VOL  V L S I   O P T I M I Z A T I O N  L A B O 

 

R I T S U M E I K A N   U N I V E R S I T Y

 
HOME ニュース 研究室概要 研究テーマ 論文 ゼミ内容 構成員
 

VLSI最適化工学研究室 [福井研究室]

 Last update: 2016/11/07
>> English
 
   

電子情報工学科
Department of
Electronic and Computer Engineering

 

知的蓄電池制御とシステム最適化を研究

 

 

 

You are the th visitor since 2003/11/1  

 

 トピックス

 

 



研究室へのアクセス

  お問い合わせ先 
 

立命館大学 理工学部 電子情報工学科,

立命館大学大学院 理工学研究科,
VLSI最適化工学研究室

 

〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1 
 (ローム記念館3F)  

TEL&FAX: 077・561・5131(直)

 

  • 京都で開催の 20th Workshop on Synthesis and System Integration of Mixed Information Technologies にて、 適応型カルマンフィルタを活用し蓄電池残量推定を安定的に高精度化する技術を発表しました.蓄電池の安全管理や状態把握の信頼性を大幅に向上させることが可能となります.発表者のLin君 が IEEE CEDA Young Researcher Awardを受賞しました.(2016.10)

  • ハワイ、ホノルルで開催の国際学会PRiMEは、電気化学系技術をテーマとしており、特に燃料電池とリチウムイオン電池関連は企業展示も併設され活気を呈していました.リチウムイオン蓄電池の信頼性や安全性を目的としたバッテリーマネジメントの発表件数もかなり 増加しているなかで、我々はリチウムイオン蓄電池の使用中に劣化診断可能な技術、および、キャリブレーション機能を備えた組電池用の蓄電池劣化シミュレーション技術を発表しました.(2016.10)

  • アユタヤ(タイ) で開催のInternational Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia にて、JSTスーパークラスタ滋賀サテライトプロジェクトにて開発した電力融通機能付き最適充電システムを発表しました.同技術により,蓄電池 への最適電流制御とPV電力最大化の両立に成功しました.(2016.9)

  • ベルリンで開催の IEEE International Conference on Consumer Electronics, ICCE-Berlin にて、蓄電池充電最適化のための無線給電システムを発表しました.無線給電での充電は、負荷に応じた最適条件への追従が必要ですが、広い電流範囲において、無線給電効率を最大化する技術を開発しました.今後、蓄電池相互間の効率的電力転送への発展が期待されます.(2016.9)

-> 過去のトピックス

  関連リンク

一般、受験生向け  研究テーマ高校生・大学生向け教授紹介 | 進学・就職状況 |  

産業界向け    研究テーマ学会論文学位論文 | シーズ/産学連携教授紹介アクセス

本学学生向け 学習相談教授紹介アクセス

配属希望者向け  | 卒研配属 | 仮想見学 | 卒研テーマ | 表彰 | ゼミ内容 | 進学・就職状況 |  

 | 立命館大学 | 理工学部 | 電子情報工学科 |  理工リサーチオフィス(産学連携)立命館大学IEEE学生支部