立命館大学ホームページへ 文学部 TOPへ
立命館大学文学部 英米文学専攻
トップページ
What's About
カリキュラム
学生の声
卒業後の進路
教員紹介
立命館英米文学会
大学院
Link
カリキュラム
 
英米文学専攻カリキュラムによる履修の流れ
 
拡大図を見る
2012年度以降の入学者カリキュラム
 
回生 科目名 履修方法
1回生 研究入門T・II 登録必修
英米文学概論I
英書講読(Intermediate)  
2回生 基礎講読I・II 登録必修
英米文学概論II
英文学史I・II 2科目4単位登録必修
米文学史I・II
英米文学特殊講義  
英会話I・II  
英書講読(Advanced) 2科目4単位必修
英作文法 必修
英文演習
3回生 専門演習I・II 登録必修
英語論文演習  
翻訳演習  
4回生 専門演習V・W 必修
卒業論文
主な専門科目の概要
 
英米文学概論I・II イギリス・アメリカ文学のさまざまなジャンル(小説、演劇、詩など)のなかから、代表的な作家、作品について講義する。具体的には、作家を紹介するとともに、作品の概略を説明し、その社会的背景、問題点、意義などについて講義する。
英書講読 英米文学に関する文献を精読する。英文法の知識を確認しながら、内容の理解を深めることを目的とする。
英文学史I・II
米文学史I・II
イギリス・アメリカそれぞれの文学の歴史的な流れを、各時代の社会背景や文学思潮に留意しながらみていき、主要な作家・作品について論じる。
英米文学特殊講義 イギリス、アメリカの主要作家や作品について、また英語圏文化(おもに文学の領域に属するもの)について、今日問題となる話題をとりあげる。
英作文法 英語の基本的な文法事項などをおさえた上で、それらを用いた文章が書けるように訓練する。
英会話I・II 既存の文法事項を活用して、日常生活で実際に運用できる基本的な会話能力を養い、向上させる。ビデオ教材を使ってリスニング力を高め、またその場にふさわしい英語の表現が使えるように練習する。
英文演習 「英作文法」で学んだ文法知識を活用し、構成の整った文章を英語で書く技能を身につける。
英語論文演習 2回生までで習得した英文作成技術をさらに向上させ、アカデミックなトピックについて英語で論文を書く訓練を行う。
翻訳演習 英文和訳の実践訓練。文芸翻訳技術の習得をめざす。
基礎講読0I・II 英語の基礎文献の読み方を学ぶとともに、研究入門で学んだ専門研究の基礎をさらに発展させる。研究レポートの書き方、研究トピックの可能性、多様なアプローチなどについても紹介、演習する。
専門演習I・II 主にイギリス、アメリカをはじめとする英語圏の文学作品を対象とする。
テキストの精読と学生の研究発表を中心とする。卒業論文に進む直前の演習であり、自分でテキストや研究書を読み、卒業論文を作成できるよう助言・指導も行う。

専門演習V・W

専門演習I・IIでの学力を土台に、さらに専門知識を高め、卒業論文作成のための指導をおこなう。