ニュース(経済支援型奨学金)

2022.12.05

2022年度 日本学生支援機構 給付奨学金 継続手続きのお知らせ



日本学生支援機構 給付奨学金を受給している方は、毎年継続手続きをする必要があります(2023年3月に満期を迎える方を除く)。

継続手続きは、2023年4月以降も継続して奨学金の受給を希望することについて、日本学生支援機構へ願い出る大切な手続きです。
※この手続きを怠ると、2023年4月以降から給付奨学金の振込が止まります。
※手続きは、スカラネット・パーソナルからWeb上で行います。



 入力期間:2022年12月15日(木)~2023年1月13日(金)23:59
  ※12/29~1/3 は日本学生支援機構サーバーメンテナンスのため入力できません。
  ※支援区分外や民間財団との併給のため停止中の方もこの手続きが必要です。


【手続きを行う事項】
 1.スカラネット・パーソナルにて「給付額通知」の内容を確認する。
 2.スカラネット・パーソナルにて「給付奨学金継続願」の入力(提出)を行う。


【1.給付額通知について】
 スカラネット・パーソナル(日本学生支援機構のサイト)にて「給付額通知」を表示し、ご自身の受給状況を確認してください。

 ※新規登録がまだの方(IDとパスワードが未取得の方)は登録した上で入力してください。
 ※今回取得したIDとパスワードは、次年度以降の継続手続や在籍報告でも使用します。
  必ずご自身で管理をしてください。


【2.給付奨学金継続願のインターネット入力について】
 「給付奨学金継続願」の提出は、スカラネット・パーソナルにてインターネット入力で行います。
  上記の期限内に必ず入力してください

 ●スカラネット・パーソナルはこちら

 ●給付奨学金継続願入力に関するマニュアル(すべてPDFファイル)
  ➀日本学生支援機構給付奨学金(新制度)継続手続きについて(大学作成)
  ②「給付奨学金継続願」準備用紙(日本学生支援機構作成)
  ③スカラネット・パーソナルの登録についての案内(日本学生支援機構作成)


※日本学生支援機構貸与奨学金を受給中の方は、別途継続手続きが必要です。
 詳細はこちらを確認してください。
※日本学生支援機構給付奨学金(旧制度)を受給中の方は、manaba+Rを確認してください。
※立命館大学学費減免の継続手続は、2023年1月中旬 以降に別途案内します。

以上
------------------------------------------------------------------------------------
《問合せ先》
【衣笠、朱雀キャンパス】  衣笠学生オフィス<研心館2F>  Tel:075-465-8168
【びわこ・くさつキャンパス】BKC学生オフィス<セントラルアーク1F> Tel:077-561-2854
【大阪・いばらきキャンパス】OIC学生オフィス<AS事務室内1F>    Tel:072-665-2135
 平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)
 ※12/27~1/5は冬期休暇のため閉室しております。

2022.12.05

2022年度 日本学生支援機構 貸与奨学金 継続手続きのお知らせ

 日本学生支援機構 貸与奨学金の第一種または第二種を受給している方は、
 毎年継続手続きをする必要があります。(2023年3月に満期を迎える方を除く)

 継続手続きは、2023年4月以降も奨学金を継続して受給するか、
 今年度(2023年3月まで)で辞退するかの意思表示をする重要な手続です。
 ※この手続きを怠ると、2023年4月以降「廃止」となります。


【手続きを行う事項】
  1.スカラネット・パーソナルにて「貸与額通知」の内容を確認する。
  2.スカラネット・パーソナルにて「奨学金継続願」の入力(提出)を行う。

  入力期間:2022年12月15日(木)~ 2023年1月13日(金)23:59
  
※12/29~1/3は日本学生支援機構サーバーメンテナンスのため入力できません。


【1.貸与額通知について】
 スカラネット・パーソナル(日本学生支援機構のサイト)にて「貸与額通知」を表示し、
 ご自身の受給状況を確認してください。

  ※新規登録がまだの方(IDとパスワードが未取得の方)は登録した上で入力してください。
  ※今回取得したIDとパスワードは、次年度以降の継続手続や、貸与終了後の諸手続きでも
   使用します。必ずご自身で管理をしてください。


【2.奨学金継続願のインターネット入力について】
 「奨学金継続願」の提出は、スカラネット・パーソナルにてインターネット入力で行います。
 上記の期限内に必ず入力してください。

   ●継続願入力に関するマニュアル(すべてPDFファイル)
  ①継続願入力マニュアル(大学作成)
  ②JASSO「貸与奨学金継続願」準備用紙(学部生向け)(日本学生支援機構作成)
  ③JASSO「貸与奨学金継続願」準備用紙(大学院生向け)(日本学生支援機構作成)
  ④スカラネットパーソナルの登録についての案内(日本学生支援機構作成)


【注意事項】

 ●日本学生支援機構給付奨学金(新制度)との併給者で、調整のため第一種の貸与月額が
  0円となっている場合も継続手続きは必要です。
 ●日本学生支援機構 給付奨学金を受給中の方は、別途継続手続きが必要です。
   給付奨学金(新制度)を受給中の方はこちらを確認してください。
   給付奨学金(旧制度)を受給中の方は、manaba+Rを確認してください。
 ●2023年4月以降の奨学金受給を希望しない場合も、インターネットにて「辞退」の入力手続が
  必要です。



<利率の算定方法の変更について> 第二種を継続手続きで辞退される方へ【希望者のみ】
 利率の算定方法を「固定方式」ないし「見直し方式」に変更することができます。
 変更を希望する場合は、以下の締切が最終となります。変更届を記入の上、全ての書類を締切日までに提出してください。
 各方式の内容や利率の実績については、日本学生支援機構のホームページや「奨学生のしおり」を参照してください。 現在、選択している算定方法は、返還誓約書(控)またはスカラネット・パーソナルにて確認できます。

 第二種奨学金「利率の算定方法」変更届(プリントアウトの上、記入してください)

【提出締切】2023年2月24日(金)17:00厳守!(郵送の場合は必着)

 ※締切後の提出(書類不備解消も含めて)は、いかなる理由でも受付できません。
 ※人的保証の場合は、連帯保証人・保証人の署名・押印、印鑑登録証明書の提出も合わせて必要です。

 以上
====================================================

≪問合せ先≫ 平日9:30~11:30・12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)
 衣笠・朱雀:〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC :〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
 OIC :〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150 tel 072-665-2135
 ※12/27~1/5は冬期休暇のため閉室しております。

2022.10.25

立命館大学家計急変学費減免(2023年度学部入学予定者)募集要項を公開しました

立命館大学家計急変学費減免(2023年度学部入学予定者)の募集要項を公開しました。
募集要項等、詳細はこちらをご確認ください。

2022.10.03

日本学生支援機構貸与奨学金_返還手続に関するご案内(2023年3月に満期をむかえられる方へ)

