研究内容・教員紹介(博士課程後期課程)

さまざまな研究分野の最前線で活躍する教員が指導

高度な研究実績と豊かな教育経験を有する、国内トップレベルの学識者・研究者が研究を指導します。多様な学問分野から成り立っているスポーツ健康科学を、総合的・学際的に研究できるよう、きめ細かくサポートします。 

家光 素行
専門分野
運動生理・生化学
主な研究テーマ
科学的根拠に基づく心血管疾患リスクの改善のための運動・栄養摂取の開発
キーワード
トレーニング、運動、健康増進、心臓、動脈硬化、糖尿病、高血圧、メタボリックシンドローム、サルコペニア、遺伝子多型
伊坂忠夫
専門分野
応用バイオメカニクス、
スポーツ科学
主な研究テーマ
スポーツ競技力ならびに日常活動を高めるための応用バイオメカニクス
キーワード
身体動作学、スポーツバイオメカニクス、スポーツトレーニング
海老久美子
専門分野
スポーツ栄養学
主な研究テーマ
様々な対象へのスポーツ栄養学的介入とその効果の検討
キーワード
スポーツ栄養学、食教育、健康と食生活、食嗜好の評価、食文化
大友 智
専門分野
スポーツ教育学・体育科教育学
主な研究テーマ
スポーツ指導における学習者行動の研究と指導プログラムの開発
キーワード
学習者行動研究、授業研究、体育教師教育研究
岡本直輝
専門分野
コーチング
主な研究テーマ
競技力向上のためのスキルに関する研究
キーワード
コ-チング、トレーニング科学、敏捷性の評価法
後藤 一成
専門分野
トレーニング科学
主な研究テーマ
競技力向上や健康増進に有効なトレーニングや疲労回復方法の検証
キーワード
筋力トレーニング、有酸素性トレーニング、低酸素トレーニング、暑熱トレーニング、運動後におけるリカバリー、クライオセラピー、ホルモン、糖代謝、脂質代謝、エネルギー代謝、食欲、睡眠、メタボリックシンドローム
真田樹義
専門分野
運動処方、応用健康科学
主な研究テーマ
生活習慣病予防のための運動処方開発における科学的根拠の構築
キーワード
運動処方、肥満、生活習慣病、サルコペニア、遺伝子多型、身体活動量、メタボリックシンドローム、日本人、参照値、危険因子
塩澤 成弘
専門分野
生体工学、医用工学、スポーツ工学
主な研究テーマ
生体計測とその応用
キーワード
生体計測、バイオメカニクス、スポーツ工学、生体医工学
篠原靖司
専門分野
スポーツ医学、整形外科学
主な研究テーマ
足・足関節外科(臨床医学分野)、腱・靱帯の組織病理研究(基礎医学分野)
キーワード
整形外科学、スポーツ医学
田畑 泉
専門分野
スポーツ健康科学
主な研究テーマ
スポーツの競技力向上のためのトレーニング法の開発、健康増進のための身体活動・運動に関する研究
キーワード
身体活動、運動、生活習慣病、トレーニング、エネルギー代謝、がん、食事摂取基準、骨格筋、ミトコンドリア、最大酸素摂取量
長積 仁
専門分野
スポーツマネジメント
主な研究テーマ
スポーツによるまちづくりとソーシャルイノベーション、組織の「支援」に関する研究
キーワード
まちづくり、ソーシャル・キャピタル、都市マーケティング、総合型地域スポーツクラブ
長野明紀
専門分野
バイオメカニクス、バイオサイバネティクス
主な研究テーマ
人体の運動制御のメカニズムに関する研究、運動機能向上のための工学的支援
キーワード
バイオメカニクス、バイオサイバネティクス、スポーツ科学
橋本健志
専門分野
運動生理・生化学
主な研究テーマ
健康増進や競技力向上のための運動・栄養処方の開発
キーワード
エネルギー代謝、乳酸、ミトコンドリア、骨格筋、心臓、脂肪細胞、脂肪分解、イメージング、生化学、脂肪滴、糖代謝、脂質代謝、トランスポーター、メタボリックシンドローム、肥満
藤田 聡
専門分野
運動生理・生化学
主な研究テーマ
効率的な筋肥大を目的とした栄養摂取と運動介入に関する研究
キーワード
筋収縮、栄養摂取、運動、筋タンパク合成、サルコペニア、インスリン抵抗性、タンパク質代謝、アミノ酸、サプリメント、加齢、シグナル伝達
山浦一保
専門分野
組織/チーム心理学
主な研究テーマ
信頼関係の崩壊と修復、ビジョン浸透とその機序に関する研究
キーワード
組織心理学、集団力学、リーダーシップ、上司-部下の関係性、キャリア発達
永浜 明子 准教授
専門分野
アダプテッド・スポーツ/臨床哲学
主な研究テーマ
だれもが楽しめる身体活動/「ひと」について
キーワード
アダプテッド体育・スポーツ、特別支援、教育、障がい