研究科長挨拶

 立命館大学政策科学研究科は、現代社会が直面する政策問題を正確に理解し、適切な解決策を創造するために不可欠な研究能力の育成と実務能力のステップアップをめざして、1997年に設立されました。

 政策科学は、私たちが遭遇する様々な政策問題の解決をめざしながら、社会科学そのものの刷新をめざす学問分野です。政策科学の研究を通じて、実践的な研究知をもった新しいタイプの研究者、政策領域の実務家を育成することが、政策科学研究科の人材育成目標です。

 ところで、政策科学とは、どのような学問なのでしょうか?

まず、「政策科学」というネーミングは、それが、独自の理論体系を有していることを前提としています。政策科学においては、様々な政策問題を正確に把握することが必要です。それに基づいて、それらの問題を解決するために相応しい政策を策定することが求められます。しかし、現実の政策問題は様々な側面を有しており、それらの理解と解決を推し進めるためには、政治学、経済学、法学、経営学、都市計画学、環境工学などの種々の学問領域での研究成果が活用されなければなりません。その意味で、政策科学は多くの学問分野にまたがる学際的研究が必要となります。その上で、自らの専門分野の深化を図っていかなければなりません。

 政策科学研究科では、政策問題の解決を研究する研究科であることから、現実の社会との接触を重視します。このため、各地の地方公共団体等に地域共創拠点と呼ぶ研究サイトを有し、本研究科の院生はここで、実務に触れながら、研究する機会を得ることもできます。

 さらに、これらの実地の研究から得られた知見については、その実例ごとに、ケースとして、ポリシー・ベースに登録し、グローバルな利用に供していこうと考えています。本研究科の研究者や院生は、研究活動を通じて、これに貢献する機会が与えられます。

 政策科学研究科では、また、プロジェクト型の共同研究の場を提供しています。これは、研究対象である政策問題そのものが複合的な性格をもっていることから構想されたものです。博士課程前期課程におけるリサーチ・プロジェクト、博士課程後期課程におけるリサーチセミナーがこれに当たります。そこでは、複数の教員と複数の院生が参加し、共同研究への参加を通じた大学院学生の研究指導を行なっています。

 本研究科のもつこのような特徴を十分に利用し、政策科学の研究を行うことにより、社会の問題に取り組むより高い能力を身につけた人材を輩出することが本研究科の目標です。

重森 臣広