• SRセンターについて

    立命館大学SRセンターや放射光光源Auroraについて

    >>> 詳細
  • ビームライン

    各ビームラインの紹介、利用例

    >>> 詳細
  • 利用ガイド

    利用方法、各種書類ダウンロード

    >>> 詳細

新着情報


過去NEWS一覧

平成30年9月21日

生命科学部 折笠有基先生らの論文がNature Communicationsに掲載されました

生命科学部の折笠有基准教授らは、BL-2でのX線吸収分光により、国立研究開発法人産業技術総合研究所 電池技術研究部門 次世代蓄電池研究グループの鹿野昌弘研究グループ長、マセセ・タイタス研究員、Nanjing University of Posts and TelecommunicationsのHuang, Zhen-Dong准教授らと共同で、次世代蓄電池のカリウムイオン電池材料を開発しました。本成果は、ネイチャー・パブリッシング・グループ(Nature Publishing Group)の学術雑誌、ネイチャー・コミュニケーションズ誌(Nature Communications)に掲載されました。

放射光施設「SRセンター」を活用した新規カリウムイオン電池材料の開発

Nature Communications 9, 3823 (2018).

Page top