人材育成目的と3方針

Ⅰ.人材育成目的

スポーツ健康科学の教育研究を通じて、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学分野への理解を持ちつつ、社会の発展に貢献する人間を育成することを目的とします。

Ⅱ.アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

スポーツ健康科学部は、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学の理解をもとに社会の発展に貢献する人間を育成することを目的としています。
この目的を実現するために、以下のような学生を求めています。

1.文理融合の総合科学であるスポーツ健康科学を学ぶための確かな学力を有する学生
2.理論と実践を通じてスポーツ健康科学を学ぶ知的好奇心と強い関心・意欲を有する学生
3.修得した専門性を国内外に向けて積極的に発信・実践していきたいと考える学生

Ⅲ.カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

スポーツ健康科学部では、人材育成目標を達成するために、以下のような教育課程を編成しています。

1. 学部共通事項

総合的・学際的カリキュラム

医学、保健衛生学、理学、工学、教育学、経済学、経営学といった隣接する学問領域と連携し、総合的・学際的な視点で学びを進めます。

確実に学びを深める系統的カリキュラム

基礎科目・基礎専門科目・専門科目の3つの科目区分の中に、さらに小科目区分を設け、小科目区分ごとに必修科目や卒業に必要な単位数を定めて、系統的な履修を進めます。なお、卒業時には4年間の履修の集大成として必ず卒業論文を作成します。

発信を重視した英語教育

関心のあるテーマについて英語で発表することを通じて、英語運用能力とコミュニケーション能力を高め、国際的に活躍できる力を養成します。

地域や企業と連携した実践的カリキュラム

講義で得た理論を様々な実践を通じてより深く身につけるために、インターンシップ、サービスラーニングという学外での実習が可能なプログラムを実施します。

4年間を通じた小集団教育

1回生から4回生まで小集団科目を配置し、学生一人一人へのきめ細かな指導を行います。

2. コース別

スポーツ科学コース

自然科学の概念を用いてスポーツを解析し、競技力向上に貢献する方法を理解するとともに、そこで得た理論を実践へ合理的に応用できる力を育成します。

健康運動科学コース

健康を維持・増進するために、運動や栄養摂取が健康に果たす役割や身体に与える影響・効果を適切に理解します。また、健康にかかわる課題に対して具体的な運動プログラム等を提案する力を育成します。

スポーツ教育コース

スポーツに関わる分野の指導スキルならびに教育に関わる幅広い関連知識を身につけ、リーダーシップを発揮できる高度な教育力を育成します。

スポーツマネジメントコース

様々なスポーツ組織や健康関連組織の運営を理解すると共に、そのような組織の社会との関わり方の理解を深め、組織内でリーダーシップ、コーチング力を発揮できる力を育成します。

Ⅳ.ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

スポーツ健康科学部では、人材育成目標を達成するために、以下の通り卒業時点において学生が身につけるべき能力(教育目標)を定めます。これらの能力の獲得と所定の単位の修得をもって、人材像の達成とみなし、学士(スポーツ健康科学)の学位を授与します。

  1. スポーツ健康に関する科学的視点や、基礎知識・基礎理論を、総合的・学際的に理解することができる。
  2. 幅広い教養と国際的な感覚を身に付け、グローバルな視野からスポーツ・健康を分析・検討・実践していくことができる。
  3. リーダーシップ、コーチング理論への深い理解に基づいた指導を行うことができる。
  4. 豊かな倫理観および自らのキャリアに関する高い意識を持ち、社会の発展に自らの能力を役立てるという、強い使命感を持つことができる。
  5. 社会貢献、地域貢献等を通じて、スポーツ健康科学を社会に広めて行くことができる。

Ⅴ.教職課程について(教員養成の理念・認定課程の設置の趣旨)

1. 教員養成の理念

スポーツ健康科学部は、スポーツ健康科学の教育研究を通じて、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学分野への理解を持ちつつ、社会の発展に貢献する人間を育成することを目標としている。この目標の実現に向けて、以下の視点で教育課程をはじめ、教員組織や施設・設備を整備している。

  1. 体育学を軸に、医学、保健衛生学、理学、工学、教育学、経済学、経営学など隣接する学問領域と連携し、総合的・学際的な視点とグローバルな視点でスポーツ健康科学を学ぶ。
  2. 4つのコースを設置し、専門性を育成する。
  3. リーダーシップ、コーチング力を育成する。
  4. 理論と実践、社会連携・地域連携による学びを深める。
  5. 豊かな倫理観、社会人としての使命感を育成する。

