立命館大学図書館

  1. TOP>
  2. 学生支援>
  3. ぴあら>
  4. 平井嘉一郎記念図書館の“ぴあら”

平井嘉一郎記念図書館の“ぴあら”

衣笠キャンパスの平井嘉一郎記念図書館"ぴあら"は(1)新たな学習スペースの拡充、(2)什器・情報機器の拡充、(3)学習サポート・イベントの拡充、の3つの拡充によって、より多彩でアクティブな学びを可能にする空間へと生まれ変わりました。例えば、最大60名規模の学術・研究イベントを開催できるイベントエリアを新設するなど、ぴあら全体の面積・座席数も従来の2倍以上に拡充しています。学部や回生、出身地や言語など様々な『Borderを超えた多様で創造的な学び』がぴあらではもう始まっています。

エリア紹介


エリア 設置機器等
① 情報検索/映像編集エリア
学術情報を収集したり、学習成果を映像で発信するための編集が可能なエリア。
  • デスクトップパソコン28台
  • 複合機1台
  • スキャナー2台
② プレゼンテーションルーム
学習成果を発信するスキルを養う本格的プレゼンテーションが可能な2室。
  • プロジェクター2台
  • 壁面ホワイトボード2枚
③ イベントエリア
グループワークのほか、最大60名程度の大規模な学びの発信・交流が可能なエリア。
④ グループワークエリア
仲間と共同で学術情報を収集したり、学習成果物を作成したりといったグループでのアクティブな学びを可能にするエリア。
  • 100型スクリーン
  • プロジェクター1台
  • ビデオカメラ1台
  • マイク・スピーカー1セット
  • 60型タッチパネルディスプレイ 6台
  • 壁面ホワイトボード1枚
  • 複合機1台
⑤ 書架/展示エリア
言語・文化・アカデミックスキルズ等に関する図書・雑誌を配架しつつ、多くの学生に学習成果を共有するためのギャラリー機能を持ったエリア。
  • 約1,500冊の図書・雑誌
  • 掲示板4枚
  • ピクチャーレール各所
⑥ 多文化交流エリア
様々なバックボーンを持つ学生同士が交流し、学びを深めることが可能なエリア。10名程度のイベントも開催可能。
  • ノートパソコン1台
⑦ サポートエリア
情報検索方法や蔵書検索方法など各エリアで展開される学びをサポート。
  • 貸出用プロジェクター2台
  • 貸出用ヘッドフォン13個

サポートカウンターのスタッフ

スタッフ サポート内容 活動時間
学生ライブラリースタッフ 図書の探し方などの情報検索方法、各種情報機器の使い方など、ぴあらのサービス全般をサポート 開講期 平日9:00~21:30
土日10:40~16:10
閉講期 平日9:00~19:30
土日10:40~16:10
レファレンス・ライブラリアン 図書館の利用方法や必要な資料の探し方についてサポート
新聞記事、雑誌論文など、必要な情報を効率よく検索する方法について、パソコンを使った実習形式でのガイダンスも実施
詳しくは こちら
平日14:00~16:00
※ぴあら外の通常のレファレンスカウンターにも常駐

イベントエリア・多文化交流エリアでのイベント開催

本学の学生・教職員で、ぴあらでの学術成果発表・交流イベントを開催したい場合は、図書館カウンターまでご相談ください。

情報機器類

機器類 内容
無線LAN 設定をすればぴあらを含め図書館内はどこでも無線LANが利用可能です。
※設定方法はRAINBOWホームページを確認ください。
プリンター パソコンから印刷が可能です。
貸出用ノートパソコン ぴあら前にあるPCロッカーで84台のノートパソコンを貸出しています(館内利用のみ)。
デスクトップパソコン RUNNERSやデータベースの利用、自動書庫の資料の出庫手続きなどが可能です。
映像編集用パソコン イベントエリアなどで撮影した映像の編集が可能です。
固定ノートパソコン 館内にある外国語の視聴覚資料(CDなど)をシャドーイングすることが可能です。
プロジェクター 備付3台、貸出用2台の計5台を活用し、プレゼンテーションやイベントでの発表が可能
スキャナー 紙に書き込んだ学習情報などをデータ化することが可能
ビデオカメラ イベントなどを撮影して映像で活動を記録し、共有することが可能
マイク・スピーカー 大規模なイベントを開催する折に利用可能

平井嘉一郎記念図書館ぴあらの利用にあたって

開室時間 開講期:平日8:30~22:00、土日:10:00~17:00
閉講期:平日9:00~19:30、土日:10:00~17:00
※図書館の開館時間と同じ
マナー
  • 話し合いOK
※飲食はご遠慮ください
予約
利用対象者 本学所属の学部生、大学院生、教職員