子ども社会専攻:ランチタイムコンサート

Posted on 2018.04.04

  子ども社会専攻ランチタイムコンサートは、「音楽Ⅰ」
「音楽科教育法」の音楽学習成果発表会として、学生が
主体となって自分たちでつくりあげるコンサートです。
オープニングの全体合唱は、「さんぽ」(中川 李枝子
作詞/久石 譲 作曲/富澤 裕 編曲)でした。その後当日飛
び込み参加のヴァイオリン演奏、ピアノ独奏(「あの日の
川」~「千と千尋の神隠し」~久石 譲 作曲)、クラリネ
ット独奏(「世界の約束」~「ハウルの動く城」より~木
村 弓 作曲)と続き、最後は2回生(「道」)、3回生(
「Love,Dream & Happiness」)のそれぞれのクラスの合
唱で締めくくります。みなで音楽を楽しむ時間を共有しま
した。

(産業社会学部教員 笹野恵理子)




  子ども社会専攻「ランチタイムコンサート」も今回で8回
目を迎えることができました。
今回も、「音楽Ⅰ」「音楽科教育法」の音楽学習成果発表会
として混声合唱をはじめとして、ヴァイオリン独奏、ピアノ
独奏、木管(クラリネット)独奏など、学生たちが主体となっ
て作り上げた大変充実したプログラムとなりました。「音楽
Ⅰ」と「音楽科教育法」クラスによる混声合唱では、授業内
の限られた時間の中でしたが、表情豊かに歌い上げることが
できました。出演者からは、「中高以来の合唱で懐かしい気
持ちになった」等喜びの声が数多く寄せられ、素晴らしいス
テージとなりました。個人発表では、出演した学生の普段見
られない顔が見られ、ピアノ、ヴァイオリンやクラリネット
独奏など充実したプログラムとなり大盛況でした。
私にとっては、学生たち皆でつくりあげる音楽学習成果発表
会に関わることも今回が最後となりました。寂しくなります
が、ここでの経験や感動が教育現場で存分に活かされていく
ことを願い,今後も応援していきたいと思います。

(小学校教員養成課程 サポートセンター 佐藤 真由子)



 
 この「ランチタイムコンサート」は、私の学生生活のなか
でとても貴重な経験となり、楽しむことができました。
 この日のために、音楽発表や合唱の練習に励み、当日は各
々の成果が出せたのではないかなと思います。クラスの合唱
では、普段クラスが一つとなって何かをする機会はなかった
ため、練習時だけでなく、本番も和気藹々と、合唱の大切な
点を意識しつつ歌うことができました。会場全体が音楽の素
晴らしさを体感することができ、「音楽が楽しい」と感じる
ことができたと思います。教育現場でも、この経験を生かし
て、子どもたちに音楽の素晴らしさや楽しさを気づかせてあ
げられるような活動をしていきたいと思います。

(子ども社会専攻 小川 順平)





講演会「障がい者スポーツと共生の作法」の開催:スポーツ社会専攻企画

Posted on 2018.04.04

 2017年10月11日(木)基礎演習後のサブゼミの時間を利用
し、学生団体「ウィルチェアーラグビーサポートプロジ
ェクト」とスポーツ社会専攻のコラボレーション企画と
して、衣笠体育館で専攻企画講演会を開催しました。今
回は、9月に大阪いばらきキャンパスで開催したウィルチ
ェアーラグビー日本選手権大会予選リーグAでお世話にな
った、大阪のウィルチェアーラグビーチーム「HEAT」か
ら永易雄選手をお招きし、「障がい者スポーツと共生の
作法」をテーマにご講演いただきました。ウィルチェア
ーラグビーを初めて知る1回生を対象に体験会とトークシ
ョーを行い、競技の魅力や共生社会の在り方を考える内
容となりました。