学生オフィス奨学金係より、現在、日本学生支援機構貸与奨学金を受給中で、
2023年3月をもって満期終了となる方へお知らせします。
2023年3月に日本学生支援機構貸与奨学金の満期を迎える方は、返還に関わる手続きが必要です。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、返還説明会は開催いたしません。

11月4日に、大学に登録している「保証人住所」宛て(大学院生については「現住所」宛て)に返還書類一式を郵送しました。内容をご確認の上、必ず手続きしてください。 2022年11月4日更新

また、返還手続きの詳細についてのガイダンス動画も公開しました。あわせて確認してください。


※返還手続きを怠ると、延滞として扱われる恐れがありますので注意してください。
(第一種奨学金のみ受給していた方で、給付奨学金との併給調整により借用金額が0円の場合は、手続き不要です)
※大学院進学・卒業延期などで、来年度も大学に在籍する場合も、今回の返還手続が必要です。
※過去に奨学金を受けており、すでに辞退・終了している場合は、今回の返還手続は不要です。
 行き違いでのご案内の場合はご容赦ください。


★「口座振替(リレー口座)加入申込書」控えの提出
金融機関での手続後、加入申込書の「預・貯金者控」の写真データを提出してください。
「口座振替(リレー口座)加入申込書」控えの申請フォームはこちら


★2022年度 日本学生支援機構 満期者アンケート【学部生のみ】
今後の学生援助施策に活用するために、満期者アンケートの回答にご協力ください(学部生のみ)
学部生向け満期者アンケートはこちら


★<利率の算定方法の変更>第二種の満期をむかえられる方へ【希望者のみ】
利率の算定方法の変更手続を希望する場合は、以下の締切が最終となります。
変更届をご記入の上、全ての書類を締切日までに提出してください。

●利率の算定方法を「固定方式」ないし「見直し方式」に変更することができます。
 各方式の内容や利率の実績については、日本学生支援機構のホームページや「奨学生のしおり」を参照してください。
●現在選択中の算定方法は、返還誓約書(控)またはスカラネット・パーソナルで確認できます。

 第二種奨学金「利率の算定方法」変更届(プリントアウトの上、記入してください)
【提出締切】2022年11月25日(金)17:00厳守!(郵送の場合は必着)
 
※締切後の提出(書類不備解消も含めて)は、いかなる理由でも申請できません。
※人的保証の場合は、連帯保証人・保証人の署名・押印、印鑑登録証明書の提出も必要です。
  お早めに手続ください。



★<住所変更>返還確認票印字住所・電話番号の変更【希望者のみ】
返還確認票の記載内容に変更がある場合は、変更届をご記入の上、締切日までに提出してください。

 住所変更届(プリントアウトの上、記入してください)
【提出締切】2023年1月20日(金)(郵送の場合は必着)
 ★締切後は、2023年4月中旬以降にスカラネット・パーソナルから変更を行えます。  

※奨学生本人(2019年度以降採用者)の住所変更は,マイナンバー提出済の場合は不要です。
※連帯保証人・保証人の固定電話、携帯電話、勤務先、勤務先の電話番号のみの変更は、
 2023年4月中旬以降にスカラネット・パーソナルからお手続きください。

====================================================
≪問合せ先≫ 平日9:30~11:30・12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)
 衣笠・朱雀:〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC :〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
 OIC :〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150 tel 072-665-2135

2022.10.03

2022年度 日本学生支援機構 大学院貸与奨学金 「特に優れた業績による返還免除<採用時 返還免除内定候補者>」の募集要項を公開しました

○制度概要
 本制度は、2022年度、博士課程後期課程または4年制博士課程の1年次に入学、もしくは一貫制博士課程3年次に進級または転入学した者で、大学院 第一種 奨学金の貸与を受けている学生が対象となります。在学中に十分な業績を挙げる見込みのある者として日本学生支援機構が認定した場合に、奨学金の全部または一部の返還免除が内定されるものです。


○出願資格
2022年度、博士課程後期課程または4年制博士課程の1年次に入学、もしくは一貫制博士課程3年次に進級・転入学した者で、大学院 第一種 奨学金の貸与を受けている学生が対象。
出願資格は別途募集要項で確認してください。

○出願期日
2022年10月24日(月)~11月4日(金) ※消印有効


○出願方法
郵送での出願とします。

※新型コロナウィルス感染症防止のため、窓口での受付は不可とします。


〇出願書類の入手方法

下記から各自ダウンロード、印刷してください。


募集要項 pdf
出願票(A3片面) word
申請書 様式2(A4片面) excel
業績申請書 様式A(A4両面) word
業績の証明書類表紙 様式B(A4片面) word

※各自でダウンロード、印刷が困難な方は、各キャンパス学生オフィス窓口へお問い合わせください。

<問い合わせ先>
平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜日のみ12:30~17:00)
・衣笠 学生オフィス 075-465-8168(朱雀の方はこちらへ)
・BKC 学生オフィス 077-561-2854(OICの方はこちらへ)

2022.09.27

日本学生支援機構給付奨学金(新制度)【在籍報告・2022年10月】のお知らせ

日本学生支援機構給付奨学金(2020年度からの新制度)を受給中の方は
採用時にもお伝えしています通り、毎年4月・7月・10月に在籍状況や通学形態等を報告する
「在籍報告」を行う必要があります。


※この手続きを怠ると、2022年11月より給付奨学金の振込が止まります。


【提出方法】
  スカラネット・パーソナル ログインページ(日本学生支援機構提供のポータルサイト)

 入力期間:2022年10月3日(月)~2022年10月6日(木)
      2022年11月4日(金)~11月28日(月)23:59
 
          

対象者
   日本学生支援機構給付奨学金(新制度)奨学生(令和4年9月までに採用された方
 ※休学中・停止中で、振込みが止まっている方もこの手続きが必要です。
 ※支援区分外や民間財団との併給のため停止中の方もこの手続きが必要です。

【給付奨学金 在籍報告 手続方法】
  1. 『在籍報告(兼通学形態変更届)』の提出(入力)手続き(PDFファイル)を確認する。

  2. スカラネット・パーソナル ログインページ(日本学生支援機構提供のポータルサイト)から入力する。
    スカラネットパーソナルの利用には登録が必要です。
    未登録の方は、『スカラネット・パーソナルのご案内』(PDFファイル) を確認のうえ、登録を行ってください。
    ※日本学生支援機構貸与奨学金と併用の方は、貸与で登録中のID・passでログインしてください。

