ニュース(経済支援型奨学金)

日本学生支援機構給付奨学金(新制度)【在籍報告・2022年10月】のお知らせ

日本学生支援機構給付奨学金(2020年度からの新制度)を受給中の方は
採用時にもお伝えしています通り、毎年4月・7月・10月に在籍状況や通学形態等を報告する
「在籍報告」を行う必要があります。


※この手続きを怠ると、2022年11月より給付奨学金の振込が止まります。


【提出方法】
  スカラネット・パーソナル ログインページ(日本学生支援機構提供のポータルサイト)

 入力期間:2022年10月3日(月)~2022年10月6日(木)
      2022年11月4日(金)~11月28日(月)23:59
 
          

対象者
   日本学生支援機構給付奨学金(新制度)奨学生(令和4年9月までに採用された方
 ※休学中・停止中で、振込みが止まっている方もこの手続きが必要です。
 ※支援区分外や民間財団との併給のため停止中の方もこの手続きが必要です。

【給付奨学金 在籍報告 手続方法】
  1. 『在籍報告(兼通学形態変更届)』の提出(入力)手続き(PDFファイル)を確認する。

  2. スカラネット・パーソナル ログインページ(日本学生支援機構提供のポータルサイト)から入力する。
    スカラネットパーソナルの利用には登録が必要です。
    未登録の方は、『スカラネット・パーソナルのご案内』(PDFファイル) を確認のうえ、登録を行ってください。
    ※日本学生支援機構貸与奨学金と併用の方は、貸与で登録中のID・passでログインしてください。

  3. 入力完了後に表示される受付番号は、スクリーンショットを撮るなどして必ず控えてください。


  4. 【注意事項】
    今回の在籍報告において報告された生計維持者の情報は、
    2022年10月の支援区分の確認(見直し)に適用されません。

    ☆通学形態を自宅→自宅外に変更される場合☆
       在籍報告では、「自宅通学」から「自宅外通学」への通学形態の変更はできません。
       以下の二点を提出してください。
       ・「通学形態変更届兼自宅外証明書送付状」(PDFファイル)
       ・自宅外通学の証明書類(賃貸借契約書のコピー、入寮許可証等のコピーなど)
       ※変更が無い場合は、書類提出は不要です。
       ※日本学生支援機構にて審査完了後に、自宅外月額に変更されます。

    ☆通学形態を自宅外→自宅に変更される場合☆
       「自宅外通学」から「自宅通学」への変更は在籍報告にて可能です。


    以上
    ------------------------------------------------------------------------------------

    《問合せ先》
    【衣笠、朱雀キャンパス】  衣笠学生オフィス<研心館2F>  Tel:075-465-8168
    【びわこ・くさつキャンパス】BKC学生オフィス<セントラルアーク1F> Tel:077-561-2854
    【大阪・いばらきキャンパス】OIC学生オフィス<AS事務室内1F>    Tel:072-665-2135
     平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)