4つのコース

スポーツ健康科学部は、理論と実践による教育上の相乗効果を高め、グローバルな視野を育成することを目的として、国際連携、地域連携、国内外のスポーツ界および産業界との連携、カレッジスポーツとの連携など、様々な連携型教育を推進します。

スポーツ健康科学部概念図
  • スポーツ科学コース
  • 健康運動科学コース
  • スポーツ教育学コース
  • スポーツマネジメントコース

スポーツ科学コース

スポーツ科学コース

自然科学的な観点からスポーツを理解するとともに、その理論を実践へ活かすスキルを学びます。競技力向上に効果が高いトレーニング法や、競技パフォーマンスに与える心理的影響、運動のメカニズムを生理学・力学などから科学的に理解し、スポーツの実践へ応用できる方法を探ります。

スポーツ産業や健康産業、教員、公務員、大学院進学などを卒業後の進路として予定しています。

健康運動科学コース

健康運動科学コース

健康を維持・増進するため、運動が健康にどのような役割を果たすかを理解し、健康に関わる具体的なプログラムについて学びます。運動生理学、健康増進や生活習慣病のメカニズム、栄養学などを理解し、一人ひとりの健康づくりや国民全体の健康を高めるプランを提案できる人材を育てます。

健康産業、医療品業、食品産業、フィットネスクラブ、医療機関の職員、公務員、教員、大学院進学などを卒業後の進路として予定しています。

スポーツ教育学コース

スポーツ教育学コース

保健体育教員、競技スポ-ツや健康教育指導者に関わる指導スキルを学びます。子どもの発育発達、スポーツ心理、生涯スポーツ、学校体育・学校保健、スポ-ツ指導法など幅広い分野を通して、多くの人々にスポ-ツを観る楽しさ、実践する楽しさを伝えられる指導者を育てます。

中学校/高等学校の保健体育教員、健康産業、公務員、大学院進学などを卒業後の進路として予定しています。

2014年度より「スポーツ教育コース」が「スポーツ教育学コース」に
名称が変更になります。

スポーツマネジメントコース

スポーツマネジメントコース

スポーツ関連組織の運営を効果的に行う方法について学びます。スポーツ用品メーカー、スポーツチームだけでなく、総合型地域スポーツクラブなどを対象に、どのようにすれば、ファンや利用者を増やし、スポーツ団体を活性化させ、安定した運営ができるか、スポーツマネジメントについて探っていきます。

スポーツ産業、健康産業、流通産業、広告業、シンクタンク、公務員、大学院進学などを卒業後の進路として予定しています。



スポーツと健康を科学的・先進的に学ぶ