  3. 入力完了後に表示される受付番号は、スクリーンショットを撮るなどして必ず控えてください。


  4. 【注意事項】
    今回の在籍報告において報告された生計維持者の情報は、
    2022年10月の支援区分の確認(見直し)に適用されません。

    ☆通学形態を自宅→自宅外に変更される場合☆
       在籍報告では、「自宅通学」から「自宅外通学」への通学形態の変更はできません。
       以下の二点を提出してください。
       ・「通学形態変更届兼自宅外証明書送付状」(PDFファイル)
       ・自宅外通学の証明書類(賃貸借契約書のコピー、入寮許可証等のコピーなど)
       ※変更が無い場合は、書類提出は不要です。
       ※日本学生支援機構にて審査完了後に、自宅外月額に変更されます。

    ☆通学形態を自宅外→自宅に変更される場合☆
       「自宅外通学」から「自宅通学」への変更は在籍報告にて可能です。


    以上
    ------------------------------------------------------------------------------------

    《問合せ先》
    【衣笠、朱雀キャンパス】  衣笠学生オフィス<研心館2F>  Tel:075-465-8168
    【びわこ・くさつキャンパス】BKC学生オフィス<セントラルアーク1F> Tel:077-561-2854
    【大阪・いばらきキャンパス】OIC学生オフィス<AS事務室内1F>    Tel:072-665-2135
     平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)

2022.09.20

令和4年台風第14号・第15号による被害を受けた皆さまへ

このたびの台風による被害に遭われた皆様には、
心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

【今回の台風による被害を受けた学生の皆さんへ】
家屋の被害が生じた場合だけでなく、被災により、減収・倒産・生計維持者の死亡等、様々な状況に応じて家計急変の対象となり、JASSOの給付奨学金・貸与奨学金・災害支援金へ出願できる場合がございます。 被害の状況にあわせて対象となる奨学金を案内しますので、まずは学生オフィスへご相談ください。


1.日本学生支援機構の支援制度

1)給付奨学金(家計急変) ※学部生のみ対象 
被災により減収となった収入での家計基準(非課税世帯に準ずる収入)および学力基準等を満たし、 緊急の給付奨学金の支援が必要と認められ、事由発生から3カ月以内である方が対象。https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/rinji/kakei_kyuhen/index.html


2)貸与奨学金(緊急採用・応急採用) ※学部生・大学院生対象
被災により家計が急変し、緊急に貸与奨学金が必要と認められ、家計急変の事由が発生してから
12カ月以内である方が対象
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/rinji/kinkyu_okyu/index.html

3)JASSO災害支援金  学部生・大学院生対象
学生または父母など生計維持者が居住する家屋が床上浸水や半壊以上の被害を受け、
事由発生から6カ月以内である方が対象(10万円支給)。
https://www.jasso.go.jp/kihukin/shienkin/index.html


2.立命館大学の支援制度

1)立命館大学家計急変学費減免<授業料減免> ※学部生対象 
家計急変・自然災害に遭われた学部生が対象。詳細は以下URLより募集要項をご確認ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/economic02.html/#economic-ritsumei-bosyu-04

2)立命館大学大学院家計急変学費減免<授業料減免> ※大学院生対象
被災により家計急変が生じた大学院生が対象。詳細は以下URLより募集要項ををご確認ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/economic02.html/#economic-ritsumei-bosyu-03


3.立命館大学父母教育後援会による支援制度

1)災害支援奨学金<授業料減免> 学部生対象
2)災害見舞金<5万円支給>     学部生対象
対象者、支援額、提出書類などについては以下WEBサイトをご参照ください。
http://www.ritsumei-fubo.com/support/disaster/


<本件に関する問い合わせ先>

衣笠学生オフィス  TEL075-465-8168(朱雀キャンパスの方はこちら)
BKC学生オフィス TEL077-561-2854
OIC学生オフィス  TEL072-665-2135

土日祝日を除く930113012301700
火曜のみ12301700

2022.09.20

【大学院生対象】2022年度 日本学生支援機構貸与奨学金【二次採用】募集要項を公開しました。

【大学院生対象】2022年度 日本学生支援機構貸与奨学金【二次採用】の募集を行います。
つきましては、2022年9月20日(火)から奨学金案内の配付を開始します。

【入手方法】
郵送請求または学生オフィス窓口での配付
*郵送請求方法 (2022年10月3日(月)必着)
『奨学金案内』請求用紙をダウンロードし、
「レターパックライト」(お届け先欄にあなたの住所、氏名を記入したもの)を同封して、衣笠学生オフィス宛に郵送してください。

【出願締切】2022年9月20日(火)~2022年10月7日(金)消印有効
【注意事項】
・出願は郵送受付のみです。消印が出願締切日以降の出願書類を受付することはできません。
・出願締切まで時間的に余裕がありません。大至急出願の準備を進めてください。
・出願手続きは、今回の書類提出のみで完了ではありません。
 今後の手続きに関しても期日までに出願できない場合は、選考対象外となります。

【募集要項・願書】
 ※出願にはこのページに掲載の書類以外に奨学金案内に挟み込みの用紙(原紙)が必要です。
  ①募集要項(PDF)
  ②スカラネット入力下書き用紙留意事項
  ③アルバイト収入報告書
  ④収入計算書
  ⑤スカラネット入力下書き用紙
  ⑥郵送出願宛先用紙(PDF)
  ⑦郵送出願宛先用紙(Word)

以上

--------------------------------------------------------
【本件に関わる連絡先】
衣笠学生オフィス奨学金係
 メールアドレス: shougaku@st.ritsumei.ac.jp
 *件名に、「JASSO 貸与奨学金【大学院】二次採用」と記載してください。
 *本文に、①氏名 ②学生証番号 ③研究科及び課程(修士・博士後期課程など)④問合わせ内容 を記載してください。
 *問合わせはメールで受け付けます。電話での問合わせは控えてください。
 *いただいた問合わせは、順次回答します。

2022.09.20

【学部生対象】2022年度 日本学生支援機構「給付奨学金および立命館大学学費減免」「貸与奨学金 第一種(無利子)・第二種(有利子)」二次採用のご案内

学生オフィスより、日本学生支援機構「給付奨学金および立命館大学学費減免」および「貸与奨学金 第一種(無利子)・第二種(有利子)」の二次採用の募集開始についてお知らせします。

昨今の経済情勢を考慮し、「給付奨学金および立命館大学学費減免」と「貸与奨学金 第一種(無利子)・第二種(有利子)」について「二次採用(新規募集)」の募集を行います。
つきましては、9月20日(火)から募集要項の配布と出願受付を開始します。
出願希望の方は早急に募集要項一式を入手してください。

