図書館の新型コロナウイルス感染症への対応について(更新:2020年10月16日)

  1. TOP>
  2. 資料を探す>
  3. 他大学等の資料>
  4. 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

デジタル化資料送信サービスは、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料(2020年1月時点で151万点)を全国の公共図書館、大学図書館等の館内で利用できるサービスです。本学でも各図書館の専用端末で資料を閲覧・複写 することができます。

サービスを利用できる方

学部生、院生、教職員など本学構成員

対象図書館

(衣笠キャンパス)平井嘉一郎記念図書館、修学館リサーチライブラリー

(朱雀キャンパス)朱雀リサーチライブラリー

(びわこ・くさつキャンパス)メディアセンター、メディアライブラリー

(大阪いばらきキャンパス)OICライブラリー

申し込み方法

各館のレファレンスカウンターに申し込んでください。
受付時間はこちらの「利用相談・参考調査」の欄をご確認ください。

利用料

  • 閲覧:無料
  • 複写:1枚につき、白黒20円/カラー60円

関連リンク

『国立国会図書館デジタル化資料送信サービス(案内)』にて、利用できる資料のリスト、操作方法が掲載されています。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/digital/index.htmi