スポーツドキュメンタリーの鑑賞:スポーツ社会専攻企画

Posted on 2017.07.20

京都は暑い夏を迎えています。この時期、産業社会学部は
定期試験を前に賑わいを増し、1回生は初めての試験を控
えて緊張した面持ちをみせています。今回は、こうした
1回生に向けておこなったスポーツ社会専攻の企画をご紹
介します。
スポーツ社会専攻では、スポーツを、時代や社会・人々の
人生との関わりから理解し、問題を解決するというミッシ
ョンのもと、さまざまなプログラムを提供しています。そ
の一つとして、例年、基礎演習4クラスでおこなっている
のが、スポーツドキュメンタリーの鑑賞会です。
今年は、5月25日(木)に以学館1号ホールで、NHK
スペシャル『カラーでよみがえる東京:不死鳥都市の
100年』を鑑賞しました。この作品は、世界の巨大都市
「東京・TOKYO」に関する過去の記録映像をカラー化し、
東京および日本の100年の歴史を描いたものです。日本
は、2020年にオリンピック・パラリンピックを控え、
過去3度のオリンピック大会招致に成功しており、その舞
台はすべて東京です。日本におけるオリンピックの意味と
は、この都市や日本をめぐる歴史社会的な背景にひきつけ
なければ理解できません。1940年大会が関東大震災か
らの復興を目指しつつも、日中戦争の勃発や日本の軍事化
などの理由で返上され、1964年大会は戦後の敗戦から
高度経済成長を経て、再び国際社会に復帰する象徴となっ
たように、映像からはオリンピックやスポーツが時代や国
内外の情勢にいかに翻弄されてきたかが見えてきます。そ
れは、現在の私たちに、スポーツを時代や社会と切り離し
て捉えることの危うさを教えてくれているように思います。
学生からも、「第二次世界大戦中、学徒出陣壮行会が行わ
れた場所で、その20年後に東京オリンピックの開会式が行
われたということを、今回のドキュメンタリー映像を見て
初めて知りました。同じ場所で、同じ行進でも、その意味
はまったく違う」、「映像では関東大震災や戦争からの復
興についても取り上げられていた。そのなかで東京オリン
ピックの招致が与える影響は経済的にも国民の心情面にし
ても大きなものだったとわかった。2020年の東京オリンピ
ックでもただ開催するのではなく、東日本大地震や熊本地
震の復興の架け橋になってほしい」などの声が寄せられま
した。こうした意見を聞くと、学生たちにとって今回の企
画が、過去から現在・未来を問うていくことの大切さを学
ぶ機会となったと考えられ、本専攻で学びを積み重ねるう
えで有意義なものとなりました。



文責:スポーツ社会専攻 松島 剛史 准教授 

スポーツ社会専攻:障害者シンクロナイズドスイミング・フェスティバルのボランティア

Posted on 2017.07.06

本年度から東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の
先を含む5年間(2017年4月~2022年3月)のスポーツ政策として、第2
期スポーツ基本計画がスタートしました。計画では、「する」「見る」
「ささえる」といった多様な形での「スポーツ参画人口」を拡大して、
「一億総スポーツ社会」を実現する意義が謳われています。



中でも障害のある人のスポーツ実施率の向上(成人の週1回以上のスポ
ーツ実施率:現在19.2%→40%を目指す)は、豊かな共生社会を誘う一
助であるとしています。

スポーツ社会専攻では、スポーツの現場に実際に携わり、スポーツの持
つ意味や役割を肌で感じることで専攻での学びを深めたいという考えの
もと、毎年課外活動の一環として障害者スポーツ大会でのボランティア
活動に取り組んでいます。今年も、5月14日(日)に京都市障害者スポ
ーツセンターで開催された、「第26回障害者シンクロナイズドスイミン
グ・フェスティバル」の会場設営、フェスティバルの運営・補助に、ス
ポーツ社会専攻に所属する1回生から4回生の有志学生の約60人とスポー
ツ社会専攻の教員4人が参加しました。この障害者シンクロは、性別・
年齢・障害の有無に関わらず誰もができるシンクロナイズドスイミング
を通じて、障害の種別を超えた自己表現を可能にしています。参加者に
とって、このフェスティバルで発表することは、自己の可能性にチャレ
ンジすることであり、その演技は競技者だけでなく家族やチームの仲間、
観る者に感動を与えてくれます。昨年に続いて台湾からの参加者を迎え、
国際的なフェスティバルとなりました。