【入手方法】各キャンパスの学生オフィス窓口で配布、または郵送請求
      ※募集要項一式の郵送請求方法についてはこちらを確認してください。

【出願期間】 2022年9月20日(火)9:00 から10月7日(金)まで
      ※願書兼出願事前登録(Web登録1回目)は17:00まで
      ※書類郵送は消印有効
      <Web登録と書類郵送の両方必要です>

【募集要項】
  募集要項(PDF)
  スカラネット入力下書き用紙記入要領(PDF)
  郵送出願宛先用紙(PDF)
  大学等における修学の支援に関する法律による授業料減免の対象者の認定に関する申請書(PDF)
   ※給付出願者のみ(必ず両面印刷)

【各種指定書式】※このページに掲載の指定書式だけでは出願できません。
<給付奨学金指定書式>
  給付奨学金 指定申請書式【学修計画書】(PDF)
  給付奨学金 指定申請書式【学修計画書】(Word)
  給付奨学金 指定申請書式【高等学校評定平均証明書】(PDF)
<貸与奨学金指定書式>
      指定書式1【給与支払(見込)証明書】(PDF)
  指定書式2【収入・所得報告書】(PDF)
  申請書式3【長期療養報告書】(PDF)
  申請書式4【高等学校評定平均証明書】(PDF)

【注意事項】
・出願は期限厳守です。願書兼出願事前登録フォーム(Web登録1回目)の入力と書類郵送の両方を期限までに完了しなければ受付できません。
・新型コロナウイルス感染症の影響や天災等特別な事情で郵送が難しい場合は、出願締切までに必ず学生オフィスへご相談ください。
・市区町村役場や勤務先にて発行される書類の提出が必要な場合もあります。出願を希望する方は早急に準備を進めてください。
・出願後の手続きに関しても期日までに完了できない場合は、選考対象外となります。
・現在受給中の奨学⾦と同種の奨学⾦への申し込みはできません(停止中・休止中・支援区分外・廃止の方を含む)。
・日本学生支援機構の給付奨学金(2020年度からの新制度)と貸与奨学金の第一種(無利子)を併給される場合、第一種の貸与月額が調整されます(おおむね減額されます。貸与額が0円になるケースもありますので、奨学金案内を必ず確認してください)。

【願書兼出願事前登録(Web登録1回目)】
以下のURLからログインし、出願締切日時までに入力を済ませてください。
https://cw.ritsumei.ac.jp/campusweb/SVA20D0.html?key=SUR20220824135404973652236
※毎日2:00-6:30、水曜日19:30~翌朝9:00はメンテナンスのため入力できません。
※書類郵送も必ず期限までに完了してください。Web登録1回目と書類郵送の両方の手続きが期限までに完了しない場合は、期限内に申込した学生との公平性を考慮し、受付しません。

以上

--------------------------------------------------------
【本件に関わる連絡先】
立命館大学 学生オフィス奨学金係
 ◆奨学金専用ダイヤル◆  TEL 075-465-8494
 衣笠:〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC:〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
 OIC:〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150 tel 072-665-2135
 平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)

2022.09.20

【学部生】「日本学生支援機構 給付奨学金および立命館大学学費減免」・「日本学生支援機構 貸与奨学金」2022年度二次採用の郵送での募集要項請求に関する案内

※ 留学生として在籍している方は、「日本学生支援機構 給付奨学金および立命館大学学費減免」「日本学生支援機構 貸与奨学金」には出願できません。但し、外国籍であっても在留資格が法定特別永住者・永住者・定住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等であれば申し込みは可能です。詳しくは奨学金案内を確認してください。
※ 各キャンパスの学生オフィス窓口でも配布します。窓口で受け取られる場合は、申請フォームへの入力および送料のお支払い手続きは不要です。窓口で「募集要項受取希望」の旨を伝えてください。

1.郵送での募集要項請求について
■請求方法
① 募集要項請求の申請フォームに必要な情報を入力、申請提出後に受付メールが届きます。
 *入力については「2.申請フォーム入力方法」を確認してください。
② ①の受付メールで案内する決済サイトより送料のお支払い手続きを行ってください。
 *手続きについては「3.送料お支払い手続き方法」を確認してください。

※ ①の申請フォームへの入力と②の送料のお支払い手続き完了を大学で確認後、レターパックライトにて指定の住所へ順次発送します。
※ 海外の住所には郵送できません。必ず日本国内の住所を入力してください。

■お支払い金額
「請求方法」②でお支払いいただく金額内訳は以下の通りです。
レターパックライト料金370円 + 決済手数料275円 = 合計645円

お支払い手続き完了後は募集要項請求の取り消し・払い戻しをお受けできません。
お支払い手続きは1回のみ行ってください。重複して手続きをされた場合の返金はお受けできません。
※ 決済手数料は収納代行業者に支払われます。

■請求期限
2022年10月3日(月)23:59

※ 受付期限までに「請求方法」①の申請フォームへの入力と②の送料のお支払い手続きの両方を完了する必要があります。
※ 10月4日以降は各キャンパスの学生オフィス窓口で受け取ってください。

■注意事項
今回の二次採用では以下の①~③は申し込みはできません。
① 現在受給中の奨学金と同種の奨学金への申し込み
※ 今回の募集は新規申込です。継続手続ではありません。
② 支援区分見直しで「支援区分外」となった新制度給付奨学生の「日本学生支援機構 給付奨学金および立命館大学学費減免」への申し込み
③ 新制度給付奨学金の採用により、貸与第一種奨学金の貸与月額が0円となった奨学生の「日本学生支援機構 貸与奨学金」第一種への申し込み
※ 支援区分外や貸与月額が0円でも、奨学生としての資格は所持している状態です。同じ奨学金には重複して採用されません。

2.申請フォーム入力方法
■申請フォームはこちら

■申請フォームの入力方法
① 申請フォーム画面を開き、RAINBOWのユーザーIDとパスワードでログインしてください。

② 大学に登録の現住所が表示されます。現住所以外に送付を希望する場合のみ、送付先情報を入力してください(日本国内の住所に限ります)。


※ 自動表示される住所が海外の方は日本で郵便を受け取れる住所を入力してください。

③ 「申請内容確認へ進む」を選択してください。


④ 入力内容が表示されるので、内容に誤りがないか確認して、「申請内容提出」を選択してください。

⑤ 大学のメールアドレス宛に受付メールが届きます。

3.送料お支払い手続き方法
① 申請フォーム入力後に届いた受付メールに記載のURLより、決済サイト画面を開いてください。

② 「決済を申し込む」を選択してください。


③ プルダウンメニューから「申し込み内容」を以下の通り選択して「次へ」を選択してください。
  支払方法:オンライン
  取扱窓口:衣笠学生オフィス
  支払内容:2022年度日本学生支援機構奨学金募集要項送料
2022youkouseikyu_IMG_3_3