 車イス体験会では、日常用の車いすと、車いすバスケッ
トボールやウィルチェアーラグビーで使われる競技用車
いすの違いなどについて説明を受けた後、1回生が実際に
車イスに乗って、永易選手と「鬼ごっこ」のようなゲー
ムをしました。永易選手1人に対して数名の学生という有
利な状況にも関わらず、学生はなかなか捕まえることが
できませんでした。
 永易選手は一つ一つの動作がとても速く、参加者はその
巧みな動きに驚きながら体験会を楽しんでいました。障
がい者と健常者であったとしても、ちょっとした工夫で
みんなが楽しめるということを実感できました。永易選
手も、「日常生活も同様、障がい者と健常者が一緒に生
活できる方法を考えて工夫すれば全て上手くいくことが
できる」と語っておられました。
 トークショーではお仕事からプラベートまで、学生から
の質問に幅広く答えて頂きました。行きたい所や遊びに
行く場所は、遊園地や水族館など健常者と同じであるこ
と、公共施設の多機能トイレがハロウィンなどのイベン
トの更衣室として使われている現状に対し不満をもった
ことなど、ご自身の日常を中心に振り返って答えてくだ
さいました。特に印象的だったのは、「世間では障がい
者には何もできないというイメージがあり、全てのこと
に対して助けが必要であると認識されがちだ」というこ
とでした。「自分のできることはやるし、できないこと
に対して助けを求める。
逆に障がい者であっても困っている人がいたら助けるの
が当たり前。人として当たり前に助け合いができる社会
が共生社会です」。何か問題があれば共に解決策を考え
る、助けが必要であれば助け合う。当たり前なことです
が、改めてこの「当たり前」が共生社会において重要で
あることを感じました。



 いよいよ2年後に東京パラリンピックが迫ってきており、
永易選手自身も1人のアスリートとして出場を目指されて
います。一時的なものではなく、パラリンピック後も持
続的に注目されるように努め結果を残し続ける姿に、感
じるものがありました。今回の講演会は社会におけるス
ポーツの在り方や意義を学ぶ学生にとって改めてスポー
ツが及ぼす影響、また障がいのある人々と共に生きる社
会とはどのようなものであるか理解を深める機会でした。
今後もウィルチェアーラグビーのさらなる発展を願い、
私たち学生もサポートしていきたいと思います。


文責:白土涼子(スポーツ社会専攻3回生)
        松島剛史(准教授)


産業社会学部ウィルチェアーラグビープロジェクト: 日本選手権大会予選リーグA及びウィルチェアーラグビーを知る地域交流イベント@OICの開催

Posted on 2018.3.15

 ウィルチェアーラグビーというスポーツをご存知でしょうか。
障がい者スポーツの祭典であるパラリンピックの競技種目の一
つであり、日本代表チームが前回のリオ大会で銅メダルを獲得
したことから、2020年東京大会に向けて注目を集めている競技
です。
私たち産業社会学部2・3回生の有志団体「ウィルチェアーラグ
ビープロジェクト」は、ウィルチェアーラグビーやアダプテッ
ド・スポーツの普及等に関わり、余暇・スポーツの観点から、
「人々が障害の有無にかかわらず共に生きる社会とはどうある
べきか」「課題や解決すべき問題はなにか」を考えるPBLです。
私たちのプロジェクトと産業社会学部、日本ウィルチェアーラ
グビー連盟、茨木市の連携により「第19回ウィルチェアーラグ
ビー日本選手権大会・予選リーグA」を立命館大学大阪いばら
きキャンパスに招致し、2017年9月23・24日(土・日)に開催す
ることができました。
私たちが今回のイベントで目指したのは、ただ競技会の運営を
サポートするのではなく、多くの市民が障がい者スポーツに関
わる機会を生み出し、「する・みる・ささえる」人々の輪を広
げながら、誰もが輝けるインクルーシブな社会づくりについて
考えるコミュニティを作るということでした。そのため、競技
のほかに「ウィルチェアーラグビーを知る地域交流イベント」
を開催しました。



 23日は予選リーグAの公式試合を開催し、TO(Table Official)
やチームのサポート、受付、案内などの試合運営のサポートを
行いました。24日も予選リーグに出場したチームによる熱戦を
サポートしながら、地域交流イベントとして、アダプテッド・
スポーツ体験会、選手のトークショー、メダリストとの記念撮
影等の交流企画、ウィルチェアーラグビー体験会、来場者たち
が参加チームに贈る横断幕を作る企画を行いました。





