Get Abode Flash Player

当コンテンツをご覧いただくには、最新のFlashプレイヤーが必要です。
左のバナーより最新のプレイヤーをダウンロードしてください。


イベントピックアップ Event Pick Up

2016年度秋季特別展 絵葉書にみる日本と中国:1894-19452016年度 秋季特別展

絵葉書にみる日本と中国:1894-1945

会 期:2016年10月1日(土)~12月11日(日)
  日清戦争から第二次世界大戦終結までの約半世紀、日本は中国大陸への侵出を進め、やがて侵略戦争を起こして敗北するという結果に終わりました。この間、日本と中国は互いをどのように捉えていたのか、世界はこの時期の日本と中国をどう見ていたのでしょうか。日清戦争、日露戦争、義和団事件、21か条の要求、パリ講和会議、満州事変、日中戦争などの日本、中国に関する歴史的出来事が絵葉書及びその他の資料にどの様に描かれていたのかを追います。

 

⇒クリックで上記ちらしをダウンロードできます(PDF)

 

 

 

 

 

 

第102回ミニ企画展示 ポストカード・インパクト第102回ミニ企画展示

ポストカード・インパクト

会 期:2016年7月12日(火)~8月26日(金) 
 近代郵便制度の導入により、日本でも絵葉書の流通が始まりました。最初の絵葉書ブームは1904年前後で、日露戦争時の軍事郵便、戦勝記念絵葉書などによるものでした。その後、絵葉書は災害の速報や、観光地・名勝の紹介など様々なジャンルが登場し、視覚メディアとして多様な役割を担っていきました。
10月1日より開催の秋季特別展「絵葉書に見る日本と中国:1894-1945」のプレ企画として、当館収蔵の絵葉書約9,000点の中から、日本における絵葉書の成立と発展、特に一五年戦争に至るまでの歴史とその変遷を約90点の絵葉書で紹介します。

 

⇒クリックで上記ちらしをダウンロードできます(PDF)

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月 立命館土曜講座「世界は今―紛争から和解へ、対立から共生へ」

2016年8月 立命館土曜講座

世界は今―紛争から和解へ、対立から共生へ

日 時:

2016年8月20日(土) 14:00-16:00
2016年8月27日(土) 14:00-16:00  
 世界は今、日常生活の隣でテロが頻発し、各地の地域紛争も一向に止む気配がなく、暴力や憎しみの連鎖が止まらないかのように見えます。このような時こそ、暴力の連鎖をいかに断ち切り和解や共生・共存をさぐっていくのか、今後の平和構築について本土曜講座において、講師と共に考えてみたいと思います。

 

⇒クリックで上記ちらしをダウンロードできます(PDF)

 

 

 

 

 

 

 

PAXSCHOOL2016 PUBLIC LECTURES

RENKEI

PAX SCHOOL 2016
PUBLIC LECTURES

日 時:

2016年9月15日(木) 9:30-11:30
2016年9月19日(月・祝) 10:00-12:00  
 
 立命館大学は、日英産学連携スキームRENKEI*の参加大学のひとつとして、2012年の発足以来、RENKEIの運営に携わってまいりました。
本年はRENKEIの趣旨に沿ったプロジェクトを実施するホスト校として、同じくRENKEI参加校であるイギリスのUniversity of Liverpoolと協同で「PAX School 2016」を実施することとなり、そのプログラムのひとつとして、Public Lectureを開催することとなりました。このプログラムは一般の方に向けた講演ですので、どなたでもご参加いただけます。

*RENKEIは、日英の大学間連携を基盤とした、新しい国際産学連携の仕組みです。(事務局はブリティッシュ・カウンシル)日本の6大学とイギリスの6大学がメンバーとなり、大学主導のワーキンググループを産業界とともに展開しています。
⇒RENKEIについて詳しくはこちら

⇒パブリックレクチャーについて詳しくはこちら

⇒クリックで上記ちらしをダウンロードできます(PDF)

 



ページの先頭へ