④ 留意事項を確認して「上記内容を確認した上で決済をします」にチェックを入れ、「次へ」を選択してください。
2022youkouseikyu_IMG_3_4

⑤ 個人情報を入力し、注意事項を確認して「次へ」を選択してください。
2022youkouseikyu_IMG_3_5
※ メールアドレスの入力に誤りが無いように注意してください。
※「学生証番号」は必ず正しく入力してください。

⑥ 決済内容が表示されるので、確認して「上記内容で申込みする」を選択してください。
2022youkouseikyu_IMG_3_6

⑦ 「受付番号」と「手続き手順」が表示されます。内容を確認して「引き続き支払う」を選択してください。

⑧ お支払いを選択して、画面の表示通りに手続きしてください。
※ お支払い方法は「クレジットカード」「コンビニエンスストアまたはペイジー、ネットバンキング」を選択することができます。
※ お支払期限は決済申込日を含め4日間です。ただし、4日未経過でもオンライン請求締切日時の10月3日 23:59までに支払を完了できない場合は郵送対応ができません。学生オフィスまで取りに来てください。

--------------------------------------------------------
【本件に関わる連絡先】
立命館大学 学生オフィス奨学金係
 ◆奨学金専用ダイヤル◆  TEL 075-465-8494
 衣笠:〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC:〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
 OIC:〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150 tel 072-665-2135
 平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)

2022.09.16

https://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/news_economic/article.html/?news_id=2582023年度 立命館大学大学院進学予定者 日本学生支援機構貸与奨学金【大学院】 予約採用の募集要項を公開しました。


2023年度 立命館大学大学院進学予定者 日本学生支援機構 貸与奨学金【大学院】 予約採用 の募集を行います。
つきましては、2022年9月16日(金)より奨学金案内の配付を開始します。

【入手方法】以下①~③のいずれかの方法で入手してください。
① 郵送による入手
② 各キャンパスの学生オフィス窓口で入手
③ ダウンロードによる入手
詳しくはページ下のURLを確認してください。

【出願方法】
① Web登録(出願事前登録)
② 郵送による書類提出
※①②両方の手続きを以て出願が完了します。

【出願期間】
2022年9月16日(金)9:00 ~10月17日(月)17:00 期限厳守 
① Web登録(出願事前登録)/最終日17:00まで
② 郵送/消印有効
※①をプリントして②に同封してください。

詳細は以下のページをご確認ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/economic.html/#economic-japan-student-bosyu-08


<問合せ先>
衣笠学生オフィス 奨学金係
メールアドレス: shougaku@st.ritsumei.ac.jp
*件名に、「JASSO 貸与奨学金【大学院】予約」と記載してください。
*本文に、①氏名 ②現学生証番号(立命館大学在籍者のみ) ③進学予定の研究科及び課程(修士・博士後期課程など)④問合わせ内容 を記載してください。
*問合わせはメールで受け付けます。電話での問合わせはご遠慮ください。
*いただいた問合わせは、順次回答します。
 

2022.09.02

日本学生支援機構 貸与奨学金 「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急支援」に関するご案内(学部生・大学院生)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、今後も引き続き以下の支援の継続をおこなう旨、日本学生支援機構より通知がありました。 

1.貸与奨学金の期日前交付(既採用者が対象)
2.休学中の学生等を対象とした第二種奨学金の継続貸与
募集の詳細は以下の通りです。

※なお、新型コロナウイルス感染症の影響により、就職の内定取消を受けた又は就職先が決まらない等で、やむを得ず卒業予定期を超えて在学することになった方および、
ボランティア活動等の社会貢献活動を行うため2022年度中に休学する方については、二次採用にて第二種奨学金の新規出願が可能です。希望する場合は、二次採用の出願期間内に学生オフィスへ相談してください。


1.貸与奨学金の期日前交付
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、学生生活に必要な経費等まとまった資金が必要となった学生への支援です。すでに第一種奨学生・第二種奨学生として採用されている学部生および大学院生で、希望する場合は、願出により、12月の奨学金振込日(2022年12月9日(金))に、2023年1月分および2月分を期日前に振り込むことが可能です。
※奨学金の状態によっては、利用できない場合があります。詳細は以下の【対象外】を参照してください。

※2022年12月に、12月~2月分が振り込まれますので、次の奨学金の振込みは2023年3月となります。

 2023年3月に満期を迎える方については、2023年2月10日(金)に2023年3月分(1カ月分)のみ振り込まれます。
JASSO期日前交付スケジュール秋

以下の【対象外】を確認の上、申請を希望する場合は、【提出書類】を学生オフィス奨学金窓口へ提出してください。

【対象外】
※以下の方は利用できません。
①2022年12月の奨学金の振込状態が「休止」「停止」「保留中」となっている方
②給付奨学金を併せて受給していることにより、貸与月額が0円となっている第一種奨学生
②第一種奨学金の期日前交付を希望する場合で、併せて受給している給付奨学金の支援区分が2023年2月分まで確定していない方(家計急変で給付奨学金が採用になっている方は、提出前に学生オフィスまで問い合わせてください)
③人的保証から機関保証への変更手続き中(予定を含む) 等

【提出書類】
 期日前交付申請書(プリントアウトの上、記入してください)

【提出締切】
 2022年11月7日(月)17:00(郵送の場合は必着)
※締切後の提出は、書類不備解消も含め、いかなる理由でもお受けできません。

【提出方法】
  所属キャンパス 学生オフィス窓口に持参、もしくは郵送提出
  ※以下の連絡先参照(朱雀キャンパスの方は衣笠学生オフィスへ、OICの方で郵送にて提出する場合は、BKC学生オフィスに郵送してください)



2.休学中の学生を対象とした第二種奨学金の継続貸与
第二種奨学金の貸与を受けている方で、以下の【対象者の要件】に該当する場合は、願出により、休学中も貸与を最大1年継続できます。

【対象者の要件】
①2022年度に第二種奨学金の貸与を受けている学部生・大学院生
②新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に、2022年度中に休学しボランティアに参加する等(学びの複線化)の活動を行う方 
 ※2021年度から休学し、2022年度も継続して当該活動をおこなっている方も対象ですが、2022年度に新たに申請する場合、継続貸与の開始は2022年4月以降となります。
 ※申請時において既に復学している場合は対象外です。
③当該休学期間の活動が、「社会的貢献活動」「専攻分野のプラスになる」「自己の人間形成に役立つ」など有意義であること、及び奨学金貸与の必要性を在学学校長が認める方

【提出書類】
 休学時奨学金継続願(プリントアウトの上、記入してください)

【提出締切】
  随時受付
(最終提出期限:2023年2月6日(月)17:00 郵送の場合は必着)

