未修者コースと既修者コースの併願が可能になります

  前期日程が土曜日・日曜日の2日間設定になります(従来は日曜日のみ)。これにより未修者コースと既修者コースの併願が全ての日程で可能になります。

 

4.出願に必要な書類が減ります

未修者コースなどで必須だった「自己アピール」(1,000字以上)は無くなります。

全員に必須であった「志望理由書」(1,000字)は、CDE特別方式のみとなり、面接時の参考資料としてのみ利用します。

 

5.総合配点が変更になります

ただし、法学既修者コースの法律試験科目(憲・行・民・商・刑)、オプション試験(民訴・刑訴)の配点そのものについては変更はありません。

  詳細は4月下旬以降に発表する入学試験要項をご確認ください。

 

6.東京会場は、前期日程(8月)のみとなります

  東京での受験をご予定の方は、ぜひ前期日程でご受験ください。

  なお、大阪会場(立命館大学大阪いばらきキャンパス)は、中期日程(9月)と後期日程(2月)の年2回実施しますので、交通至便な大阪会場での受験機会が増えます。

 

7.法学未修者コース合格者にもS奨学金(授業料全額×2年連続給付)があります

  原級留置(留年)とならない限り、2年目も授業料の全額が給付される奨学金です。

    もちろん3年目も成績により奨学金を得ることが可能です。


以上