学部長挨拶

学生一人ひとりの視野を大きく広げる、本学部での学び。その先には多様な未来が待っています。

現在、国内では2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックへ向け、スポーツを中心とする様々な取り組みが行われています。スポーツ健康科学の分野においてもさらなる展開を国内、国外から期待されている状況です。

そんな中、本学部においては、学部設立より、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学分野への理解をもって世界で活躍する人材の育成を目指してきました。

それは、単に海外に行くと言うことだけでなく、国内外において、世界に貢献する研究や開発活動を伺うことももちろん含まれます。そのために本学部の教員は、世界中にネットワークを持ち最先端の研究成果を、国際発信をされている研究者で構成しています。

また、それらの研究にふさわしい施設・設備・ネットワークが整っています。この素晴らしい環境の中でこれからの未来を作る皆さんに、ぜひ学んで頂きたいと考えています。

そして、「あいコア(i-core)※」精神で表される、スポーツ健康科学のプロとしての視点を持って、世界中で活躍していただきたいです。

プロフェッショナルに求められる、志・思考行動を、本学部の教育研究棟(Integration Core)の愛称「あいコア(i-core)」で表現し、常に心がけています。



スポーツと健康を科学的・先進的に学ぶ