 アダプテッド・スポーツ体験会では、ゴールボール、ビーンバ
ッグ、ボッチャのブースを設置しました。アダプテッド・スポ
ーツは性別、年齢、体力に関わらず誰でも参加できるので、小
さな子から車いすの方、年配の方まで多くの人々が楽しんでお
られました。またトークショーでは、今井友明選手(RIZE)、マ
ット・ルイス選手(Okinawa Hurricanes)に協力いただき、障が
い者スポーツを始めたきっかけや魅力、アスリートとしての想
いなど、いろいろなお話を聞くことができました。リオ・パラ
リンピックのメダルを持参してもらっておこなった写真撮影会
は順番待ちの行列ができるほどの人気で、来場者の笑顔がとて
も印象的でした。永易雄選手(HEAT)によるウィルチェアーラグ
ビー体験会は、たくさんの子どもたちや親御さんに参加してい
ただきました。選手たちは走ることができませんが、私たちが
車いすに乗るだけで同じスポーツを一緒に楽しめるということ
を体感できたのではないかと思います。加えて、茨木市立障害
者就労支援センター「かしの木園」に出店してもらい、障がい
のある人びとの就労や労働に触れる機会ともなりました。



 私たちは、本プロジェクトを通してウィルチェアーラグビー
の魅力と現状を知ると同時に、主体的にボランティア活動をす
る難しさも知りました。この経験や知識、課題を活かして、今
後の障がい者スポーツの普及・発展に貢献できるよう活動を続
けていきたいと思います。
なお、これまでの活動や当日の詳しい様子、試合の動画などは、
「Radio Mix Kyoto FM87.0MHz(番組名:ゼミラジ17)」や、
Twitter、Instagramで配信していますので、ぜひ一度ご覧くだ
さい。( ユーザー名 :@RisxWCR )
 最後に、日本ウィルチェアーラグビー連盟、茨木市、産業社
会学部、立命館大学の教職員・スタッフをはじめ、このプロジ
ェクトにご協力をいただいた皆さまに、この場を借りて心より
御礼を申し上げます。

文責
スポーツ社会専攻3回生 廣川晴海
スポーツ社会専攻 松島剛史(准教授)

スポーツ社会専攻企画:「キャリアイメージ形成」スポーツに関連した仕事の実際~先輩の話を聞いてみよう

Posted on 2018.01.10


2017年12月14日(木)に以学館2号ホールにて、スポーツ社会
専攻企画の講演会を開催しました。今回は卒業後のキャリア
イメージ形成をテーマに夢や目標を持って生き方や生活を考
え、社会の現実をふまえながら、将来を設計する力を磨くこ
とを目的に、「生き方・キャリアモデル研究」のビジョンア
プローチの観点から、以下の3人の卒業生をお招きしてご講演
をいただきました。

上田裕子さん 2011年卒 つくば国際スポーツアカデミー (TIAS)
西川晃伸さん 2012年卒(株)ルーツ・スポーツ・ジャパン
伊東壮大さん 2014年卒(株)阪神コンテンツリンク

