「活力ある地域社会の形成」に関する研究プロジェクト について

Posted on 2020.09.11

 加藤雅俊先生(産業社会学部准教授)が立ち上げられた「活力ある地域社会の形成」というプロジェクトに関しまして、ご報告いただきました。




「活力ある地域社会の形成」に関する研究プロジェクトについて
-諫早市および雲仙市におけるアンケート調査を中心に-

 

加藤雅俊(産業社会学部教員)

 

 人口減少社会の到来、都市部への人口集中、格差・貧困の拡大、自然環境や社会的インフラストラクチャーの維持・保全など、様々な社会課題に直面する現代社会において、「地域」や「地方」の重要性にあらためて注目が集まっています。それは、「地方分権」、「地域再生」、「地方創生」など、「地域」や「地方」に言及した政治的スローガンが近年広く流布していることにも明らかです。

 「地域」や「地方」への注目を受けて、これまで「地域社会の活性化」に向けて、中央政府・自治体・住民の各レベルにおいて、様々な試みがなされてきました。ここで重要な点は、そのすべてが成功してきたわけではないことにあります(例えば、内閣府が2017年に発表した「地方創生事例集」では、88の事例が成功例として紹介されていますが、その裏で十分な成果が上がらず言及されなかった事例が数多く存在することは、容易に想像できます)。それでは、「地域社会の活性化」の成功と失敗を分ける要因や条件は何なのでしょうか?研究者やジャーナリストによる事例分析は、以下のことを示しています。例えば、「地域社会の活性化」がうまくいくためには、ⅰ地域資源の発見と活用や、ⅱ地域住民の主体的な取り組みと行政による適切な支援の有機的連関などが重要とされてきました。その一方で、「地域社会の活性化」が困難となる条件や要因として、ⅲ地域アイデンティティ(地域への愛着心)の揺らぎや、ⅳ地域社会における分断・対立の存在などが示唆されてきました。これらの先行研究の知見は、個別事例の分析・考察という点では非常に有益ですが、体系的・総合的な観点からの分析・考察ではない点、困難を抱える地域における活性化の可能性に関する検討が不足している点、そして何より、現実社会における「地域社会の活性化」に資する具体的な知見を提供できていない点で、課題が残されていました。

 これらの先行研究の課題をふまえて、私(加藤雅俊)は、困難を抱える地域における活性化の課題と展望に関して、多様な方法(歴史分析・資料分析、聞き取り調査、アンケート調査など)を用いて調査し、その成果を学際的・理論的(政治学・社会学・法学など)に分析することで、学術的な貢献をなすだけでなく、地域の具体的な実情に即した提案をなすことを目的とした「活力ある地域社会の形成」という研究プロジェクトを立ち上げ、共同研究を進めてきました。

 

 今回、共同研究者と協力のもと、この研究プロジェクトの一環として、複数の民間財団からの研究助成金、科学研究費補助金、立命館大学からの研究助成金などを活用*して、諫早市1,600名および雲仙市500名の合計2,100名の住民を対象としたアンケート調査(「活力ある地域社会の形成」に関する調査)を実施することにしました。現在の諫早市と雲仙市は、2005年の「平成の大合併」により誕生した自治体であり、それぞれ複数の自治体が合併することで(諫早市が15町の合併、雲仙市が7町の合併)、今の形態となりました。また、両市は、国営諫早湾干拓事業(1989年着工、2007年完成)を経験しており、その過程で激しい分断・対立に直面してきました。言い換えれば、両市は、「地域アイデンティティの揺らぎ」や「地域社会における分断・対立」といった先行研究が示唆する「地域社会の活性化が困難となる要因や条件」を抱えている事例といえます。

 この地域における地域社会の現状については、「諫早湾干拓紛争」という点に注目し、その直接的利害関係者(潮受堤防の開門賛成派と開門反対派)への取材や聞き取り調査を通じて、分断・対立の一端が明らかにされてきました。これらの先行研究は、「諫早湾干拓紛争」に関する直接的利害関係者の見解を明らかにする点で大きな意義がある一方で、諫早湾干拓事業と直接的な利害関係を有しない、いわゆる一般住民の人びとが地域社会の現状について何を感じているかを軽視している点で、課題が残されていました。また、「市町村合併」という地域社会に大きな影響を与えた要因を軽視している点、そして分断・対立を克服していくための方途に関する考察を欠いている点でも、問題が残されていました。

