NEWS & EVENTS

07.10

2018

人間科学研究科 震災復興支援プロジェクト

       人間科学研究科 震災復興支援プロジェクト           

 

東日本・復興支援プロジェクト~対人援助学による家族・コミュニティ支援プロジェクト

 2018年度、文学研究科と応用人間科学研究科の再編により人間科学研究科(博士課程前期課程・後期課程)がスタートしました。文学研究科では、基礎心理学を中心とした研究を長く展開してきました。(旧)応用人間科学研究科では、何らかの課題を抱える当事者や現場に根ざした実践と研究をつなぐ新しい学問領域として、臨床心理学を広く包摂した対人援助学の創造に取り組んできました。これからは、そうして築いてきた臨床の知と基礎的な知をさらに発展させ、人と社会を統合的に研究し、社会のなかの人間科学の創造へと展開していきます。

「東日本・家族応援プロジェクト」は、2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、社会への応答責任を果たすひとつの形として2011年に応用人間科学研究科のサービスラーニングを含んだプロジェクトとしてスタートさせたものです。遠くから細く長く、十年間、東北4県を巡り、現地の対人援助機関との協働によって対人援助学的実践をしながら、被災と復興のwitness(証人・目撃者)になることを目指してきました。同時に、これをPBL(プロジェクト型学習)として大学院教育のなかに位置づけ、地域に学びながら、地域で活躍する対人援助職者、地域に立ち上がる多様な声に耳を傾けアドボケイトとして社会に貢献する研究者を養成してきました。

複合大災害としての東日本大震災から8年目を迎え、2020年の東京オリンピックを目指し、道路や鉄道などインフラ部分はほぼ復旧したとされる一方、復興の陰で被災者の生活課題は個別化し深刻化しています。そのような災禍を生きのびてきた人々、生き延びようとあがく人々、力尽き無力化されている人々、さまざまな人々の小さな声に耳を傾け、witness(証人・目撃者)として存在する努力を続けながら、そこにあぶりだされる社会の課題を明らかにし訴えていくことができたらと願っています。残る3年、最初に決めた形でプロジェクトを継続し、十年の成果をまとめたうえで、次のステージを検討する所存です。


プロジェクト代表 村本邦子 


2018年度開催するイベントの報告ページ・チラシ

2019年2月24日 「東日本・家族応援プロジェクトシンポジウム」開催!

2018年11月30日~12月1日 福島県福島市「東日本・家族応援プロジェクトin福島」報告

2018年11月2日~11月4日 宮城県石巻市「東日本・家族応援プロジェクトin石巻」報告

2018年11月2日~11月6日 岩手県宮古市「東日本・家族応援プロジェクトin宮古」報告

2018年11月30日~12月1日 福島県福島市「東日本・家族応援プロジェクトin福島」チラシ

2018年10月5日~10月21日 宮城県多賀城市「東日本・家族応援プロジェクトin多賀城」報告

2018年11月2日~11月6日 岩手県宮古市「東日本・家族応援プロジェクトin宮古」チラシ

2018年10月20日 オール立命館校友大会in仙台(団士郎家族漫画展&トークin仙台)チラシ

2018年821日 青森県むつ市「東日本・家族応援プロジェクトinむつ」が東奥日報新聞朝刊に掲載されました

2018年8月10日~9月2日 青森県むつ市「東日本・家族応援プロジェクトinむつ」報告

2018年10月5日~10月21日 宮城県多賀城市「東日本・家族応援プロジェクトin多賀城」チラシ

2018年8月10日~9月2日 青森県むつ市「東日本・家族応援プロジェクトinむつ」チラシ

2018年8月31日 青森県むつ市「お父さん応援セミナーinむつ」


過去のイベントの報告・チラシは、こちら。



BACK