直島・豊島でのアートをめぐる合宿

Posted on 2018.12.10

 2018年9月16日から18日にかけて、香川県の
豊島と直島で仲間裕子先生ゼミの合宿が行われました。
 20181206nakama3
  私たちのゼミには、芸術に興味を持ち、学びたい学生
が集まっています。豊島や直島は、瀬戸内海のアートの
拠点となるべく、現代美術を中心にした美術館が集まっ
ています。私たちは、3日に渡って内藤礼の作品である
豊島美術館をはじめとして、直島の安藤忠雄の設計によ
る地中美術館、街全体がアート作品になっている家プロ
ジェクト、現代アート作品が収集されているベネッセア
ートミュージアム、彫刻家であるイサム・ノグチの元ア
トリエであるイサム・ノグチ庭園美術館を訪れ、芸術に
親しみました。
 概ね天気にも恵まれ、美しい海を臨む美術館で刺激的
な体験をすることができました。
 
20181206nakama2

 ゼミ生の声を紹介します。



「今までは、美術館といえば壁に絵が掛けられていて、
それを歩いて見て回るというイメージがあったのですが、
豊島美術館は衝撃的で、空間に水が流れているのをただ
眺めるというものでした。そこでは時間の流れがとても
ゆっくりで、心が浄化されました。また、どの街も自然
であふれていて、やはり人間には自然が大切なんだとい
うことが再確認できました。
 私は、ゼミでアートについて学ぼうと思っており、特
に色彩の分野に興味をもっています。豊島と直島にはカ
ラフルで、色彩豊かな作品もあり、色の使い方を学ぶこ
とができました。自身の学びに繋がる新しい発見がたく
さんあり、色々な角度から色彩に触れるためのてがかり
がたくさんあって、もっと色彩について学びたいと思い
ました」

(メディア社会専攻三回生 福留 真帆)



「豊島美術館に受けた衝撃は大きかったです。豊島美術
館が、特別な展示品ではなく、水たまりと静けさそのも
のを展示しているのが斬新でした。豊島の中で美術館は
一際浮いて見える建物でしたが、内部の静閑な雰囲気が
実は環境ににつかわしく面白く思えました。豊島美術館
のドームは集音性にも優れていて、季節によって自然の
移ろいとともに、美術館の持つ色合いは変わるというの
です。蝉の声に木々のざわめきが夏とすれば、他の季節
はどんな音が聞こえるのでしょうか。この美術館は、何
気なく過ぎる季節を今一度私たちが踏みとどまって確認
させることを促すように思いました。
  私は芸術の中でも絵画に興味がありますので、2日目
の地中美術館のモネの作品から受けた衝撃は尋常ではあ
りませんでした。モネは、視力を失っても色彩感覚を身
につけていたといいます。そのことには感嘆しました。
モネの蓮を主に描くスタンスでの作品の見せ方は大変後
学のためになりましたし、それ以外の現代アートにおい
ても、大変見識が拡がったように感じています。最終日
のイサム・ノグチの、石に美しさを感じる感性に触れ、
自然にひそむ美を感じ、アートに活かせる感性の素晴ら
しさを体得できました」

(メディア社会専攻三回生 安部 修平)



「今回の合宿では、様々な美術作品を鑑賞し、アートと
コミュニティの関係性について学ぶことができました。
特に、直島の家プロジェクトは、空き家を改造して美術
作品としていて、古い町並みと現代アートの調和を感じ
ることができました。このような伝統と現代的なアート
の調和という独特な世界観が見る人をひきつけ、沢山の
観光客を集め、地域活性化に繋がっていると感じました。
伝統的なものや自然など、その土地を生かした芸術作品
やプロジェクトがより人と地域との結びつきを強めるこ
とを学びました。
 自然を生かしたアートや、伝統を残しつつ現代社会の
人々を魅了する芸術を作り上げていくことが、人と地域
の結びつきを強くしていくことを学んだので、新しいも
のだけに目を向けるのではなく、伝統が伝えようとして
いる思いや考えを大切にして、今後の研究を進めていこ
うと思います」

(スポーツ社会専攻三回生 佐久間 瑞季)