 当該活動開始2か月前から、開始後2か月後までを目安として提出してください。

【注意事項】
●貸与期間は活動を開始した月から最大1年間です(当該休学期間における活動開始年月が2022年4月~2023年3月の方に限ります)。
●活動内容を選択の上、活動内容詳細欄に次の2点を記載してください。
 「新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に休学し活動(具体的に記載)を行うこと」
 「奨学金の継続が必要であること」
●断続的に活動を繰り返している場合に生じる活動停止期間についても、有意義な活動期間の一部として学校長が認める場合は、貸与を受けることができます。
●対象者について、復学後に卒業延期となる場合は「第二種奨学金貸与期間延長願」を提出することができます(学業成績不振による卒業延期を除く)。

【提出方法】
 所属キャンパス 学生オフィス窓口に持参、もしくは郵送提出
 ※以下の連絡先参照(朱雀キャンパスの方は衣笠学生オフィスへ、OICの方で郵送にて提出する場合は、BKC学生オフィスに郵送してください)


ご不明な点は所属キャンパスの学生オフィス(朱雀キャンパスの大学院生は衣笠学生オフィス)まで問い合わせてください。
--------------------------------------------------------
【本件に関わる連絡先】
立命館大学 学生オフィス奨学金係
 衣笠・朱雀:〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC   :〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
 OIC   :〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150 tel 072-665-2135
平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)

2022.08.04

令和4年8月3日からの大雨による被害を受けた皆さまへ

このたびの大雨による被害に遭われた皆様には、
心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

【今回の大雨による被害を受けた学生の皆さんへ】
豪雨による家屋の被害が生じた場合だけでなく、被災により、減収・倒産・生計維持者の死亡等、様々な状況に応じて家計急変の対象となり、JASSOの給付奨学金・貸与奨学金・災害支援金へ出願できる場合がございます。 被害の状況にあわせて対象となる奨学金を案内しますので、まずは学生オフィスへご相談ください。


1.日本学生支援機構の支援制度

1)給付奨学金(家計急変) ※学部生のみ対象 
被災により減収となった収入での家計基準(非課税世帯に準ずる収入)および学力基準等を満たし、 緊急の給付奨学金の支援が必要と認められ、事由発生から3カ月以内である方が対象。https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/rinji/kakei_kyuhen/index.html


2)貸与奨学金(緊急採用・応急採用) ※学部生・大学院生対象
被災により家計が急変し、緊急に貸与奨学金が必要と認められ、家計急変の事由が発生してから
12カ月以内である方が対象
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/rinji/kinkyu_okyu/index.html

3)JASSO災害支援金  学部生・大学院生対象
学生または父母など生計維持者が居住する家屋が床上浸水や半壊以上の被害を受け、
事由発生から6カ月以内である方が対象(10万円支給)。https://www.jasso.go.jp/kihukin/shienkin/index.html


2.立命館大学の支援制度

1)立命館大学家計急変学費減免<授業料減免> ※学部生対象 
家計急変・自然災害に遭われた学部生が対象。詳細は以下URLより募集要項をご確認ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/economic02.html/#economic-ritsumei-bosyu-04

2)立命館大学大学院家計急変学費減免<授業料減免> ※大学院生対象
被災により家計急変が生じた大学院生が対象。詳細は以下URLより募集要項ををご確認ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/economic02.html/#economic-ritsumei-bosyu-03


3.立命館大学父母教育後援会による支援制度

1)災害支援奨学金<授業料減免> 学部生対象
2)災害見舞金<5万円支給>     学部生対象
対象者、支援額、提出書類などについては以下WEBサイトをご参照ください。
http://www.ritsumei-fubo.com/support/disaster/


<本件に関する問い合わせ先>

衣笠学生オフィス  TEL075-465-8168(朱雀キャンパスの方はこちら)
BKC学生オフィス TEL077-561-2854
OIC学生オフィス  TEL072-665-2135

土日祝日を除く930113012301700
火曜のみ12301700

2022.07.25

【日本学生支援機構 給付奨学金(新制度)奨学生対象】立命館大学学費減免 継続手続のお知らせ(2022年度秋)

日本学生支援機構給付奨学金に採用され、立命館大学学費減免を受給されている方は、国の高等教育修学支援新制度に基づいて、授業料等減免に係る継続手続が年2回必要です。

今回の手続きは授業料減免に関わるもので、日本学生支援機構 給付奨学金の手続きとは別になります。

【提出方法】
 申請フォームへの入力
 ※対象者には申請フォームのURLを7月25日(月) 9:00にmanaba+Rにてお知らせしております。

【対象者】
 2022年度秋学期に在籍予定の日本学生支援機構 給付奨学金(新制度)奨学生
 ※定期採用・二次採用・予約採用により採用された奨学生が対象です。
 ※現在休学中の方も対象です。
 ※家計急変により採用された奨学生は対象外です。

【提出期限】
 2022年8月22日(月) 17:00


※提出がない場合、2022年度秋学期以降の授業料減免が停止される場合があります。
※期限までに必ず入力を完了してください。
※システムメンテナンスのため、以下の期間は入力ができません。
 ・毎日AM 4:30 ~ AM 5:30(ただし受講登録期間中はAM 2:00 ~ AM 6:30)
 ・毎週水曜日 PM 7:30 ~ 翌朝 AM 9:00(メンテナンスが実施されない場合もあります)
 ・8月13日(土)AM 4:30 ~ 8月16日(火)AM 9:00

※2022年10月に実施される、日本学生支援機構 給付奨学金の適格認定(家計)において「支援対象外」と判定されると、この継続手続を完了されていても授業料減免が停止になる場合があります。また、日本学生支援機構 給付奨学金の適格認定(家計)において「支援対象外」と判定された場合、生計維持者の収入・所得が大学独自の区分に該当するかを確認します。対象者には手続方法を2022年9月中旬以降にmanaba+Rで通知します。
※日本学生支援機構 給付奨学金の適格認定(家計)については、こちらをご参照ください。

ご不明な点は、学生オフィス奨学金係までお問い合わせください。


<問い合わせ先>
立命館大学 学生オフィス奨学金係
  衣笠キャンパス      tel 075-465-8494/8168
  びわこ・くさつキャンパス tel 077-561-2854
  大阪いばらきキャンパス  tel 072-665-2135
平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)
※8月11日(木)~8月17日(水)は一斉休暇のため閉室

2022.07.20

令和4年7月14日からの大雨による被害を受けた皆さまへ

このたびの大雨による被害に遭われた皆様には、
心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

【今回の大雨による被害を受けた学生の皆さんへ】
豪雨による家屋の被害が生じた場合だけでなく、被災により、減収・倒産・生計維持者の死亡等、様々な状況に応じて家計急変の対象となり,JASSOの給付奨学金・貸与奨学金・災害支援金へ出願できる場合がございます。 被害の状況にあわせて対象となる奨学金を案内しますので、まずは学生オフィスへご相談ください。