講演では、キャリアイメージを踏まえた学生時代の過ごし方、
スポーツ関連の仕事に巡り合うためのアプローチ、仕事とし
てイベントの企画・運営に携わる現状を中心にお伝えいただ
きました。
上田裕子さんからは、2020年東京オリンピック・パラリンピ
ックムーブメント「Sport for Tomorrow」の一環として筑波
大学に開設された「国際スポーツ人材育成拠点の構築:TIAS」
で実施しているスポーツを通した国際開発分野のイベント企
画・運営の現状や、体育会に所属していた学生時代から海外
の大学院進学を選択した経緯をお伝えいただきました。ケニ
ア、ブラジルなどの発展途上国におけるスポーツイベントの
マネジメントに携わっていることから、学生時代に国籍やバ
ックグラウンドが異なる友人を得ること、海外に出向いて多
文化に触れる機会を確保すること、また外国語習得の大切さ
をお伝えいただきました。
伊東壮大さんからは、在学時にスポーツ社会専攻の海外プロ
グラム「サンディエゴ研修プログラム(当時)」に参加して、
街と一体化したMLBの球場経営に感銘を受け、プロ野球球団経
営に関わる仕事に就きたいと思ったこと。プロスポーツに関
わる仕事は新卒採用が厳しいことから、一旦フィットネス企
業に就職後現職への転職が成功したこと。夢をかなえた現在
の仕事内容では、阪神甲子園球場および阪神タイガース関連
のスポンサー営業・企画に関わる具体的内容をお話しいただ
きました。
西川晃伸さんからは、やはり「サンディエゴ研修プログラム
(当時)」を経て将来のビジョンを考えるようになり、ラン
ニングや自転車で地域スポーツイベントを牽引したいという
思いから、スポーツ行政の現場に飛び込んだこと。その後情
報が集まりやすい東京に活動の場を移して、ベンチャー企業
で市民参加型スポーツイベント(主にランニング、自転車)
の企画・運営を担当している現状をお伝えいただきました。
在学生と比較的年齢が近い3人の講師のお話はいずれも分かり
やすく、参加した学生たちに響いたようでした。講演後には
「卒業後はスポーツの企画に関連する仕事に就きたくてもど
んなアプローチが有効か分からなかった。今回の先輩のお話
で、大学生活を含めた将来を考える機会になった」、「なか
なかイメージがわき難いプロスポーツ球団に関わる仕事につ
いて知ることができる良い機会だった」、「国際的な視野に
立った仕事がしたいので、仕事の内容を具体的に知ることが
出来て良かった」というような卒業後のキャリアへの展望が
語られました。卒業後をイメージしながら、スポーツビジネ
ス関連の職業に就く上で必要となるキャリア形成を再考する
きっかけになればと思っています。




文責:スポーツ社会専攻 金山千広 教授

産業社会学会:共同研究助成制度の研究成果発表会を実施しました

Posted on 2017.12.25

産業社会学会学生委員会では11月上旬から12月の中
旬にかけて共同研究助成制度申請団体による研究成
果発表会を以学館1階の産業社会学部事務室前フロア
にて開催しました。
「共同研究助成制度」とは産業社会学会学生委員会
が学部生を対象に行っている助成制度のことで、ゼ
ミや正課授業、自主ゼミへ共同研究・共同活動費の
一部を援助することにより学術活動への制限を減ら
し、幅広い活動を可能にすることを目的としていま
す。本発表会によって、助成団体がどのような研究
をしているのかを知り、専門的な学問域に視点を向
ける機会を学部生に提示するとともに、特に学部2
回生には次年度以降のゼミ活動に参加するうえで、
ゼミ生の発表を参考とし、専門的な研究を掘り下げ
るきっかけにしてもらいたいという趣旨のもと開催
いたしました。
今回初の試みとして産業社会学部の教員を発表会に
お招きし、教員の視点からさまざまなご意見をいた
だきました。学生だけでなく、教員の参加によりま
た違った視点からの見解を共有することができ、よ
り質の高い発表会となりました。





以学館の事務室前のフロアで開催することにより、
通りすがりの人でも足をとめて気軽に参加できるよ
うな催しとなり、発表学生と聴講学生、教員との距
離が近く、普段では質問しにくいこともできるよう
なオープンな場になりました。
「学問を深める」材料として「学生が自ら学びたい」
と思う「主体性」に勝る物はないと思います。私た
ち学生委員会は学生の「主体性」を尊重し、学生が
主体的に学問を深めることができる場を今後も提供
していきたいと考えています。







最後に、本発表会に際し、産業社会学部事務室や産
業社会学部教員の方々、その他多くの方々の協力を
得て開催させていただきましたことに感謝いたしま
す。


文責:現代社会専攻2回生 海汐勇一
   (産業社会学会学生委員会)


このページの上部へ