1. HOME
  2. 研究科紹介
  3. RBSの特色

RBSの特色

MBAのミッションでもある「未来を切り拓く次世代のビジネスリーダー」を育成するために、RBSの教育の場には、実務と学術の両輪、すなわち、「実務と学術の両利きの教育」の機会、実践知を育む機会、多様性(diversity and inclusion)を育む機会、ネットワークを構築する機会を用意しています。実務家のプロフェッショナルの教員(プラクティショナー)は実践で活かすことができる知を、学術のプロフェッショナルの教員(アカデミクス)は、研究成果と実践を行ったり来たりすることができる知を提供しています。実践で使える学術的フレームワークを教えることだけがMBAの教育ではないからです。
MBAの修了生は、これらのMBAでの学びを実務に結びつけることができるからこそ、“MBAホルダー”としての人材の価値が高まるのです。

MBAのミッションについて

MBA(Master of Business Administration)は、学位です。したがって、MBAの課程を修了すると、「経営学修士(MBA)」が授与されます。しかし、現実的には、MBAを取得した人材(“MBAホルダー”)だからといって、社会で「市場価値が高い人」と評価されるわけではありません。「MBAホルダーである」というだけでは、“flash your badge”(栄光の称号)には、ならないのです。
それは、MBAのミッションが、「未来を切り拓く次世代のビジネスリーダーを育成することにある」ということに深く関係しています。「未来を切り拓く次世代のビジネスリーダー」には、①物事の本質を見抜く力、②世界の潮流を読み解き、自分なりの未来を創造する力、③自ら考え抜き、覚悟をもって意思決定する力、が備わっています。MBAには、これらの力を滋養するための教育プログラムが用意されているのです。そのため、MBAを修了した“MBAホルダー”には、これらの力が備わっていなければ、「市場価値が高い人」として評価されないのです。

カリキュラムの特色

カリキュラムの特色

RBSは、ビジネスを創る力を育むカリキュラムを用意しています。たとえば、一般にMBAのコア科目といえば、「ファイナンス」や「マーケティング」が典型ですが、RBSでは、それらに加え、「ビジネス創造」(経営管理専攻)や「サービスイノベーション」(観光マネジメント専攻)という創造に焦点を置く科目を設置しています。

教育方法の特色

教育方法の特色

RBSでは、講義形式の利点を尊重しつつも、院生同士の密度の濃いディスカッションを教育方法の基礎に据えています。具体的には、多くの科目で以下2つの方法を導入しています。

ケースメソッド

教員が作成したオリジナルケースや著名なケースを用いて、マネジャーや起業家が直面するリアルな状況に身を置き、意思決定の擬似体験を積みます。状況の性質やありうる選択肢についてグループ、またクラス全体でディスカッションすることで、ビジネスを俯瞰的にとらえる力や判断力を磨きます。

「創る」ことを中心とする課題やグループプロジェクト

担当教員やゲストが投げかけるお題にもとづいて、主にグループ単位で、新しいアイデアやスキーム、戦略を創ることを実践します。ここでは、背景の異なるメンバーと一緒にディスカッションを重ね、多様なアイデアを統合してくことが求められます。なお、院生の背景の多様性は、歴史的にRBSの一つの特徴でもあります。

教員・指導体制の特色

教員・指導体制の特色

RBSの教員は、ビジネスについて科学的な探究を行う一流の研究者教員と、実務の一線で活躍する実務家教員から構成されています。前者は主に理論的視点や概念を、後者は実際的な知見をカバーすることで、院生は2年間かけてバランスの良い素養を身につけることができます。
また、RBSには、一人ひとりの院生の学修をサポートする、面倒見のいい体制があります。その一つが、最適な履修やゼミ選択を導くための履修アドバイザー制度です。担当の教員は、一人ひとりと時間をかけて面談を重ねてキャリアビジョンをつくる支援を行いながら、履修やゼミ選択をガイドします。所属ゼミが決まった後は、指導教員と二人三脚でリサーチを進めていきます。

履修・通学の利便性

履修・通学の利便性

社会人が仕事をしながら2年間学びを継続させるうえでは、履修・通学の利便性が重要です。RBSの社会人向けプログラムでは、土曜日だけでなく日曜日にも多くの科目を開講しているため、土日の履修だけでも修了可能です。平日の履修についても、履修登録はおよそ2ヶ月間のクォーターごとであり、仕事の繁忙に応じた履修が可能です。
また、社会人院生については、経営管理専攻では部分的に、観光マネジメント専攻では全面的にリモート受講も導入しています。メインキャンパスは大阪梅田の中心に位置する富国生命ビル内にあり、最高の通いやすさを提供しています。