20181206nakama

 ゼミ生の皆さんは、それぞれの関心に引きつけて今回
の合宿を楽しめたようです。この体験が今後の学びに活
きていくことを願っています。
 

文責:T A橋本真佐子(先端総合学術研究科)
写真:メディア社会専攻三回生 福留真帆

2018年スポーツ社会専攻ゼミ合同発表会の開催

Posted on 2018.12.05

  産業社会学部2回生のゼミナール選考も終盤に差し掛
かる頃、スポーツ社会専攻では同専攻や学部共通のゼミ
に所属する3・4回生を中心に合同研究発表会を開催し
ています。 
  今年度は11月24日(土)に開催され、朝から9時間の
長丁場ではありましたが、会場の準備や司会進行、後片
付けに至るまで、学生たちがゼミ長を中心に優れたマネ
ジメント力を発揮し、すばらしいイベントとなりました。
 本企画は、①基礎演習やゼミといった小集団演習の活
動の報告・情報共有を行いスポーツ社会専攻の学びの深
化を図ること、②ゼミ間の垣根を越えた発表会での討論
を通じて、各ゼミ間のつながりをつくること、③卒業論
文の執筆に向けて個人やグループの研究を深化させるこ
と、を大きな目的としています
 当日は、専攻長による開会のあいさつからはじまり、
全体で22組の発表がありました。その内容は、e スポ
ーツの興隆の背景を探る研究から、新しいスポーツを創
作する取り組み、インクルーシブなスポーツイベントの
実態調査、J リーグのクラブと地域アイデンティティの
関係、サッカーにおける対物認知や予測のメカニズムな
ど多岐にわたり、ゼミや研究の多様さや幅広さを表して
います。
 今年度は、少ないながらも1回生や2回生の参加者も
みられ、下回生が1、2年後の研究を具体的にイメージ
できる機会をつくれたことは、これから卒業研究が必修
化される中で大切な意味を持つと考えられます。また、
今年はそれぞれの研究発表の際も活発な質疑応答がなさ
れ、たいへん有意義かつ賑やかな会でした。

20181205matsushima

文責:スポーツ社会専攻 松島剛史(准教授)

スポーツ社会専攻:「第27回障害者シンクロナイズドスイミングフェスティバル」のボランティア

Posted on 2018.09.05

  パラリンピックの開催は、障害者への社会的関心を引
き出しつつ、当事者、競技団体、地域スポーツを推進す
る諸組織に多大な影響を及ぼすと言われています。2020
年東京パラリンピック開催まで2年を切り、各種メディ
アを通しては、以前よりも障害者スポーツの話題に触れ
る機会が増えています。また、9月からは、東京オリン
ピック・パラリンピックの大会ボランティアの募集が始
まります。

 スポーツ社会専攻では、スポーツの現場に実際に携わ
り、スポーツの持つ意味や役割を肌で感じることで、専
攻での学びを深めたいという考えのもと、毎年課外活動
の一環として「障害者シンクロナイズドスイミングフェ
スティバル」でのボランティア活動に取り組んでいます。
今年も、5月12日(土)、13日(日)に京都市障害者スポ
ーツセンターで開催された、「第27回障害者シンクロナ
イズドスイミング・フェスティバル」の会場設営や運営
補助に、スポーツ社会専攻に所属する1回生から4回生の
有志学生の約50人とスポーツ社会専攻の教員5人が参加
しました。



 この障害者シンクロは、性別・年齢・障害の有無に関
わらず誰もができるシンクロナイズドスイミングを通じ
て、障害の種別を超えた自己表現を可能にしています。
障害の有無に関わらず参加できる大会は、「する」「み
る」「ささえる」という参与形態を包含しながら、スポ
ーツを通したインクルーシブな環境を作り上げています。
大会には、日本全国からのチームに加え、アメリカ、ブ
ラジル、イタリア、メキシコ、台湾からも選手が出場し
ており、特に、2017年水泳世界選手権シンクロナイズド
スイミングの混合デュエットで優勝した、イタリアのジ
ョルジョ・ミニシニ選手がダウン症の女子選手と組んで
出場したデュエットは、目を見張るものがありました。
 今回、スポーツ社会専攻の学生が行なったボランティ
アの内容は、前日からの会場設営、リハーサルの補助、
当日の受付、進行、アナウンス、音響、式典・招集、救
助介護等多岐にわたりました。参加した学生たちは皆で
力を合わせて、大会の成功へ大きく貢献しました。スポ
ーツ社会専攻では今後もこの大会のボランティアを継続
して行っていく方針であり、授業だけではなかなか学ぶ
ことの出来ない、スポーツイベントの運営や意義、そし
てボランティアの役割について、身を持って経験しても
らいたいと考えています。



