VOL  V L S I   O P T I M I Z A T I O N  L A B O 

 

R I T S U M E I K A N   U N I V E R S I T Y

 
HOME ニュース 研究室概要 研究テーマ 論文 ゼミ内容 メンバー
 

VLSI最適化工学研究室 [福井研究室]

 Last update: 2017/11/08
>> English
 
   

電子情報工学科
Department of
Electronic and Computer Engineering

 

知的蓄電池制御とシステム最適化を研究

 

 

 

You are the th visitor since 2003/11/1  

 

 トピックス
 

 



研究室へのアクセス

  お問い合わせ先 
 

立命館大学 理工学部 電子情報工学科,

立命館大学大学院 理工学研究科,
VLSI最適化工学研究室

 

〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1 
 (ローム記念館3F)  

TEL&FAX: 077・561・5131(直)

 

  • MATLAB EXPO 2017モーター制御と電力制御のセッションにて、”MATLABを用いたリチウム・イオン電池の実践研究,” について講演しました.講演資料は公開されます.(2017.10)

  • 新型電池オープンラボ第22回講演会にて、バッテリーマネジメントの特集が組まれ、”リチウムイオン蓄電池用バッテリマネジメントの動向と我々の取り組み,” について講演しました.(2017.10)

  • 地域産業育成産学連携推進事業(公益財団法人京都産業21)に「⾼精度電池管理技術に基づく⻑寿命化最適制御を適⽤した鉛電池/Li イオン電池ハイブリッド蓄電システム」が採択されました.研究分担者として参加します.今までのリチウムイオン蓄電池での研究蓄積を鉛蓄電池に展開します.(2017.10)

  • チームVOL17が、筑波サーキットにて開催のCQ EVミニカート・レースに参戦し、初参加ながら全体で5位、リチウムイオン電池部門では2位(学生1位)を獲得しました.(2017.10)

  • 立命館グローバル・イノベーション研究機構 拠点形成型R-GIRO研究プログラム に「 暮らしのスマート・エネルギーイノベーション研究拠点」が採択となりました.自然共生型スマート・エネルギーマネージメント技術の開発(蓄電池関連)として参加します.(2017.4)

  • 京都で開催の 20th Workshop on Synthesis and System Integration of Mixed Information Technologies にて、 適応型カルマンフィルタを活用し蓄電池残量推定を安定的に高精度化する技術を発表しました.蓄電池の安全管理や状態把握の信頼性を大幅に向上させることが可能となります.発表者のLin君 が IEEE CEDA Young Researcher Awardを受賞しました.(2016.10)

-> 過去のトピックス

  関連リンク

一般、受験生向け  研究テーマ高校生・大学生向け教授紹介 | 進学・就職状況 |  

産業界向け    研究テーマ学会論文学位論文 | シーズ/産学連携教授紹介アクセス

本学学生向け 学習相談教授紹介アクセス

配属希望者向け  | 卒研配属 | 仮想見学 | 卒研テーマ | 表彰 | ゼミ内容 | 進学・就職状況 |  

 | 立命館大学 | 理工学部 | 電子情報工学科 |  理工リサーチオフィス(産学連携)立命館大学IEEE学生支部