イベント・展示

DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展

2017年度春季特別展
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真展 2017 関連プログラム
「DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展」

2017年4月15日(土)~7月9日(日)
  現在の日本におけるメディアのあり方を問うDAYS JAPANは、戦争、貧困、環境問題など現在起こっている様々な問題を私たちに伝えています。DAYS JAPANが開催する「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞」は、日本ではじめての本格的な国際レベルのフォトジャーナリズムの賞です。人間と自然の尊厳が奪われていることを告発する作品、人間と自然の尊厳を謳い上げる作品、心温まるストーリー、自然と動物のドキュメンタリー作品の部門から審査が行われています。本展は、これまでの受賞作品を展示し、世界が抱える問題とそこに生きる人々の姿を知り、いま一度、平和とは何かを考えるきっかけにしていただきたく開催するものです。

詳細はこちら


「熟覧Ⅱ-メディア資料室への誘い-」

第107回ミニ企画展示
「熟覧Ⅱ-メディア資料室への誘い-

2017年4月1日(土)~5月28日(日)
  ミュージアムの学生スタッフとハワイからの短期留学生が選んだおすすめのミュージアム収蔵資料や図書、データベースで収蔵資料を検索する体験コーナーなどから、ミュージアムの持つ豊富な教育・研究資源を紹介します。

詳細はこちら


「京都と空襲」

第22回京都ミュージアムロード参加企画
第106回ミニ企画展示
「京都と空襲」

2017年2月4日(土)~3月26日(日)
  国際平和ミュージアムは、第106回ミニ企画展示「京都と空襲」を開催します。
空襲に備えた建物疎開、東山区や上京区への空襲など、一五年戦争の末期、京都も空襲に脅かされていました。そして、日本もアジア各地に空襲を行っていました。本展ではこうしたテーマから、京都と空襲について考えます。また、本学映像学部鈴木ゼミとの共同調査による、空襲体験者の聞取り調査映像も展示します。
なお、本展は第22回京都ミュージアムロード参加企画です。

詳細はこちら


 

立命館附属校 平和教育実践展示 これまでの歩み

  2007年10月より毎年秋に開催しております「立命館附属校平和教育実践展示」も、今年度で10回目を迎えました。
節目に合わせ、これまでの開催内容を振り返ります。
ホームページでは過去の展示の様子が掲載されているものもございますので、併せてご覧ください。

詳細はこちら


 

ミニ企画展示 100回目を迎えました!!

  2005年のリニューアルオープンを機に始まったミニ企画展示。
学内外の様々な団体が展示を行い、2016年に100回目を迎えました。
展示タイトル一覧から、これまでの展示の歩みを振り返ります。

詳細はこちら


 

 

 

過去のイベント・展示はこちら


ページの先頭へ