Get Abode Flash Player

当コンテンツをご覧いただくには、最新のFlashプレイヤーが必要です。
左のバナーより最新のプレイヤーをダウンロードしてください。


イベントピックアップ Event Pick Up

特別企画展示 石川文洋写真展「戦争と平和・ベトナムの50年」特別企画展示
石川文洋写真展「戦争と平和・ベトナムの50年」

会 期:2014年9月14日(日)~10月9日(木)

石川文洋氏は戦場を撮影した数少ない日本人カメラマンのひとりとして、1964年のトンキン湾事件直後から南ベトナム政府軍・アメリカ軍に従軍し、戦争の実態を伝える作品を多数発表しました。現在、当館の地階常設展示室に展示されている氏の作品は、今なお当時と同じ衝撃を見る者に与え、戦争の本質を問いかけます。また同じく地階常設展示室では、当時撮影に使用されたカメラなど、氏の所蔵の貴重な資料も公開しています。

石川氏がベトナムをはじめて訪れてから50年に当たる本年、改めて石川氏の作品と向き合う機会となることを、そしてベトナムにおける戦争と平和の50年に思いをはせる機会となることを願って開催します。

⇒クリックで上記ちらし(裏表あり)をダウンロードできます(PDF)

 

 

世界報道写真展2014ーWORLD PRESS PHOTO 14
世界報道写真展2014

会 期:2014年9月17日(水)~10月12日(日)

世界報道写真展は、オランダに本部を置く世界報道写真財団が毎年開催している世界報道写真コンテスト入賞作品で構成した写真展で、今年で56回目を迎えます。立命館大学では、1995年より毎年開催しています。この地球上で起きているあらゆる出来事を、最高の技術と取材力をもって撮影した写真は、人々に現実を強く訴える力を持っています。世界の現状を知り、いま一度、平和とは何かを考えるきっかけにしていただきたく開催するものです。

 

 

 

⇒クリックで上記ちらしをダウンロードできます(PDF)

 

 

2014年度秋季特別展「ピース☆スタイル」2014年度秋季特別展示
「ピース☆スタイル」

会 期:2014年10月21日(火)~12月14日(日)

世界には今なお、戦争や暴力が存在していますが、平和を求める動きもまた活発です。

1960年代以降、戦争、差別、人権抑圧、環境破壊などと日常生活との関係に注視し、市民一人一人がそれを解決しようとする生活や生き方を選びとる動きが盛んになりました。現在、そのような市民の動きは平和をつくり出す力の一つになっています。

日本でこうした平和を求める動きが定着する契機となったベトナム反戦運動では、特定の政治的な思想に導かれるのではなく、個人個人が様々な価値観のもとで戦争という目の前の問題に反対する意思表示を行い、行動をすることで大きなうねりとなりました。本展では、こうした当時の資料など約200点を出品し、平和のための生き方やスタイルを持つことについて考えます。

⇒クリックで上記ちらし(裏表あり)をダウンロードできます(PDF)

 



ページの先頭へ