1.日本学生支援機構の支援制度

1)給付奨学金(家計急変) ※学部生のみ対象 
被災により減収となった収入での家計基準(非課税世帯に準ずる収入)および学力基準等を満たし、 緊急の給付奨学金の支援が必要と認められ、事由発生から3カ月以内である方が対象。https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/rinji/kakei_kyuhen/index.html


2)貸与奨学金(緊急採用・応急採用) ※学部生・大学院生対象
被災により家計が急変し、緊急に貸与奨学金が必要と認められ、家計急変の事由が発生してから
12カ月以内である方が対象
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/rinji/kinkyu_okyu/index.html

3)JASSO災害支援金  学部生・大学院生対象
学生または父母など生計維持者が居住する家屋が床上浸水や半壊以上の被害を受け、
事由発生から6カ月以内である方が対象(10万円支給)。https://www.jasso.go.jp/kihukin/shienkin/index.html


2.立命館大学の支援制度

1)立命館大学家計急変学費減免<授業料減免> ※学部生対象 
家計急変・自然災害に遭われた学部生が対象。詳細は以下URLより募集要項をご確認ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/economic02.html/#economic-ritsumei-bosyu-04

2)立命館大学大学院家計急変学費減免<授業料減免> ※大学院生対象
被災により家計急変が生じた大学院生が対象。詳細は以下URLより募集要項ををご確認ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/economic02.html/#economic-ritsumei-bosyu-03


3.立命館大学父母教育後援会による支援制度

1)災害支援奨学金<授業料減免> 学部生対象
2)災害見舞金<5万円支給>     学部生対象
対象者、支援額、提出書類などについては以下WEBサイトをご参照ください。
http://www.ritsumei-fubo.com/support/disaster/


<本件に関する問い合わせ先>

衣笠学生オフィス  TEL075-465-8168(朱雀キャンパスの方はこちら)
BKC学生オフィス TEL077-561-2854
OIC学生オフィス  TEL072-665-2135

土日祝日を除く930113012301700
火曜のみ12301700

2022.06.29

日本学生支援機構給付奨学金(新制度)【在籍報告・2022年7月】のお知らせ

日本学生支援機構給付奨学金(2020年度からの新制度)を受給中の方は
採用時にもお伝えしています通り、毎年4月・7月・10月に在籍状況や通学形態等を報告する
「在籍報告」を行う必要があります。


※この手続きを怠ると、2022年8月より給付奨学金の振込が止まります。


【提出方法】
  スカラネット・パーソナル ログインページ(日本学生支援機構提供のポータルサイト)

 入力期間:2022年7月6日(水)~ 2022年7月10日(日)23:59 
         ※入力期間が短くなっておりますので、ご注意ください。 

対象者
   日本学生支援機構給付奨学金(新制度)奨学生(令和4年6月までに採用された方
 ※休学中・停止中で、振込みが止まっている方もこの手続きが必要です。
 ※支援区分外や民間財団との併給のため停止中の方もこの手続きが必要です。

【給付奨学金 在籍報告 手続方法】
  1. 『在籍報告(兼通学形態変更届)』の提出(入力)手続き(PDFファイル)を確認する。

  2. スカラネット・パーソナル ログインページ(日本学生支援機構提供のポータルサイト)から入力する。
    スカラネットパーソナルの利用には登録が必要です。
    未登録の方は、『スカラネット・パーソナルのご案内』(PDFファイル) を確認のうえ、登録を行ってください。
    ※日本学生支援機構貸与奨学金と併用の方は、貸与で登録中のID・passでログインしてください。

  3. 入力完了後に表示される受付番号は、スクリーンショットを撮るなどして必ず控えてください。


  4. 【注意事項】
    今回の在籍報告において報告された生計維持者の情報は、
    2022年10月の支援区分の確認(見直し)に適用されません。

    ☆通学形態を自宅→自宅外に変更される場合☆
       在籍報告では、「自宅通学」から「自宅外通学」への通学形態の変更はできません。
       以下の二点を提出してください。
       ・「通学形態変更届兼自宅外証明書送付状」(PDFファイル)
       ・自宅外通学の証明書類(賃貸借契約書のコピー、入寮許可証等のコピーなど)
       ※変更が無い場合は、書類提出は不要です。
       ※日本学生支援機構にて審査完了後に、自宅外月額に変更されます。

    ☆通学形態を自宅外→自宅に変更される場合☆
       「自宅外通学」から「自宅通学」への変更は在籍報告にて可能です。


    以上
    ------------------------------------------------------------------------------------

    《問合せ先》
    【衣笠、朱雀キャンパス】  衣笠学生オフィス<研心館2F>  Tel:075-465-8168
    【びわこ・くさつキャンパス】BKC学生オフィス<セントラルアーク1F> Tel:077-561-2854
    【大阪・いばらきキャンパス】OIC学生オフィス<AS事務室内1F>    Tel:072-665-2135
     平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)

2022.06.13

立命館大学 大学院家計急変学費減免(大学院生向け)の2022年度春学期募集を開始しました

立命館大学 大学院家計急変学費減免の春学期募集を開始しました。
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、出願は郵送受付としています。
詳細はこちらでご確認ください。

2022.05.02

日本学生支援機構貸与奨学金_返還手続きに関するご案内(2022年3月に辞退をされた方へ)

学生オフィス奨学金係より、日本学生支援機構貸与奨学金について、2022年3月で辞退をされた方へお知らせします。

日本学生支援機構貸与奨学金の受給を終了された場合は、返還に関わる手続きが必要です。
今年度は、新型コロナウイルスの影響で返還説明会は開催しません。

5月23日に、大学に登録している「保証人住所」宛て(大学院生については「現住所」宛て)に返還書類一式を郵送しました。内容をご確認の上、必ず手続きしてください。 2022年5月23日更新

また、返還手続きの詳細についてのガイダンス動画も公開しました。あわせて確認してください。


※返還手続きを怠ると、延滞として扱われる恐れがありますので注意してください。
(第一種奨学金のみ受給していた方で、給付奨学金との併給調整により借用金額が0円の場合は、手続き不要です)

以上

-----------------------------------------------------------------------
【本件に関わる連絡先】
  立命館大学 学生オフィス奨学金係
 衣笠:〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC :〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
 OIC :〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150   tel 072-665-2135
 平日9:30~11:30、12:30~17:00 火曜のみ12:30~17:00

2022.04.22

2022年度 日本学生支援機構 緊急特別無利子貸与型奨学金の募集について(学部生・大学院生対象)


