学部長挨拶

私たちが直面する人類的課題を、
価値観が異なる他者と協働して粘り強く解決し、
Society 5.0社会を開拓する人材を育成する

スポーツ健康科学部 学部長 大友 智

私たちは、歴史上、どのような位置にいるのでしょうか。
人類の開始を狩猟社会のSociety 1.0としておけば、稲作技術が普及した農耕社会のSociety 2.0、蒸気機関が発明された工業社会のSociety 3.0、コンピュータの出現による情報社会のSociety 4.0、そして、今、私たちが迎えようとしている超スマート社会のSociety 5.0です。
Society 5.0では、無人トラクターやドローン宅配等、全てのモノがインターネットに繋がるモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)等の高度な先進技術の導入により、少子高齢化、地方活性化、災害・テロ等のあらゆる課題を解決していくことが期待されています。
私たちの学部では、すぐそこに来ているSociety 5.0という社会において、ヒト・ひと・人を科学し、人々の健康と幸福、世界の平和に貢献する人材を育てたい、さらに、スポーツ健康科学の視点から未来を拓く人材を育てたい、と強く願っています。

 

私たちのスポーツ健康科学部は、今、大きく変わろうとしています。
現在発揮している能力、自分が持っていることに本人すら自覚していない潜在的能力、そして、未だ一般社会でも知られていない能力、そういった能力について本学部に在籍する全ての学生及び教職員が、高度化し、洗練化し、顕在化させ、獲得していくことが必要ではないかと考えています。  私たちが直面する人類的課題について、価値観が異なる他者と協働して粘り強く解決し、Society 5.0社会を開拓する人材を育成する、そのような学部を目指したいと思います。

最後になりますが、いつも変わらず本学部を支えて頂いている在籍学部生の保護者の皆様、本学部卒業生の皆様、企業等の皆様、国・地方自治体等の行政関係の皆様、大学執行部の皆様、他学部等の教職員の皆様に、心より感謝申し上げます。



スポーツと健康を科学的・先進的に学ぶ