今回、スポーツ社会専攻の学生が行なったボランティアの内容は前日か
らの会場設営、リハーサルの補助、当日の受付、進行、アナウンス、音
響、式典・招集、救助介護、通訳など多岐にわたりました。参加した学
生たちは皆で力を合わせて、大会の成功へ大きく貢献しました。スポー
ツ社会専攻では、今後もこの大会のボランティアを継続して行っていく
方針であり、授業だけではなかなか学ぶことのできない、スポーツイベ
ントの運営や意義、そして役割をボランティアという形で身を持って経
験してもらいたいと考えています。
 また今回は、このような取り組みに共感した現代社会専攻、メディア
社会専攻、文学部、国際関係研究科から、それぞれ1人ずつの学生が参
加してくれました。台湾チームの通訳を担ってくれた留学生もいます。
このフェスティバルにボランティアとして2年連続参加しているスポー
ツ社会専攻3回生の市谷優香さんは「今回のボランティアでは昨年と同
様音響係を担当させていただきました。音源を返却する際、笑顔であり
がとうと言ってくれる方々からは、やりきった!という雰囲気が感じら
れました。障害の様子はさまざまですが、それぞれに「やりがい」や
「生きがいを」感じながらシンクロに取り組んでおられることが伝わっ
てきました」同じく3回生の須田菜月さんは「今回、初めて参加しまし
た。障害のある方もない方も今まで練習してきたことを発揮し、シンク
ロを楽しんでいるという印象を持ちました。また、たくさんのボランテ
ィアスタッフに支えられながら大会が成り立っていることを実感しまし
た。これからさらにアダプテッドスポーツが世の中に広まればと感じま
した」と感想を述べてくれました。参加した多くの1回生は、今回のよう
に「スポーツを通してさまざまな方に接する機会は貴重な経験になる」
と意欲的に取り組んでいました。



文責:スポーツ社会専攻 金山千広 教授

産業社会学部の新入生を紹介します~Vol.5~

Posted on 2017.06.13

新年度に入り早くも二ヶ月が経過しました。
前回に続き、産業社会学部に入学した新入生へのインタ
ビューを掲載します。
第5回目の今回は、人間福祉専攻の惠利 菜々泉さんです。


<人間福祉専攻 惠利 菜々泉さん>

Q1. なぜ立命館大学、産業社会学部を志望したのですか?
障害者の方や、障害者の方を支える立場の方と触れる機会が
あったことから、福祉について学びたいと考えていました。
附属校の立命館宇治高校出身なので、立命館大学の中で、福
祉を学べ、特別支援学校の教員免許も取得できる人間福祉専
攻を志望しました。

Q2. 関心のある分野、学んでみたいことは何ですか?
おもには障害者やその家族の支援について学んでいきたいと
考えています。特別支援学校の教員免許取得に向けて、教職
課程もがんばります。

Q3.今後産業社会学部でチャレンジしたい事は?
私は課外活動で立命館大学応援団チアリーダー部に所属して
います。教職課程との両立は大変だと思いますが、がんばり
ます!
また具体的な計画にはなっていませんが、私が取り組んでい
るチアの活動を通して、特別支援学校の子どもたちを楽しま
せられるような取り組みができればなあ…と思っています!

Q4.産業社会学部ってこんな学部!
いろいろな人がいて、いろいろなことを話せる学部です。人
間福祉専攻の仲間とは、福祉のことについて語り合うことが
できてとても勉強になります。他の専攻の人とも仲良くなれ
て、自分とは違う価値観や考え方から本当に刺激をもらって
います。これからもっと語り合っていきたいです。

Q5.高校生へのメッセージをお願いします。
高校生の時点では、これからの可能性は無限にあります。自
分の将来についてしっかり悩む時間も大切にしてほしいです。
興味を絞りきるのではなく、いろんなことに興味を持つこと
は良いことだと思います。
また、1つでもなにか好きなことを持ち続けてください。そ
れがきっとあなたの支えになると思います。


以上、5回にわたり新入生紹介を掲載しました。5名とも、
これから4年間学んでいくことへの意欲が高く、エネルギー
に満ち溢れていました!立命館大学・産業社会学部という
リソースを活かして、充実した大学生活を送られることを
応援しています。
ご協力いただいた新入生のみなさん、ありがとうございま
した。

産業社会学部の新入生を紹介します~Vol.4~

Posted on 2017.06.05

新年度に入り早くも二ヶ月が経過しました。
前回に続き、産業社会学部に入学した新入生へのインタ
ビューを掲載します。
第4回目の今回は、現代社会専攻の浅海 映さんです。


<現代社会専攻 浅海 映さん>

Q1. なぜ立命館大学、産業社会学部を志望したのですか?
国際問題、とりわけテロや戦争などが起きている現状に対
して問題意識があり、それらについて学べる学部を探して
いました。いろんな大学の社会学部を調べましたが、学べ
る範囲の広さが魅力で、立命館の産業社会学部を志望しま
した。
もともと京都への憧れがあったので、京都の大学に通いた
かったというのも理由のひとつです。


