開講ゼミナールと研究テーマ

サイエンスやテクノロジーでこの分野の新たな可能性を創出

伊坂 忠夫教授

スポーツ健康分野に活用できる機材を、工学の観点から研究・開発しています。その対象の1つがトレーニングマシン。従来のマシンでは、運動中に負荷を増やしたり減らしたり、また粘性要素と弾性要素を組み合わせることはできません。一方、私の研究室で開発したマシンでは、電圧をコントロールすることで、負荷を自由自在に変更できます。

つまり、何種類ものマシンを使わずに、1台だけであらゆる筋肉の鍛錬が可能で、しかも設置場所をとらないというメリットも生まれるのです。改良を続けていけば、リハビリにも応用できるようになるでしょう。このように、既存の観念に捉われず新たな可能性を模索するのが、このゼミナールの醍醐味だといえます。

その他教員の研究テーマ

  • トレーニングと心臓・血管の調節・適応に関する研究、運動効果の個人差における遺伝的影響の解明
  • トレーニング科学、健康の維持増進・競技力向上のための体力トレーニング
  • センサ開発、人間の運動、感性量の定量評価、センサ技術のスポーツ・健康分野での応用 など

幅広い視野でコーチングを捉え社会で活用できる応用力を修得

岡本 直輝教授

コーチングについて、より深い研究を展開していきます。指導とは、対象が子どもか大人か、アマチュアかプロかに加えて、どのような競技を教えるかで、その内容が大きく変わるものです。だからこそ、幅広い視野を持つことが必要になります。そのために、心理・身体的なものだけではなく、生理学やバイオメカニクスの観点からも指導対象をアシストできる力を養成しなければなりません。

さらに、トレーニング法の開発、種目別のコーチング法や競技特性の習得のために、スポーツや教育法について考え続けることも求められています。こういった指導に必要な要素を総合的に養い、社会のあらゆる現場に応用できるコーチング能力を身につけるのが、ゼミナールの主な目的です。

その他教員の研究テーマ

  • 身体スキルの獲得過程と指導に関する研究
  • 入門期英語教育における教育方法 ~基礎的スキルの指導を中心として~
  • 国民の健康観形成と健康づくりの諸課題 など

生活習慣病の予防に向けた健康づくりのための運動処方

真田 樹義准教授

メタボリックシンドロームと同じくらい生活習慣病のリスクが高いとされるサルコペニア肥満、その予防に効果的な運動処方について研究しています。痩せているのに腹囲だけが突出して高い数値となるサルコペニア肥満は、体格指数(BMI)検査では問題がない数値となるため、発見が遅れがちです。その評価は、腹囲の測定や血液検査、食事の簡易調査をはじめ、骨密度測定装置を用いた体組成調査などで行います。

ゼミナールでは機器の測定法やしくみ、およびその結果を反映した運動処方について学習。体力水準や体質、環境要因に合わせたテーラーメイド処方を実施します。さらに、測定結果をわかりやすく伝え、評価することによる対象者の気づきや行動変容の技術は、対人指導能力として役立てることができます。

その他教員の研究テーマ

  • スポーツに関わる人の栄養教育・支援に有効なコミュニケーションツール作成に関する研究
  • 骨格筋エネルギー代謝に関する研究
  • 身体活動・運動による生活習慣病予防に関する研究 など

スポーツ先進国の成功例をもとに柔軟な発想力を身につける

小沢 道紀准教授

サービス系のマーケティングを基盤に、スポーツマーケティングに関する研究を行います。スポーツというサービスですが、実はその顧客の満足がかなり特殊なのはご存知でしょうか。なぜなら、観戦理由が好きなチームの勝利である以上、消費者が支出に対して必ず満足できるとは限らないからです。

アメリカなどではショーの導入や、試合後のファンの集いなどもサービスに含めることで、スポーツビジネスにおいて成功を収めていますが、日本ではこの点において未成熟。こういった背景をふまえ、どのようなサービスを企画・創造するのかを考えていくのがゼミナールの主題となります。その過程でグループで行う外部調査を通じて、自分の考え方の特性がわかるのも、研究の醍醐味の1つです。

その他教員の研究テーマ

  • 医療経済学、生活習慣病予防の経済学、スポーツの医療費削減効果
  • スポーツ組織のマネジメントおよびスポーツ振興とまちづくりに関する研究
  • プロスポーツビジネスを中心としたスポーツビジネスの研究 など

スポーツと健康を科学的・先進的に学ぶ