産業社会学部の新入生を紹介します~Vol.3~

Posted on 2017.05.29

前回に続き、産業社会学部に入学した新入生へのインタ
ビューを掲載します。
第3回目の今回は、スポーツ社会専攻の鈴木七生さんです。


<スポーツ社会専攻 鈴木 七生さん>

Q1. なぜ立命館大学、産業社会学部を志望したのですか?
もともとスポーツに興味があり、はじめはスポーツ健康科
学部を志望していました。しかし、スポーツ科学だけでな
くスポーツが社会の中でどのような役割をもっているか、
広い視点で学びたいと考えたとき、勧められたのが産業社
会学部でした。また、父に「私立大学ならいろんな人と出
会えるよ」と言ってもらったことにも背中を押されました。


Q2.関心のある分野、学んでみたいことは何ですか?
総合的にスポーツのことを学んでいきたいです。現在学ん
でいる中では、「ドーピング」や「体罰」など、スポーツ
の中で問題となっていることが興味深いです。
メディアにも興味があるので、ダブルメジャーでスポーツ
とメディアについても学びたいと思っています。
また、オリンピックがとても好きなので、オリンピックに
ついても3年後に向けて学んでいきたいです。4年間を無駄
にせず、多くのことを学んでいきます!


Q3.今後産業社会学部でチャレンジしたい事は?
海外に行ってみたいです。海外プログラムに参加して、言
葉だけでなく、文化や専門知識にも触れ、自分の考えを深
めたいと思っています。
4回生時には東京オリンピックが開かれるので、ボランティ
アなどを通して関わりたいです!
その他にも部活や障害者シンクロのボランティア、将来の
ための資格など…やりたいことはたくさんあります。


Q4.産業社会学部ってこんな学部!
本当にいろんな人がいる学部です。これまで女性でスポーツ
が好きな友人が少なかったのですが、スポーツ社会専攻では
同じ想いの人がいて、いい友達ができました。専攻もいろい
ろあるので、いろんな夢を持った人たちと語り合えることが
とても魅力です。


Q5.高校生へのメッセージをお願いします。
部活をしている人は、後悔しないように最後までやりきって
ほしいです。
大学を考えるときには、自分のしたいことが決まっている人
は、どんな学部なのかちゃんと調べて志望大学を考えてくだ
さい。夢の決まってない人は興味があることをしっかり考え
て、進路を決めてほしいと思います。

産業社会学部の新入生を紹介します~Vol.2~

Posted on 2017.05.15

前回に続き、産業社会学部に入学した新入生へのインタ
ビューを掲載します。
第2回目の今回は、メディア社会専攻の本郷修樹さんです。


<メディア社会専攻 本郷 修樹さん>

Q1.なぜ立命館大学、産業社会学部を志望したのですか?
もともと社会系の学部を志望していました。立命館大学の
卒業生である祖父から大学の話を聞いたことがあり、京都
や立命館大学への興味はありました。東京出身で、東京の
大学も志望していましたが、京都で一人暮らしできること
にも魅力を感じ、立命館大学の産業社会学部に来ることに
なりました。


Q2.関心のある分野、学んでみたいことは何ですか?
幼い頃からテレビを見ることが多かったため、テレビをは
じめとしたメディアについて興味があります。スポーツも
好きなので、メディアとスポーツとの関わりを学びたいと
考えています。スポーツ社会専攻の科目も履修してみたい
です。


Q.今後産業社会学部でチャレンジしたい事は?
海外留学です。半年か1年は海外に行って、語学力の向上
と、海外のメディアやスポーツについて学びたいと思って
います。
また、野球とスキューバのサークル活動も楽しみです。


Q.産業社会学部ってこんな学部!

基礎演習や語学のクラスで友達ができました!明るくにぎ
やかで楽しい学部です。また、自由度が高いのでいろんな
ことに挑戦している人がいます。自分でやりたいことを選
んで取り組める学部ですね。


Q.高校生へのメッセージをお願いします。
大学を選ぶときには、偏差値や大学の名前にこだわらず、
自分のやりたいことや興味のあることを大事にしてくださ
い。入試の受け方も、自分に合った受験方法を探してみて
ください。



