スポーツ社会専攻×RISP合同企画:「~パラリンピアンの語りを通して~ポスト2020東京オリンピックを見据えたパラスポーツの役割」

Posted on 2019.02.05

20190130kaneyama2

 スポーツ社会専攻とRISP(立命館インクルーシブ・ソ
サイエティ・プロジェクト)の合同企画として、2018年
11月30日にウィルチェアーラグビー日本代表選手の永易
雄(ながやす ゆう)さんをお招きし、講演会を開催しま
した。ゲストスピーカーの永易雄選手は、大阪府出身、
ウィルチェアーラグビーチームFreedom所属、 2008年北
京パラリンピックには日本代表で出場した経験がありま
す。
 その後代表から離れていましたが、2018年は10年ぶり
に代表に選出され、GIO 2018 IWRF ウィルチェアーラグ
ビー世界選手権大会優勝メンバーとなりました。2020年
パラリンピックの東京大会に向けて、まい進しておられ
る選手の一人です。
 RISP(立命館インクルーシブ・ソサイエティ・プロジ
ェクト)は、2017年度に競技団体や地域と連携して、ウ
ィルチェアーラグビーの公式戦を開催したウィルチェア
ーラグビーサポートプロジェクトを基盤として2018年度
に発足しました。RISPはスポーツ社会専攻2・3回生を中
心に構成しております。今年度は、スポーツを切り口に
共生社会という理念の実現を目指す活動を行いました。
具体的には「障がい者スポーツ・パラスポーツ×学校・
教育・社会」をテーマに、小学生・保護者対象のイベン
トや、教職員・教職員志望者を対象としたセミナーを開
催しました。
 さて、講演会では、はじめに永易選手のご紹介とウィ
ルチェアーラグビーの簡単な説明、RISPの歩みを伝えさ
せていただきました。次に、永易選手より、自身のこれ
までのライフヒストリーを踏まえた共生社会に対する考
え方をご教示頂きました。その上で、RISP代表との対談
形式で2020東京オリンピック・パラリンピックを軸にし
たお話をうかがいました。
 永易選手は当事者としての立場を通した実体験から、
障害のある人とスポーツとの関係をわかりやすく伝えて
くださいました。ひとりの人として、アスリートとして
の考え方に学生も聞き入っていました。参加学生からは、
「日本と他国の価値観や環境の違い」「オリンピック・
パラリンピックを統括するのに必要な考え方」など活発
な質問もなされました。2020年のオリンピック・パラリ
ンピックをゴールとするのではなく、一つの契機として
私たち学生から「壁のない社会」を提案していくことが
できればと感じる講演会でした。
 最後となりましたが、永易雄選手、ありがとうござい
ました。

20190130kaneyama

文責:
立命館大学産業社会学部スポーツ社会専攻3回生 松橋佳絵
産業社会学部スポーツ社会専攻 教授 金山千広

2018年定年退職記念講義

Posted on 2019.01.29

 2019年3月で定年退職を迎えられる文 楚雄 
教授、津止 正敏教授の退職記念講義が開催されま
した。


20190125kinen1
※文先生退職記念講義の様子

20190125kinen2
※津止先生退職記念講義の様子


 講義終了後には受講学生、産業社会学部教員、産
業社会学部事務室職員の代表の方々よりそれぞれ花
束の贈呈が行われ、盛大な拍手のうちに幕をおろし
ました。
 文先生、津止先生、長年の教育・研究、本当にお
疲れ様でございました。授業だけでなく大学・学部
運営におかれましても大変お世話になりましたこと、
ここに改めて御礼を申し上げます。

20190125kinen3
 ◆文 楚雄 教授
【開催日】2019年1月18日(金)/1時限

20190125kinen4 
◆津止 正敏 教授
【開催日】2019年1月20日(日)/14:00~

亀田誠治先生と反畑誠一先生による特別講義「ストリーミング時代の到来~多様化する音楽界の楽しみ方~」が開講されました!