Q2. 関心のある分野、学んでみたいことは何ですか?
テロや戦争などの国際紛争の解決に向けて、少しでも力に
なりたいと考えています。こうした問題がなぜなくならな
いのか、深く、そして様々な角度から学んでいきたいです。
産業社会学部は政治・経済・環境など幅広く学べるので、
これから学んでいくのが楽しみです。もともと興味がなか
った授業も、学ぶうちに面白いと感じているため、広く学
んでいきたいです。


Q3.今後産業社会学部でチャレンジしたい事は?
国際紛争について考える上で、紛争の現地の人たちの考え
も直接聞きたいので、そうした地域へ行ってみたいと考え
ています。
京都での1人暮らしも経験してみたいです。京都を満喫で
きればと思っています。


Q4.産業社会学部ってこんな学部!
明るい人が多い印象です。他学部の友達と話していても、
雰囲気は違うようです。
そしてなんといっても学べる範囲が広い!これから幅広く
学んでいくのが楽しみです。


Q5.高校生へのメッセージをお願いします。
大学が京都にあるというのはとてもいいですよ。京都に興
味のある人は、ぜひきてほしいです!
志望校を選んだり、受験勉強したりと大変ですが、妥協せ
ず、悔いを残さないようにがんばってください。

スポーツ社会専攻基礎演習4クラス合同の「国際平和ミュージアム見学会」

Posted on 2017.05.31

スポーツ社会専攻の基礎演習4クラスは、4月27日(木)の
サブゼミの時間を活用し、昨年に引き続き「立命館大学国
際平和ミュージアム」(以下、平和ミュージアム)の共同
見学会を実施しました。平和ミュージアムは、1992年の開
設以来25年にわたり、戦争と平和に関する資料を収集・保
存・展示をはじめ、紛争解決および平和創造に向けた教育
・研究・普及活動を行っている世界で唯一の「大学立の平
和博物館」です。
 戦後70年を経て、平和と民主主義を巡る世界の情勢が大
きく変化する中で、大学を取り巻く環境や学生実態も従来
の状況から変化を見せています。平和教育の受け手である
学生が、「戦争を知らない世代」から「戦争体験世代をも
知らない世代」へと移行している現在、歴史に対する知識
や理解力の著しい減退が危惧されています。
こうしたなか、スポーツ社会専攻では2011年から基礎演習
4クラスによる合同見学を実施しています。今回の見学で
は、まずクラス毎に平和ミュージアム設立の意義と一五年
戦争などに関する簡単な講義がなされました。続いて一階
のラウンジで平和ミュージアムの展示物についての関連映
像を視聴し、地下一階と一階・二階の展示物を約70分に渡
って見学しました。今回の見学会において何よりも意義深
かった点は、実際に戦争を体験された、10名を超えるボラ
ンティアの方々から戦争の悲惨さやその時の状況について
の説明を受ける事ができた点に尽きます。学生は熱心に質
問を行い、それに対しボランティアの方々が当時の戦争に
ついて学生達に熱く語り掛ける風景も見られました。また、
基礎演習を担当する4名の教員も、学生と一緒に見学を行
いつつ、スポーツは戦争から多大な影響を受けてきたとい
う歴史的背景や、戦時中の国民意識の統制・健全な身体の
生成・国威発揚などにスポーツが利用され、戦争という非
常事態において多様な変容を遂げてきた事実など、「スポ
ーツと戦争」に関する説明を行いました。







見学に参加した学生からは、戦争とスポーツとの関係性に
ついての知識を深めることができたという感想をはじめ、
普段なかなか知ることのできない、日本が参加した戦争の
歴史・実情・背景を学び、今後の「平和な世界」を実現す
るために私達に何ができるのかを改めて考えさせられる機
会となったという声が寄せられました。見学に参加したス
ポーツ社会専攻1回生の橋本 椋さんは「一五年戦争はど
のような戦争であったか、なぜ起きたのか、その歴史は今
を生きる私達に何を問いかけるか、その問いかけを通して、
私達がどのように平和な社会を築くことができるかを意識
して、歴史に目を向けて行動したい」と見学から感じた感
想を述べてくれました。
 スポーツ社会専攻では今後も「平和と民主主義」という、
当大学の教学理念に基づく教育活動の発信をさらに強める
と同時に、グローバル化した時代に相応しい平和主義の理
念を広める、さまざまな国際化活動を展開していく方針で
す。

文責: スポーツ社会専攻 権 学俊教授

このページの上部へ