産業社会学部の新入生を紹介します~Vol.1~

Posted on 2017.05.08

新年度に入り早くも一ヶ月が経過しました。
今回の「SanShaの風景」では、産業社会学部に入学した
新入生へのインタビュー(全5回)を掲載します。

第1回目の今回は、子ども社会専攻の本田明梨さんです。


<子ども社会専攻 本田 明梨さん>

Q.なぜ立命館大学、産業社会学部を志望したのですか?
A.将来小学校教員になるという目標があり、その資格課程があ
る大学をいろいろ調べました。その中で、施設が充実している
立命館大学の子ども社会専攻を志望しました。
また、高校でソフトボールをしており、大学でも全国大会を目
指したいという思いがあったので、部活動にも真剣に取り組め
る立命館大学を選びました。


Q.関心のある分野、学んでみたいことは何ですか?
A.いまは「子どもと社会」の授業を受けていて、子どもを取り
巻く社会問題などについて学んでいます。
小学校教員を目指していますが、小学校だけでなく、中学・高
校についても学ぶことで、教員としての学びを深めたいと考え
ています。


Q.今後産業社会学部でチャレンジしたい事は?
A.上の質問とも被りますが、小学校・中学校・高校の教員免許
取得にチャレンジしようと考えています。
部活動では、全国大会を目指して一生懸命練習しています。
また、子ども社会専攻や、他の専攻、他の学部など、いろんな
人と友達になりたいです!


Q.産業社会学部ってこんな学部!
A.本当にいろんな人がいて、楽しい学部だという印象です。こ
れからもっと魅力をみつけていきたいです。


Q.高校生へのメッセージをお願いします。
A.私は高校3年生のとき8月まで部活をしていて、それから進路
を考えることになったので、余裕がなく焦ってしまった時期が
ありました。早いうちからやりたいこと、進路を考えておくこ
とはとても重要だと思います。
また、将来やりたいことの方向性を持ったほうが、充実した大
学生活を送れるはず。夢を持ってがんばってください。


岡本茂樹奨学金表彰式を開催

Posted on 2017.04.11

 2016年度より実施された岡本茂樹奨学金の表彰式
を、3月29日(水)午前10時より、兵庫県尼崎市西難
波町にある岡本三重さん(故岡本茂樹教授のお母様・
寄付者)のご自宅にて行いました。



 表彰式には岡本茂樹奨学金の1人目の受賞者となっ
た斉藤祐奈さん(4回生)と、有賀郁敏学部長、永橋
爲介教授(受賞者の指導教員)、および佐々木浩二
事務長が参加しました。学部長挨拶、表彰状および
副賞の授与ならびに写真撮影、岡本三重さんへの論
文集贈呈、受賞学生より論文内容の説明、指導教員
からのコメント、寄付者との懇談を行いました。



 受賞学生である斉藤さんからは、執筆に向けた調
査活動や論文に込めた思いが語られました。永橋教
授からは、岡本茂樹奨学金制度に向けた学生達の取
り組みや、岡本教授の実践が学生達のなかに生きて
いることが説明されました。有賀学部長からは、岡
本教授のご遺志や思いが産業社会学部のなかに生き
ており、これからもこの取り組みをさらに発展して
いくことなどが語られました。岡本三重さんは、
「息子の思いがこのような形で生かされているとい
うことで、たいへん嬉しい」と感激されていました。




岡本茂樹奨学金 奨励賞
齋藤 祐奈 建設時ならびに建設後にみる福祉施設と地域の関係性


文責:産業社会学部事務長 佐々木浩二

新入生オリエンテーション

Posted on 2017.04.07

4月1日より新入生オリエンテーションが始まりました。
前日の雨が嘘のように春らしい陽気のなか、900名を超
える新入生が産業社会学部に入学しました。



初日は、各専攻に分かれ「新入生歓迎式」として、これ
から立命館で学んでいくための知識や心得を専攻の教員
や事務室の職員より説明を行いました。専攻の上回生か
らも、大学での学びの紹介とアドバイスがおくられまし
た。また、産業社会学部長 竹内謙彰教授より、祝辞が
述べられました。



2日の入学式をはさみ、3日からは「大学・産業社会学部
での学びについて」「受講登録の方法」などの全体ガイ
ダンスに加え、基礎演習のクラス懇談会、さらに各種ガ
イダンスと連日ハードなスケジュールとなりました。
新入生は緊張した表情で話を聞いていましたが、日に日
に笑顔が増え、新たな学生生活への期待に満ち溢れてい
る様子でした。



いよいよ2017年度の授業が始まりました。
これからの4年間、充実した学生生活を送れるよう教職員
一同心よりお祈りいたします。



新入生の皆さん、ようこそ立命館大学産業社会学部へ!

文責:産業社会学部事務室

このページの上部へ