Posted on 2019.01.24

20190124kameda1

 2018年12月6日(木)、本学客員教授である反
畑誠一先生と、音楽プロデューサーおよびベーシストと
して数多くのアーティストのプロデュースやアレンジを
手掛ける亀田誠治氏による、「ストリーミング時代の到
来~多様化する音楽界の楽しみ方~」をテーマとした特
別講義が行われました。

20190124kameda2

 講義は、冒頭で反畑誠一客員教授から、過年度に「産
業社会学部 音楽関連団体共同寄附講座」を開講してい
たこと、その実績を踏まえて今回の特別講義の実施に至
ったという経緯の説明、そして亀田誠治氏のプロフィー
ル紹介がありました。
 続いて、亀田誠治氏からは音楽の聴き方がターニング
ポイントに来ている昨今の状況に加え、特に定額による
ストリーミングやサブスクリプションなど、音楽の楽し
み方が多様化してきている現状や、そういったものに対
するアーティスト側の捉え方や背景事情の解説、具体的
なアーティスト名を挙げての事例紹介、音楽配信におけ
る他の国々と日本の違いの分析、近年大型フェスが増え
てきている背景と事情や、そのことによるアーティスト
側の影響など、音楽制作の現場の第一線で活躍されてい
る亀田氏だからこそ詳細に解説できるであろう、大変興
味深い話題が次々と紹介されました。
 また講義中は、亀田氏から参加者への問いかけが常に
行われ、参加者のほうも積極的に挙手および鋭い回答が
あり、有機的で双方向の講義が終始展開されました。

20190124kameda3

 講義の最後には、再び反畑誠一客員教授から今後の音
楽産業における中国の存在や影響、具体的な音楽関連企
業名を挙げての中国への進出の事例、中国語ができる人
材が今後求められる等、音楽関連産業への就職を考えて
いる学生へ向けての貴重な情報とアドバイスもいただき、
大変中身の濃い充実した講義となりました。


【講師プロフィール】
【反畑 誠一氏】
20190124kameda4 

 本学客員教授、音楽評論家、前JASRAC理事
 J-POP、歌謡曲を中心にジャンルを超えて幅広い
視野で、新聞、雑誌、ラジオなどのメディアを通じ評論
活動を展開中。時事通信配信によるコラム「ヒットの周
辺」 を長期で連載中。
 2004年度より立命館大学産業社会学部開講「JA
SRAC寄附講座」「音楽関連団体共同寄附講座」に関
わる。共同著書に「うたのチカラ」(集英社)、「追悼
文大全」(三省堂)などがある。

【亀田 誠治氏】
20190124kameda5 

 音楽プロデューサー、ベーシスト
 これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、
いきものがかり、JUJU、エレファントカシマシ、大
原櫻子、GLIM SPANKY、山本彩など数多くの
プロデュース、アレンジを手がける。2007年第49
回、2015年第57回の日本レコード大賞では編曲賞
を受賞するなど常に音楽の第一線で活躍中である。

2018年度 西園寺記念奨学金・+R Challenge奨学金給付証書授与式

Posted on 2019.01.07

 2018年12月20日(木)に「西園寺記念奨学金
(成績優秀者枠)」(優秀な成績を修めた学生を褒賞し、
周囲の規範となることを奨励するもの)と「+R Challen
ge奨学金」(自らの問題意識を発展させた学習テーマを
追求する学生を支援するもの)の給付証書授与式が以学
館IG401号で行われました。産業社会学部では、春
学期・秋学期合わせて103人の西園寺記念奨学生と8
人の+R Challenge奨学生が選ばれました。

 例年授与式後に懇親会をしていましたが、今回は先に
1階ラウンジで懇親会を行いました。
 まず、景井副学部長の司会のもと用意されたケーキと
コーヒー・紅茶を頂きながら、2019年1月から改修
される以学館施設についての意見交換が行われ、グルー
プ毎に発表を行いました。日ごろ以学館施設を利用して
いる学生の生の声を聞くことができ、さまざまな意見・
要望が寄せられました。
 その後、+R Challenge奨学生メディア社会専攻4回生
森島暢哉さんによる、『LINEスタンプ制作を通じた盲導
犬育成支援』の成果報告会が行われました。みなさん、
森島さんの活動を真剣に聞き入っており、短い時間では
ありましたが和やかな懇親会となりました。
 