以上の理念、ならびに立命館大学の教職課程教育において養成を目指す教師像である、6つの力(授業力、児童生徒理解力、教師としてのコミュニケーション力、教師としてのマネジメント力、教師としての自己形成力、教師として学び続ける力)を踏まえ、スポーツ健康科学部では、総合的・学際的かつグローバルな学びと4コースでの学び、ならびに「教科に関する科目」等の履修を通じて「授業力」を、リーダーシップやコーチング力ならびに「教職に関する科目」等の履修を通じて「児童生徒理解力」「教師としてのコミュニケーション力」「教師としてのマネジメント力」を、理論と実践や社会連携・地域連携による学びを通じて「教師として学び続ける力」を育成し、社会人としての使命感や豊かな倫理観を持ち(自己形成力)、生徒にスポーツや社会活動の重要性を伝え、スポーツの楽しさや健康に関わる知識を広め、指導していくことのできる中学校・高等学校教員を育成することを目標としている。

2. 認定課程の設置の趣旨

中学校教諭一種免許状(保健体育)

「中学校学習指導要領」では、保健体育科の教科目標を「体育や保健の見方・考え方を働かせ,課題を発見し,合理的な解決に向けた学習過程を通して,心と体を一体として捉え,生涯にわたって心身の健康を保持増進し豊かなスポーツライフを実現するための資質・能力を育成することを目指す」とし「(1)各種の運動の特性に応じた技能等及び個人生活における健康・安全について理解するとともに,基本的な技能を身につけるようにする。」「(2)運動や健康についての自他の課題を発見し,合理的な解決に向けて思考し判断するとともに,他者に伝える力を養う。」「(3)生涯にわたって運動に親しむとともに健康の保持増進と体力の向上を目指し,明るく豊かな生活を営む態度を養う」と資質・能力の柱を定めている。日本において「超高齢化社会」、「人口減少社会」は既に到来しており、健康寿命の延伸は社会的に重要な課題となっている。グローバルな社会を迎えた21世紀において、日本から世界へ、また世界から日本への迅速な情報発信が求められており、特に人類共通のテーマであるスポーツや健康に関わる課題の合理的な解決等について、国際感覚とグローバルな視野から分析・検討・実践していくことができる人材を育成する事が重要と認識している。
スポーツ健康科学部では、学習指導要領が定める教科目標や社会的動向を踏まえ、学部の教育課程(学士課程)と連携した教員養成を進めることを目指しており、高い専門性をそなえた中学校保健体育科の教員を養成することが可能である。
以上により、中学校教諭一種免許状(保健体育)の取得が可能な教職課程を設置する。

高等学校教諭一種免許状(保健体育)

「高等学校学習指導要領」では、保健体育における教科の目標を「体育や保健の見方・考え方を働かせ,課題を発見し,合理的,計画的な解決に向けた学習過程を通して,心と体を一体として捉え,生涯にわたって心身の健康を保持増進し豊かなスポーツライフを実現するための資質・能力を育成することを目指す」とし「(1)各種の運動の特性に応じた技能等及び社会生活における健康・安全について理解するとともに,技能を身につけるようにする。」「(2)運動や健康についての自他や社会の課題を発見し,合理的,計画的な解決に向けて思考し判断するとともに,他者に伝える力を養う。」「(3)生涯にわたって継続して運動に親しむとともに健康の保持増進と体力の向上を目指し,明るく豊かで活力ある生活を営む態度を養う」と資質・能力の柱を定めている。日本において「超高齢化社会」、「人口減少社会」は既に到来しており、健康寿命の延伸は社会的に重要な課題となっている。グローバルな社会を迎えた21世紀において、日本から世界へ、また世界から日本への迅速な情報発信が求められており、特に人類共通のテーマであるスポーツや健康に関わる課題の合理的,計画的な解決等について、国際感覚とグローバルな視野から分析・検討・実践していくことができる人材を育成する事が重要と認識している。
スポーツ健康科学部では、学習指導要領が定める教科の目標や社会的動向を踏まえ、学部の教育課程(学士課程)と連携した教員養成を進めることを目指しており、高い専門性をそなえた高等学校保健体育科の教員を養成することが可能である。
以上により、高等学校教諭一種免許状(保健体育)の取得が可能な教職課程を設置する。



スポーツと健康を科学的・先進的に学ぶ