Join参加する

募集終了

0泊2時間東北食べるツアー ~生産者と語ろう~<第3回 福島県桑折町×桃>

自宅にいながら旅ができる「オンラインツアー」。第3回目を開催します

「東北食べる通信」と立命館大学がコラボし、東北の食を通して3.11から10年を迎える東北の今に触れる取り組み、第3回目を8月21日(土)に開催いたします。今回の食材は、献上桃の郷といわれる福島県桑折町(こおりまち)の「桃」。桃の一大産地・福島で、次世代を担う若手農家をゲストに迎えます。

【0泊2時間 東北食べるツアー ~生産者と語ろう~」とは?】

東北自慢の食材をお届けし、その食材をつくった生産者とオンラインでつながる全6回の企画。海や畑を見ながら生産者と直接対話し、わたしたちが知らない東北を知って学んで食す「旅」です。
距離も時間を越えた新しいつながりから、みなさまにとってさまざまな気づきや学び、一歩行動に踏み出す先のヒントにつながることを目指しています。そして、東北を応援する新しいつながりのかたちをみなさまとともに模索したいと考えています。

【過去に開催したツアーの様子はこちら】

<第1回 岩手県山田町×赤皿貝> <第2回 岩手県釜石市×ドンコ>

イベント概要

image_2021.7.16momotop

開催日時:2021年8月21日(土)13:00~15:00
開催方法:オンライン(Zoom)
参加費用:2,980円(2,000円+送料全国一律980円)
参加対象:立命館関係者をはじめ、どなたでもご参加いただけます
申込締切:2021年8月13日(金)12:00

<お届け内容3点>
①「東北食べる通信」の情報誌(タブロイド版全16ページ) 
 <生産者のストーリー・旬の食材をより楽しめるオリジナルレシピ・桃の品種解説などを掲載>
②桃4個(「川中島」の白桃や「黄金桃」の黄桃をお届けする予定です)
 ※その時期にもっともおいしい品種をお届けするため、品種の指定はできません。
 ※冊子には「白桃」と記載がありますが、食材は「黄金桃」をお届けする可能性があります。
③生産者の方からのお手紙

<旅のお供となる食材「桃」>
献上桃の郷・福島県桑折町「はねだ桃園」の3代目・羽根田幸将(ゆきまさ)さんが作った桃です。羽根田さんが完熟を見極めて採った旬の桃をお届けします。

<今回の食材「桃」生産者の方>
福島県桑折町在住の農家・羽根田幸将さん(31)。
3代続く桃農家の次男に生まれ、2015年に帰郷して桃園を引き継いだ。福島第一原発の爆発事故による風評被害と戦いながら、桃園の再生と進歩を目指している。
指先で感じる産毛の感触など昔ながらの職人の技術に磨きをかける一方で、桃農家として日本初のG-GAP*を取得するなど、新しい取り組みにも積極的。当日は、共に働く南和希さん(29)もゲストに迎え、次世代を担う若手農家2人からお話を伺います。
*GLOBALG.A.P.の略。農家が食品の安全性や環境保全、労働安全などに配慮していることを認める国際認証。

<当日スケジュール(予定)>
羽根田さん・南さんをゲストに、福島や桃の魅力を知って学んで食す2時間!
◆羽根田さん、南さんからご挨拶
◆桃の農園ツアー(約30分)
 はねだ桃園をバーチャル散歩。完熟を見極めて収穫する技を拝見!
◆桃の講座(約20分)
 桃農家の1年、桃の品種、美味しい桃の見分け方などをご紹介します
◆“生産者と語ろう”トークセッション(約50分)
 次世代を担う羽根田さん・南さんとじっくりと交流を深める時間です
 桃農家としての生き方・考え方、福島の農業などについてもお話いただきます

お申し込み・イベント参加までの流れ

①2021年8月13日(金)12:00締切までに、下記の専用申込ページ(東北食べる通信サイト)から参加申込・購入
[ お申し込みはこちらから ]  ※東北食べる通信のアカウント登録(無料)が必要です
◆お支払い方法:クレジットカードまたはコンビニ後払い(品物到着後、請求書を郵便で別送します)

②自宅で「桃・東北食べる通信情報誌・生産者からの手紙」を受け取る
◆お届け時期:2021年8月19日(木)~20日(金)
◆配送方法:クロネコヤマト宅急便(常温)
・福島県からの発送につき「午後」の時間帯をお選びいただくと、前日に採ったより鮮度の良いものをお送りできます。
・桃は天候により収穫量が変動するため上記2日間の任意の日にお届けします。
 ※受け取り日の選択はできませんのでご了承ください。
・イベント参加前に情報誌を読んでいただくと、よりイベントを楽しんでいただけます。ぜひ一読の上ご参加ください。

③イベント開催3日前までに、ZoomURLを事務局からメール送付
申込時に登録いただいたご契約者様のメールアドレスに、イベントに関するご案内のメールを事務局(立命館大学広報課)より送付します。イベントに参加される方と契約者様が異なる場合は、お手数ですがご案内のメールの転送をお願いいたします。

④8月21日(土)「0泊2時間東北食べるツアー ~生産者と語ろう~」に参加(13:00~15:00)

東北食べる通信の情報誌を準備のうえ、ご参加ください。お届けした桃を食べながらのご参加も大歓迎です。生産者の羽根田さん・南さんとの交流を通じて、東北・桃の魅力をお楽しみください。

関連情報

[ 東北食べる通信について ]
(株)ポケットマルシェが運営する定期購読誌「東北食べる通信」。2013年創刊。
毎月、東北各地で独自の哲学やこだわりを持って食べものを作る東北各地の農家・漁師の姿を伝えています。毎月1回、彼らにクローズアップした特集記事とともに、彼らが収穫した食べものをセットでお届けしています。「食の向こうに人がいる」という、当たり前だが忘れがちな食の原点を伝えます。
[(株)ポケットマルシェ ]

お問合せ先について

桃のご注文と配送に関するお問合せ

その他の件についてのお問合せ
立命館災害復興支援室
TEL(075)813-8282 平日 9:15‐17:30
311shien@st.ritsumei.ac.jp