20190107saionzi1

 懇親会後は会場を以学館IG401に移し、証書授与
式が執り行われました。
 授与式では、竹内学部長より祝辞が述べられ、その後、
奨学生を代表してスポーツ社会専攻4回生大川麗さんか
ら謝辞がありました。そこで大川さんは「幼少期からプ
ロ野球球団職員になりたいという夢を持ち、スポーツ社
会専攻へ入学しましたが、専攻プログラムの障害者の方
が参加するシンクロ大会のボランティアに参加したこと
をきっかけに、スポーツを楽しむ彼らをサポートするこ
とにやりがいを感じました。そして彼らへの理解をさら
に深めるために人間福祉専攻の講義を受け、社会的弱者
とされている方たちを助ける環境づくりには人とのつな
がりが重要であると感じ、そのような方が生きやすい社
会を作りたいという大きな目標ができました」と将来の
目標を掲げ産業社会学部で学べたことへの感謝を述べら
れていました。
 
 20190107saionzi2

20190107saionzi3

 最後に回生ごとの記念撮影を行い、懇親会とは違って
厳かな空気の中で2018年度西園寺記念奨学金・+R C
hallenge奨学金給付証書授与式は終了しました。

20190107saionzi4
 
※+R Challenge奨学生

20190107saionzi5
 
※西園寺記念奨学生1回生

 20190107saionzi6

※西園寺記念奨学生2回生

20190107saionzi7
 
※西園寺記念奨学生3回生

20190107saionzi8
 
※西園寺記念奨学生4回生

 奨学生のみなさんが、これまで以上に高い目標を持ち、
一層充実した学生生活を送られることを産業社会学部教
職員一同願っています。
 奨学生の皆さん、おめでとうございます!

※成長支援型奨学金について詳細はこちらのページをご覧ください。
→http://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/regular-grow.html/

文責:産業社会学部事務室

2018年開催!さんタマ

Posted on 2018.12.26

20181220fukunaga1

 2018年11月28日(水)から30日(金)まで
の三日間、立命館大学衣笠キャンパスの以学館二階Stud
ent Labでは産業社会学会学生委員会が中心となって行
う企画「さんしゃのタマゴ」が開催されました。
 「さんしゃのタマゴ」とは、所属する専門演習クラス
(ゼミナール)をこれから選択していかなければならな
い、産業社会学部の1回生を中心に向けて行われた企画
です。
 
20181220fukunaga2

 開催期間中はStudent Labに設置された会場に、各専
攻様々な教員が待機しています。
 企画参加を希望する学生が訪れると、各々気になる教
員の下に着席し、専門演習クラスの内容や、受講するべ
き科目、将来の進路など様々なことについて相談ができ
るようになっていました。
 開催時間がちょうどお昼休みに当たるということもあ
り、会場では参加者に「丼ペリ」と言われるどんぶり弁
当とお茶が配られます。

20181220fukunaga3

 お弁当を食べてお茶を飲みつつ、和気藹々と教員と話
をすることで学生も気負うことなく知りたいことを素直
に尋ねることができていたように思います。
 授業やガイダンスでは知ることのできない教員の姿を
見ることで、新しい発見や学びへの意欲が湧き出てくる
こともあるのではないでしょうか。

20181220fukunaga4
 
 実はこの「さんタマ」は春学期にも同様の企画が行わ
れています。
 こちらは2回生を主な参加者として想定されたもので、
より具体的な専門演習クラスについての説明や相談に取
り組む形となっていました。
 ですが今回の開催に関しては、専門演習クラスについ
てだけでなく、もっと広い意味での興味関心を含めた相
談に教員が乗り、その上で1回生に専門演習がどういっ
たものなのか少しずつ触れて貰うという形を取っていま
す。
 どうしてこのような形を取ることになったのか。
 これには、産業社会学部では現在の1回生から卒業論
文が必須になるため、卒業のためには専門演習クラスへ
の所属が必要になるという背景があります。
 そのため2回生だけではなく、1回生にも専門演習ク
ラスがどういうものなのか触れてもらい、興味・関心の
幅をどんどん広げていって貰いたい。開催を秋学期にも
増やし、主に1回生へ向けて行うことにしたのには、そ
んな理由がありました。
 この企画に参加した学生達の、今後の有意義な学生生
活に繋がるように。そんな委員会メンバーの思いが伝わ
ってくる、あたたかい企画の場であったように思います。


20181220fukunaga5 
※産業社会学生委員メンバー

文責:産業社会学部事務室


このページの上部へ