 参加した学生からは、「障害のある方もない方も今ま
で練習してきたことを発揮し、シンクロを楽しんでいる
という印象を持ちました」「たくさんのボランティアス
タッフに支えられながら大会が成り立っていることを実
感しました」との感想が寄せられ、特に初めて参加する
1回生は、今回のように「スポーツを通して様々な方に
接する機会は貴重な経験になる」と意欲的に取り組んで
いました。



(大会を主催している「日本障害者シンクロナイズドス
イミング協会」は、2018年6月に 「日本パラアーティス
ティックスイミング協会」に名称変更しました。)

文責:スポーツ社会専攻 金山千広 教授

2018年オープンキャンパス

Posted on 2018.08.10

 2018年8月4日(土)、5日(日)に立命館大学オープンキ
ャンパスが開催されました。
  産業社会学部では学部紹介を皮切りに、各専攻(現代社
会専攻、メディア社会専攻、スポーツ社会専攻、子ども社
会専攻、人間福祉専攻)紹介、AO入試説明会などを実施。
学びの特色や、取得できる資格、進路・就職状況について
在学生の経験談なども交え、お話させていただきました。
 




 以学館地下では、個別相談会を実施しました。在学生と
職員が在席し、専攻に関わることやカリキュラム、資格に
関すること等、ご来場いただいた皆様からのさまざまなご
質問にお答えしました。


 
 厳しい暑さのなか、ご来場いただいた皆様、誠にありが
とうございました。
 産業社会学部は社会について幅広く学ぶことができる学
部です。複雑な現代社会の問題と向き合う力を、産業社会
学部で身につけませんか?
 みなさんのご入学を産業社会学部教職員一同お待ちして
います!


立命館大学産業社会学部 2019年度学部パンフレット





産業社会学部事務室




産業社会学会:アドバンストセミナー開催報告

Posted on 2018.07.19

 産業社会学会では2018年度アドバンストセミナーを7月
5日(木)・9日(月)の2回に亘って以学館1階の産業社
会学部事務室前フロアにて開催しました。
「アドバンストセミナー」とは産業社会学会主催で院生
・オーバードクター(OD)・教員の研究報告に関する発
表を目的としています。 2018年度春学期は、大学院生1
人、教員1人の発表が行われました。

 7月5日(木)は、『ビジネス誌で語られる「望ましい振
舞」 ―対人関係の技法を社会学する―』と題して社会
学研究科の谷原吏さんが発表を行いました。ビジネス誌
「プレジデント」を題材とし、対人関係の技法を社会学
的に分析することの面白さを伝えるとともに、分析の結
果から、「ほんものらしさ」が振舞の規範として求めら
れているのではないかと報告しました。

 

 7月9日(月)は、『モダニティを体験してみる』と題し
高橋顕也准教授が発表を行いました。高橋准教授は2018
年度に産業社会学部へ着任されたばかりであり、新任教
員の研究報告も兼ねての開催となりました。ワークショ
ップを交え、参加者の実体験を元に社会学とは何かを問
う発表となりました。


 
 昼休み時間帯での開催となるため、参加者にはおにぎ
りとお茶が配布されました。梅雨の時期ということもあ
り、暑い中ではありましたが、学部学生のほか、大学院
生や教員の参加もありました。アドバンストセミナーは
教員や大学院生の研究内容に気軽に触れることができる
機会として、今後も継続して開催したいと思います。


文責:産業社会学会 事務局


このページの上部へ