図書館の新型コロナウイルス感染症への対応について(更新:2020年5月29日)

  1. TOP>
  2. 学生支援>
  3. 教員お薦め本>
  4. 川越 恭二 先生(情報理工学部)

川越 恭二 先生(情報理工学部)

 


『ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき』
レイ ・ カーツワイル 著(日本放送出版協会,2007年)

将来の技術を線形で予測するのではなく、指数関数的に考えるべきであるという、刺激的な内容から始まる本書は、膨大なページ数ですが、一気に読めると同時に、眼から鱗の新たな考え方が書かれています。「人間は、生物としての限界を越えて進化する」とのことや、「人間と機械の各知能を合体させることで、最終的に宇宙全体が知的なものとなるなど、恐ろしいほどの未来予測が書かれています。それは30年後というのです。可能ならば、私はその世界を見たいと思います。

貸出状況の確認  RUNNERS 


『ITナビゲーター2016』
野村総合研究所 ICT ・ メディア産業コンサルティング部 (東洋経済新報社,2016年)

最近のどんな企業でも、ITの動向に無関心では成長できません。3年から5年の中期で、どのような社会変革が、ITを中心に起こるかを見極めて仕事をすることになると思います。本書は学生の皆さんが仕事を始める時期に、IT社会がどのようになっているかを考える契機になることでしょう。いろんな技術の種が、芽を出す直前にあるのです。

貸出状況の確認  RUNNERS 


『記憶のしくみ(上) 脳の認知と記憶システム』
ラリー ・ R ・ スクワイア, エリック ・ R ・ カンデル 著 (講談社,ブルーバックス,2013年 )

将来のITはどのようなものになるでしょうか。学生の皆さんが40歳代になるとき、本書のような人間の記憶が解明され、ITで活用されていることでしょう。ITはずっと生命や生物から学んできましたが、より一層、生命、特に記憶の機構がITに取り込まれていくことでしょう。今から、命の神秘に触れましょう。

貸出状況の確認  RUNNERS 


『経営戦略の論理 〈第4版〉―ダイナミック適合と不均衡ダイナミズム』
伊丹 敬之 著 (日本経済新聞出版社,2012年)

私が会社の管理者になる直前に勉強した、古典的な経営学の文書です。それまでに読んでいた経営の本は、ハウツーばかりで読む気がなかったのですが、論理的に記述された理論に驚愕した記憶があります。理系の学生にも敢えて学生時代に読んでおくことで、会社選びだけでなく、社会人の考え方を理解する補助になるのではないでしょうか。ただ、個々の事例は古いので、あまり参考にしない方がいいでしょう。

貸出状況の確認  RUNNERS 


『「無知」の技法 Not Knowing』
スティーブン ・ デスーザ, ダイアナ ・レナー著 ; 上原 裕美子 訳 著(日本実業出版社,2015年)

最近のビジネスのベストセラー本です。「知らない」ことは状態ではなく動作であり、「知らないこと」を知っているのは重要であるとかの新たな思考や生き方のヒントになることが多いです。といってもハウツーではないので、一つの視点として知っておいても損ではない知識です。でも、あえて本書の内容を「知らない」でおくということもあり得ますが。

貸出状況の確認  RUNNERS 


『理科系の作文技術』
木下 是雄 著 (中央公論新社(中公新書)1981年,初版、2002年,46版)

私は会社に入って文章力のなさを感じました。論文だけでなく、誰かに何かを文書で伝えたいときに、本書の考え方を使いましょう。大学院での科学技術表現という講義科目で、教科書として使っているものです。読みやすい本ですので、きっと得ることがあるでしょう。

貸出状況の確認  RUNNERS 


『人を動かす』
デール ・ カーネギー 著 ; 山口 博 訳 (創元社,1999年,改訂:新装版)

私が会社に在籍していたときに、人との付き合い方の重要性を失敗するたびに痛感しました。本書は、80年も前に書かれた古い本ですが、人間の心は普遍です。会社に入る前に本書を読んで仕事に関しての人との付き合い方を理解しておくと、きっとよい仕事ができると思います

貸出状況の確認  RUNNERS 


『エクサバイト』
服部 真澄 著 (角川書店,2008年)

IT関連の小説は多いのですが、タイトルにあるエクサバイト(10の18乗、テラバイトの次がぺタバイトでその次がエクサバイト)というのに魅かれて、私は読んでしまいました。内容も小説として面白かったですし、著名な情報研究者からのアドバイスによってITの記述も非常に信頼性の高い内容になっています。ITは好きだけど読書は嫌いな学生に、強く勧めたいと思います。

貸出状況の確認  RUNNERS 


『英雄三国志 (義軍立つ)』
柴田 錬三郎 著 (集英社,2004年)

貸出状況の確認  RUNNERS 

『英雄三国志 (覇者の命運)』
柴田 錬三郎 著 (集英社,2004年)

貸出状況の確認  RUNNERS 

『英雄三国志 (三国鼎立)』
柴田 錬三郎 著 (集英社,2004年)

貸出状況の確認  RUNNERS 

『英雄三国志 (出師の表)』
柴田 錬三郎 著 (集英社,2004年)

貸出状況の確認  RUNNERS 

『英雄三国志 (攻防五丈原)』
柴田 錬三郎 著 (集英社,2004年)

貸出状況の確認  RUNNERS 

『英雄三国志 (夢の終焉)』
柴田 錬三郎 著 (集英社,2004年)

貸出状況の確認  RUNNERS 

私が大学生のころに真剣に読んだ「三国志」です。「三国志」といえば、吉川英治の大作が有名ですが、この柴田錬三郎の「三国志」も、特徴的な登場人物が鮮やかに書かれていて、楽しく読める大衆文学です。ぜひ、この面白さを体験してみてください。なお、「三国志」に書かれている内容には、戦略と戦術を考えるヒントが多く隠されています。