 そこで、今回のアンケート調査では、先行研究では十分に検討されてこなかった点を明らかにすることに加え、分断・対立を越えた地域社会を構想する際のヒントを探りたいと考えています。アンケート調査では、①市政とまちづくり、②歴史と自然環境、③市町村合併の影響、④諫早湾干拓事業とその影響、⑤諫早湾干拓事業をめぐる裁判、という五項目(合計37問)について質問をしています。これらを通じて、諫早市・雲仙市に住む人びとが持つ「市町村合併や大規模公共事業の影響に関する認識」と、「地域資源や郷土に関する思い」を明らかにした上で、地域社会が抱える諸課題を乗り越えていく際の手がかりや道すじを明らかにしたいと考えています。また、このアンケート調査に並行して、一次資料の歴史分析や、政策担当者や様々な利害関係者への聞き取り調査も深めていく予定です(それぞれについて着手済みです)。

 そして、最終的には、アンケート調査、歴史分析、聞き取り調査の成果を総合し、学際的・理論的な観点から分析を加えることで、諫早市・雲仙市における「地域社会の活性化」に向けた具体的な手がかりと道すじを明らかにするだけでなく、その他の「地域」や「地方」にも応用可能な知見を析出したいと考えています。

 

 諫早市・雲仙市におけるアンケート調査の実施にあたって、202093日(木)の13時より、長崎県庁において記者会見を行いました。4日(金)の朝刊(長崎県版)において、長崎新聞、西日本新聞、朝日新聞の各社が記事を掲載してくれました。当該地域において、今回の調査が社会的に意義のあるものとして受け取られていることを示しているといえます。この度、各社のご厚意により、このブログへの記事の転載が認められました。この場を借りて、各社にあらためてお礼申し上げます。

 

 また、アンケート調査を有益なものにするためには、多くの回答を得ることが不可欠です。アンケート調査の対象者となった皆さまには、あらためてご協力をお願い申し上げます。なお、アンケート調査は無記名であり、お答えいただいた内容は「○○○という回答が何パーセント」という形でまとめますので、ご回答いただいた方のお名前が出ることは一切ありません。対象者の皆さまの個人情報は厳重に管理し、調査終了後に、裁断により確実に処分いたします。安心してご回答ください。

 

 今回のアンケート調査は、市町村合併や諫早湾干拓事業に関して、特定の立場に与するものではありません。諫早市・雲仙市における「活力ある地域社会の形成」の手がかりと道すじを探ることを目的とした未来志向の学術的調査です。今回の調査が、諫早市・雲仙市に住む人びとにとって、地域が抱える諸課題を、自分のこととして考える機会・きっかけとなってくれたらと、切に願っています。

 

 なお、今回のアンケート調査および研究プロジェクトに関するご質問・お問い合わせについては、r-com@gst.ritsumei.ac.jp(@マークを半角にしてご利用下さい)までご連絡ください。調査結果については、今冬以降に、諫早市・雲仙市において報告会を開催することに加え、マスコミやインターネットを通じて、発信していきたいと考えています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

文責:産業社会学部 准教授 加藤雅俊

 

*本アンケート調査の実施にあたって、「独立行政法人 日本学術振興会 科学研究費補助金(若手研究B:17K13682、基盤研究A:19H00571)」、「公益財団法人 カシオ科学振興財団」、「公益財団法人 クリタ水・環境科学振興財団」、「公益財団法人 日本生命財団」、「学校法人 立命館 研究推進プログラム」から研究助成を受けました。この場を借りて、上記の諸機関にあらためてお礼申し上げます。

 なお、質問票・依頼文の作成にあたっては、産業社会学部の金澤悠介先生と中井美樹先生から貴重なご助言をいただきました。心よりお礼申し上げます。


20200904nagasaki
※長崎新聞 長崎県版 202094日(金)22

20200904nishinihon
※西日本新聞 長崎県版 202094日(金)18

20200904asahi

※朝日新聞 長崎県版 202094日(金)23

2019年度 西園寺記念奨学金・+R Challenge奨学金給付証書授与式

Posted on 2020.12.24

 12月24日(火)に「西園寺記念奨学金(成績優秀
者枠)」(優秀な成績を修めた学生を褒賞し、周囲の規
範となることを奨励するもの)と「+R Challenge奨学金」
(自らの問題意識を発展させた学習テーマを追求する学
生を支援するもの)の給付証書授与式が以学館IG402
号で執り行われました。産業社会学部では、今年度春学
期・秋学期合わせて97人の西園寺記念奨学生と5人の
+R Challenge奨学生が選ばれました。

 授与式では、櫻井副学部長司会のもと、竹内学部長よ
り祝辞が述べられました。その後、奨学生を代表して子
ども社会専攻4回生 志水妙さんから謝辞がありました。
そこで志水さんは、子ども社会専攻で初等教育や子ども
を取り巻く社会について学んできた4年間についてお話
しいただきました。高校時代の経験が礎となり、自分の
ために学んだ大学生活を振り返り、今後はご自身が学ぶ
ことで少しでも人の役に立ちたいと思っています。と、
卒業後の目標を掲げられていました。

 最後に回生ごとの記念撮影を行い、厳かな空気の中で
2019年度西園寺記念奨学金・+R Challenge奨学金給
付証書授与式は終了しました。

 奨学生のみなさんが、より一層充実した学生生活を送
られることを、産業社会学部教職員一同心より願ってい
ます。奨学生の皆さん、おめでとうございます!

