学部紹介

人材育成目標と3方針

人材育成目的

スポーツ健康科学の教育・研究における智の融合を通して、⼈々の健康、幸福な社会、ならびに平和な世界を創造するとともに、志⾼く未来を拓く⼈材を育成する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与⽅針)

スポーツ健康科学は学際的な総合科学である。
スポーツ健康科学部では、⼈材育成⽬的の達成に向けて、以下の通り卒業時点において学⽣が⾝につけるべき能⼒(教育⽬標)を定めます。所定の単位の修得(卒業論⽂を含む)をもって教育⽬標の達成とみなし、学⼠(スポーツ健康科学)の学位を授与します。

  1. 深く論理的に考える⼒と教養を⾝につけ、ならびに、スポーツ健康科学分野の知識を総合的に理解して活⽤することができる。
  2. 多様な⼈々との協働及び異分野を融合して、社会貢献につながる問題解決に取り組むことができる。
  3. 責任を持って社会課題を解決していくために、志⾼く主体的に挑戦することができる。
  4. ⾃⾝が属する組織並びに社会の魅⼒及び価値を⾼めるために、⾃⾝の魅⼒を発揮するとともに他者の魅⼒を活かしながら成果を⽣み出すことができる。

卒業研究評価基準について
本学部では、以下の卒業研究評価基準を明⽰し、評価の客観性および透明性を図り、その基準に基づいて卒業研究評価を⾏っています。

  1. 研究テーマの適切さ
  2. 研究の信頼性・妥当性
  3. 研究成果の意義
  4. 卒業研究の体裁
  5. 取り組み姿勢とプレゼンテーション

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施⽅針)

スポーツ健康科学部では、教育⽬標を達成するために、以下の教育課程を編成しています。

  1. 論理的に深く考える⼒と教養を⾝につけ、ならびに、スポーツ健康科学分野の知識を総合的に理解し、それらを説明して活⽤することができる⼒を獲得するために教養科⽬・外国語科⽬・基盤科⽬・領域科⽬・融合科⽬で学びます。
  2. スポーツ健康科学分野に関する知識を活⽤し、多様な⼈々との協働及び分野を融合して、社会貢献につながる問題解決に取り組むことができるようになるため、基盤科⽬・領域科⽬・融合科⽬で学びます。
  3. スポーツ健康科学分野の知識を活⽤し、責任を持って社会課題を解決していくために、志⾼く主体的に挑戦することができる⼒を獲得するため、専⾨⼩集団科⽬、領域科⽬、融合科⽬で学びます。
  4. ⾃⾝が属する組織や社会の魅⼒と価値を⾼めるために、⾃⾝の魅⼒を発揮するとともに他者の魅⼒を活かしながら成果を⽣み出すことができる⼒を獲得するために、基盤科⽬の演習科⽬と領域科⽬の総合科⽬という専⾨⼩集団科⽬、プロフェッショナル・キャリア形成科⽬で学びます。

教養科⽬の学びは、⾃由に⽣きるための知性を磨きます。他者と出会い、未来を拓く⼈⽣の道筋に沿って、⾃分と社会を⾃由にする学びです。スポーツ健康科学の学びと相乗効果を⽣みます。

外国語科⽬の学びは、発信を重視し、⾃⾝の関⼼あるスポーツ健康科学のテーマで学びリサーチした成果を発表することで、英語運⽤能⼒とコミュニケーション能⼒、リサーチ・リテラシーを⾝につけ、国際的に活躍できる⼒を育みます。

専⾨・基盤科⽬の講義科⽬の学びは、学際的・総合的科学であるスポーツ健康科学の基礎的理解を深めるとともに、スポーツ健康科学の本質や価値、果たす役割についての理解も深めます。

専⾨・領域科⽬の専⾨領域科⽬は、「スポーツサイエンス」「健康運動科学」「スポーツ教育学」「スポーツマネジメント」の4領域から専⾨科⽬を構成します。専⾨領域科⽬の学びは、領域を横断しながら、学際的・総合的に学ぶとともに、⾃⾝の研究テーマの⼟台をつくります。

専⾨・融合科⽬の学びは、⾃⾝のテーマでスポーツ健康科学の智を極め、異なるテーマで学ぶ学⽣と切磋琢磨し、⾃他の魅⼒を引き出し合いながら、困難があろうとも主体的に挑戦して課題発⾒・解決に取り組む学びを展開します。

専⾨・⼩集団科⽬の学びは、基盤科⽬の演習科⽬から始まり領域科⽬の総合科⽬の学びへとつながります。融合科⽬の学びでは、⼀⼈⼀⼈の関⼼に則したスポーツ健康科学の探究を進めます。専⾨⼩集団科⽬の学びの集⼤成として、研究活動を展開し、卒業論⽂へと結実します。

プロフェッショナル・キャリア形成科⽬は、スポーツ健康科学分野におけるより⾼度な専⾨性を⾝につけ、習得した知識とスキルを実践で活かすことをねらいとしています。具体的には、国家資格を始め、スポーツ健康科学分野に関連する資格取得や実践に不可⽋な知識とスキルを⾝につけます。また⾃らのキャリアを切り拓くために必要な知覚と感性を磨くこともねらいとしています。

アドミッション・ポリシー(⼊学者受け⼊れ⽅針)

スポーツ健康科学部では、以下のような素養を有した学⽣を求めます。

  1. 論理的に考える基礎的素養を⾝につけ、スポーツ健康科学分野を学ぶために必要な学⼒を有する学⽣
  2. 多様な価値観を持った⼈々及び異分野の⼈々と融合した学びに、意欲的に取り組むことができる学⽣
  3. 社会課題の解決及び社会貢献のために、スポーツ健康科学分野の学びに主体的に挑戦する意志を持つ学⽣
  4. ⾃⾝の持ち味を理解し、⾃⾝の持っている⼈間的魅⼒を発揮する意欲を持つ学⽣