新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりアルバイト収入が大幅に減少した学生等を対象として、緊急特別無利子貸与型奨学金の募集を行います。
※本奨学金は、第二種奨学金(有利子)制度を活用しつつ利子分を国が補填し、実質無利子にて貸与されます。



1.貸与期間
 「緊急事態宣言」または「まん延防止等重点措置」の適用等に伴い、
 アルバイト収入が大幅に減少した月以降で希望する月から2023年3月まで
 (2022年4月~2023年3月の範囲内)
 この制度について、日本学生支援機構のWebサイトも参考にしてください。
 【参考】日本学生支援機構のWebサイト
 

2.出願方法
 所属キャンパス学生オフィスの窓口で募集要項等一式を受け取り、
 定められた期日までに窓口に持参もしくは郵送にて提出してください。
 ※OICキャンパス所属の方は、BKC学生オフィス(077-561-2854)へお電話ください。


3.申込期間
 「緊急事態宣言」または「まん延防止等重点措置」の適用等に伴い、
 アルバイト収入が大幅に減少したときから
 2023年(令和5年)1月11日まで


4.注意事項
 ・すでに第二種奨学金を受給中・休停止中の場合や、
  修業年限で卒業できないことが確定している場合は出願できません。
 ・2023年4月以降も第二種奨学金(有利子)の受給を希望する場合は、
  2023年4月の定期採用に再度出願してください。


5.書式ダウンロード
 ②願書
 ⑧入学時特別増額貸与奨学金に係る申告書
 ※ここでは、出願に必要な書類の一部を掲載しています。
  出願を希望する場合は必ず学生オフィスにて「募集要項等一式」を入手してください。



以上

--------------------------------------------------------
【本件に関わる連絡先】
立命館大学 学生オフィス奨学金係
 衣笠 / 朱雀  :〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC / OIC   :〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
※OICキャンパス所属の方はBKC学生オフィスへお問い合わせください。
平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)

2022.04.13

日本学生支援機構 貸与奨学金 「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急支援」に関するご案内(学部生・大学院生)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、今後も引き続き以下の支援の継続をおこなう旨、日本学生支援機構より通知がありました。 

1.貸与奨学金の期日前交付(既採用者が対象)
2.休学中の学生等を対象とした第二種奨学金の継続貸与
募集の詳細は以下の通りです。

※尚、卒業予定が2021年度中(2022年3月)である者および、休学中の学生を対象とした第二種奨学生の新規採用は、学部・大学院ともに春の定期採用での受付となります。学部・大学院ぞれぞれの募集要項を確認してください。


1.貸与奨学金の期日前交付
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、学生生活に必要な経費等まとまった資金が早期に必要となった学生への支援です。すでに第一種奨学生・第二種奨学生として採用されている学部生および大学院生で、希望する場合は、願出により、7月の奨学金振込日(2022年7月11日(月))に、2022年8月分および9月分を期日前に振り込むことが可能です。
※奨学金の状態によっては、利用できない場合があります。詳細は以下の【対象外】を参照してください。

※2022年7月に、7月~9月分が振り込まれますので、次の奨学金の振込みは2022年10月となります。
kijitsumae_image

以下の【対象外】を確認の上、申請を希望する場合は、【提出書類】を学生オフィス奨学金窓口へ提出してください。

【対象外】
※以下の方は利用できません。
①2022年7月~9月分の奨学金の振込状態が「休止」「停止」「保留中」となっている方
②給付奨学金を併せて受給していることにより、貸与月額が0円となっている第一種奨学生
②第一種奨学金の期日前交付を希望する場合で、併せて受給している給付奨学金の支援区分が2022年9月分まで確定していない方(家計急変で給付奨学金が採用になっている方は、提出前に学生オフィスまで問い合わせてください)
③人的保証から機関保証への変更手続き中(予定を含む) 等

【提出書類】
 期日前交付申請書(プリントアウトの上、記入してください)

【提出締切】
 2022年6月6日(月)17:00(郵送の場合は必着)
※締切後の提出は、書類不備解消も含め、いかなる理由でもお受けできません。

【提出方法】
  所属キャンパス 学生オフィス窓口に持参、もしくは郵送提出
  ※以下の連絡先参照(朱雀キャンパスの方は衣笠学生オフィスへ、OICの方で郵送にて提出する場合は、BKC学生オフィスに郵送してください)



2.休学中の学生を対象とした第二種奨学金の継続貸与
第二種奨学金の貸与を受けている方で、以下の【対象者の要件】に該当する場合は、願出により、休学中も貸与を最大1年継続できます。

【対象者の要件】
①2022年度に第二種奨学金の貸与を受けている学部生・大学院生
②新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に、2022年度中に休学しボランティアに参加する等(学びの複線化)の活動を行っている、または活動を行う予定のある方 
 ※2021年度から休学し、2022年度も継続して当該活動をおこなっている方も対象ですが、2022年度に新たに申請する場合、継続貸与の開始は2022年4月以降となります。
 ※申請時において既に復学している場合は対象外です。
③当該休学期間の活動が、「社会的貢献活動」「専攻分野のプラスになる」「自己の人間形成に役立つ」など有意義であること、及び奨学金貸与の必要性を在学学校長が認める方

【提出書類】
 休学時奨学金継続願(プリントアウトの上、記入してください)

【提出締切】
  随時受付
 当該活動開始2か月前から、開始後2か月後までを目安として提出してください。

【注意事項】
●貸与期間は活動を開始した月から最大1年間です(当該休学期間における活動開始年月が2022年4月~9月の者に限ります)。
●活動内容を選択の上、活動内容詳細欄に次の2点を記載してください。
 「新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に休学し活動(具体的に記載)を行うこと」
 「奨学金の継続が必要であること」
●断続的に活動を繰り返している場合に生じる活動停止期間についても、有意義な活動期間の一部として学校長が認める場合は、貸与を受けることができます。
●対象者について、復学後に卒業延期となる場合は「第二種奨学金貸与期間延長願」を提出することができます(学業成績不振による卒業延期を除く)。

【提出方法】
 所属キャンパス 学生オフィス窓口に持参、もしくは郵送提出
 ※以下の連絡先参照(朱雀キャンパスの方は衣笠学生オフィスへ、OICの方で郵送にて提出する場合は、BKC学生オフィスに郵送してください)


ご不明な点は所属キャンパスの学生オフィス(朱雀キャンパスの大学院生は衣笠学生オフィス)まで問い合わせてください。
--------------------------------------------------------
【本件に関わる連絡先】
立命館大学 学生オフィス奨学金係
 衣笠・朱雀:〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC   :〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
 OIC   :〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150 tel 072-665-2135
平日9:30~11:30、12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)