 ※成長支援型奨学金について詳細はこちらのページをご覧ください。
→http://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/regular-grow.html/

文責:産業社会学部事務室

20200110saionzi1

1回生


20200110saionzi2

2回生


20200110saionzi3

3回生


20200110saionzi4

4回生


オープンキャンパス

Posted on 2019.08.09

  2019年8月3日(土)、4日(日)に立命館大学オー
プンキャンパスが開催されました。

20190809oc2019_1

  産業社会学部では今年も学部紹介をはじめ、各専攻(現代
社会専攻、メディア社会専攻、スポーツ社会専攻、子ども社
会専攻、人間福祉専攻)紹介、ゼミ紹介、AO入試説明会など
を実施。
 在学生の経験談なども交えながら、学びの特色や取得でき
る資格、進路・就職状況など様々なお話をさせていただきま
した。
 
20190809oc2019_2

 以学館地下では個別相談会を実施いたしました。
会場に在席している在学生や職員がご来場いただいた皆様と、
専攻に関わることやカリキュラム、資格に関すること等、個
別にじっくりお話をさせていただきました。

20190809oc2019_3 

 厳しい暑さのなか、ご来場いただいた皆様、誠にありがとう
ございました。
 産業社会学部は社会について幅広く学ぶことができる学部で
す。複雑な現代社会の問題と向き合う力を、産業社会学部で身
につけませんか?
 みなさんのご入学を産業社会学部教職員一同お待ちしていま
す!


文責:産業社会学部事務室

2019年度ぜみねっと開催

Posted on 2019.07.22

20190719zemi01

 2019年7月1日 、以学館2階 Academic
 Studioにて産業社会学部所属の2回生を対象と
した専門演習クラス(ゼミナール)選びを支援する企画
「ぜみねっと」が開催されました。

 産業社会学部では、今年度の2回生より卒業するため
には専門演習クラス(ゼミナール)への所属が必要とな
りました。そのため、「どのゼミに所属するのか」とい
うことは、学生生活の中でもとても大きな選択の一つと
いえます。
 大切な選択を目の前に、後輩達が抱える不安や疑問を
解消したい。
 そのために、産業社会学会学生委員会によって開催さ
れたのが「ぜみねっと」です。

 
20190719zemi02

 当日、会場となる以学館2階のAcademic S
tudioには各専門演習クラス(ゼミナール)専用の
ブースが設置されました。
 主催である産社学会からの呼びかけに答え、後輩達に
自分のゼミを知ってもらいたいと会場に集った数は26
クラスにも及びます。各ブースには現役ゼミ生である3
回生達が1~3人ほどのグループになって座り、2回生
の訪れを待っていました。
 昼休みには多くの2回生が会場を訪れ、好奇心に顔を
輝かせながら各クラスのブースを回っていました。
 ゼミの雰囲気や先輩の研究内容など、ガイダンスや募
集要項だけでは分からないような部分を、各ゼミの代表
者から対談形式で気軽に聞ける今回のような機会は、2
回生たちにとって貴重な時間になったのではないでしょ
うか。


 こちらの「ぜみねっと」、各ゼミの特徴を知ってもら
うために秋学期にも開催予定とのことです。


文責:産業社会学部事務室

さまざまな節目を向かえ

Posted on 2019.06.05

 少し肌寒かった春が過ぎ、暑い日々が続いております。
春は節目の季節とも言われておりますが、立命館大学で
も多くの学生達が様々な節目を迎えています。

20190530sotugilyou1
 
 2019年3月20日には卒業式が執り行われ、多く
の学生たちが巣立ちの日を迎えました。
 学生生活最後の行事となる卒業証書授与式では、名前
を呼ばれた卒業生たちが少し緊張した面持ちで壇上へ向
かい、証書を受け取っています。

20190530sotugilyou2
 
 卒業式を無事に終えてからは学生委員会によって卒業
パーティも開催され、卒業生達の門出を祝いました。
 
20190530sotugilyou3

 4月1日からは新入生オリエンテーションが行われま
した。
 新しい生活のスタートに、期待に胸を膨らませた新入
生達の表情が印象的でした。

20190530sotugilyou4



文責:産業社会学部事務室

このページの上部へ