Get Abode Flash Player

当コンテンツをご覧いただくには、最新のFlashプレイヤーが必要です。
左のバナーより最新のプレイヤーをダウンロードしてください。


イベントピックアップ Event Pick Up

2014年度春季特別展 奪われた野にも春は来るか 鄭周河写真展2014年度春季特別展

奪われた野にも春は来るか 鄭周河(チョン・ジュハ)写真展
会 期:2014年5月3日(土)~7月19日(土)

韓国の写真作家、鄭周河(チョン・ジュハ)は、2011年11月、原発事故後の福島被災地を撮影し、「奪われた野にも春は来るか」と題する写真集を発表しました。日本の事故以前から韓国の原発にも関心を寄せていた彼の作品は、被災地の厳しくも美しい風景を静かに映し、見る者を深い省察へと導きます。原発事故から3年が経ち、確かな議論を経ずに原発再稼働へ向かうのではなく、境界を超えた対話と平和のための思索の契機となることを願い、写真20点による巡回展を開催します。また、会期中には作家やパネリストを招いた企画も実施します。


 

⇒クリックで上記ちらし(裏表あり)をダウンロードできます(PDF)

 

 

第85回ミニ企画展第85回 ミニ企画展示

ベトナム戦争の傷痕
会 期:2014年4月3日(木)~4月29日(火)

サイゴン陥落(1975年4月30日)から、今年で39年目を迎えます。ベトナム戦争終結後のめざましい経済発展の影で、今も戦争の傷を負いながらひっそりと生きる人々。ベトナムを16 年間追い続けるフォトジャーナリスト村山康文が、人々の暮らしを写した写真約50 点を通して平和の尊さを問いかけます。

 

⇒クリックでちらしをダウンロードできます(PDF)

 

 

 

 

 

 



ページの先頭へ