図書館の新型コロナウイルス感染症への対応について(更新:2020年5月14日)

  1. TOP>
  2. 図書館を使う>
  3. 利用案内>
  4. 貸出・返却・延長

貸出・返却・延長

貸出

学生証/教職員証/ライブラリーカードと図書を持って、カウンターまたは自動貸出返却機で貸出の手続きをしてください。

区分 貸出 延長可能回数
図書資料 視聴覚資料 APU資料
学部生 20冊14日 3点7日 5冊14日 2回
大学院生 100冊100日 5冊14日
非常勤講師
専任教員 200冊200日 10冊30日 5回
職員 20冊100日 5冊14日 2回
附属校教員
附属校生徒 3冊14日 3冊14日
卒業生
一般市民
  • 図書資料の貸出冊数は、全資料の貸出冊数・点数の合計を示しています。(視聴覚資料・APU資料の貸出冊数は、図書資料の貸出上限冊数に含めます。)
  • 貸出日数は、貸出日の翌日から起算します。
  • 返却日が休館日の場合は、直後の開館日とします。
  • 新聞・雑誌・白書・統計・参考図書は、貸出できません。
  • 進路・就職コーナーおよび読楽コーナーの資料の貸出日数は、一律14日間です。
  • 視聴覚資料の貸出は、APUの視聴覚資料に限ります。
  • 学部生への貸出について、長期休暇期間中は貸出日数を延長します。詳細は、News&Topicsにてお知らせします。
  • APU所蔵資料の貸出期間延長は1回に限り可能です。MyLibraryでは延長手続が出来ないため、カウンターに資料を持参の上、延長手続をしてください。

返却

貸出手続きをした図書はカウンターまたは自動貸出返却機で返却の手続きをしてください。
返却手続きせずに、自分で書架に戻すことは、しないでください。

資料の貸出期限を過ぎて返却していない場合は「延滞」となり、貸出期間の延長、新たな資料の貸出はできません。
新たな資料の貸出は、延滞した資料を返却し、返却が遅れた日数分(最大30日)を経過したあとに可能となります。

貸出状況照会・延長

  • MyLibraryの「貸出状況照会」で貸出図書の書名や返却期限の確認、貸出期間の延長手続きを行うことができます。
  • 一冊の図書につき延長は2回までです(専任教員は5回までです)。
  • 他の方から予約されている図書は延長できません。
  • 1冊でも延滞されている場合は、他の図書も含め延長手続き自体ができません。
  • 進路・就職コーナーおよび読楽コーナーの図書は延長できません。