ニュース

ガジャマダ大学公共政策大学院との交流
−クロモトモ博士の講演

政策科学研究科は、インドネシアのトップ大学であるガジャマダ大学とバンドン工科大学と共同学位プログラムを実施しており、毎年、インドネシア政府によって選抜された中央・地方政府の公務員の方々を英語基準院生として受け入れ、研究指導を行っています。2018年9月には14名の方々をこのプログラムにもとづく院生として受け入れました。

ガジャマダ大学公共政策大学院でこの共同学位プログラムの責任者となっているクロモトモ博士が2018年11月8日に研究科を訪問されましたので、ガジャマダ大学公共政策大学院の人材育成方針や教育方法、また政策科学研究科と今度行いたい国際共同研究につきスタッフミーティングにてご講演頂きました。出版計画の具体的な提案にも進むなど、有意義な交流となりました。政策科学研究科からも2019年2月にガジャマダ大学とバンドン工科大学を訪問し、共同学位、共同研究についての連携をより深める予定となっています。