ニュース

最新のニュース

2018.06.05

第16回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムで田中さんが優秀ポスター賞を受賞

2018年6月2日(土)〜3日(日)に東京理科大学野田キャンパスにて開催された第16回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムで、生命科学研究科応用化学コースの田中宏樹さん(前期課程1回生 超分子創製化学研究室、指導教員:前田大光教授)が優秀ポスター賞を受賞しました。

今回の学会は「分子認識」と「超分子」を中心とする有機化学・無機化学・分析化学・高分子化学・生化学・生体関連化学・材料科学・超分子化学・バイオテクノロジー化学など、分子間相互作用が関わるすべての研究について討論されました。


発表タイトル:『ポルフィリンAuIII錯体を基盤としたπ電子系イオンペア集合』
適切に設計・合成したπ電子系イオンを規則配列させることで集合体を形成し、メモリデバイスなどとして新たな機能を発現させることを目的に研究を進めています。今回、π電子系カチオンであるポルフィリンAuIII錯体を新たに合成し、対アニオンと安定なイオンペアを形成し、アニオンの種類によってイオンペアの極性が制御できることを見出しました。さらに、SPring-8(大型放射光施設)の放射光を用いた単結晶X線構造解析により、イオンペア集合体の配列形態を明らかにしました。
今回、自身の研究成果を優秀ポスター賞という形で評価していただき、非常にうれしく思います。今回の受賞対象となった研究を進めるにあたり、ご指導いただいた前田大光教授、羽毛田洋平助教、研究室のメンバーに心より感謝申し上げます。







受賞おめでとうございます!!

今回開催されました第16回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムの詳しい情報はこちらです↓
https://sites.google.com/site/shgsc2018/home

2018.04.24

生命科学部長表彰の若手教員表彰式が行われました


 この生命科学部長表彰は、顕著な研究業績をあげた39歳以下の若手教員を顕彰するために生命科学部学部長賞を授与し、併せて生命科学部全体の研究力向上に資するものとして設立されたものです。

  今回、生命科学部では応用化学科の山下翔平助教と生命情報学科の笠原浩太助教が受賞されました。

 

応用化学科 山下翔平先生

□日時:2018327日(火)

□場所:リンクスクエア2階演習室2A

 【山下先生の表彰された研究内容について】

 触媒は、限られた資源やエネルギーを効率的に利用するために必要不可欠な存在です。ニッケル(Ni)触媒はメタンの水蒸気改質反応や二酸化炭素改質反応によって、水素と一酸化炭素の混合ガス(合成ガス)の製造に有用であり工業的に利用されています。この触媒が作用するミクロな世界での化学反応のメカニズムを詳細に理解する事が、将来の触媒開発に対する重要な指針になると考えられ、そのために放射光を利用した触媒研究が進められています。

 山下先生は、無機触媒化学研究室に所属し、気相と固相の界面で進行する触媒反応のメカニズムに関するX線吸収微細構造(XAFS)法を用いた基礎研究を進めています。過去2年間では、基本的な反応ガスとして水素や酸素に加え、より実用的な反応ガスとしてメタンや二酸化炭素、一酸化炭素や一酸化窒素などが触媒の働きを担うニッケル粒子上でどのような振る舞い(化学反応)を見せるのかについてのメカニズムを解明し、国内外で発表する事で情報発信に積極的に取り組んできました(国際論文5報、総説1報、国際会議報告4件、国内学会発表25件)。このような活動成果が認められ、今回の受賞となりました。

 

生命情報学科 笠原浩太先生

□日時:20184月24日(火)

□場所:リンクスクエア2F生命科学部教授会室

【笠原先生の表彰された研究内容について】

  通常タンパク質はそれぞれ特徴的な形を持っていますが、天然変性領域と呼ばれる特定の形をもたないタンパク質領域の存在が近年明らかになってきています。タンパク質の天然変性領域はリン酸化などのいわゆる翻訳後修飾を受けることが多く、細胞内での機能制御に重要であると考えられています。しかしながら特定の形が無いため、X線結晶構造解析などの方法で解析することができず、どのようなメカニズムで機能しているのかについては不明な点を多く残しています。

 笠原先生はがんや自己免疫疾患において重要なタンパク質Ets1が持つ天然変性領域について、リン酸化が遺伝子発現制御を行うメカニズムを、分子シミュレーションによって明らかにしました。過去2年間で、国際論文12報(うち筆頭著者7報、責任著者7報)、著書1冊(チャプターひとつを担当)、国際学会2件、国内学会32件の研究発表を行い、HPCI利用研究課題優秀成果賞を受賞しました。これらの成果が認められ、今回の受賞となりました。

  

 

受賞おめでとうございます!!


2018.04.13

2018年3月末申請 博士学位授与申請論文 公聴会のお知らせ

博士学位(甲号1件・乙号1件)申請論文の公聴会を
開催致しますので、多数ご参加くださいますよう
お願い申し上げます。
なお、公聴会に先立ち、「2018年3月末申請 博士論文」の
閲覧を希望される方は、
生命科学部事務室(リンクスクエア2階)までお越しください。

開催日時等の詳細はこちらをご覧ください。

2018.03.16

【開催日変更】若手教員に対する学部長賞表彰(記念講演のご案内)

生命科学部では、生命科学部全体の研究力向上に資することを目的に
顕著な研究業績をあげた若手教員を対象に「生命科学部学部長賞」を授与しています。

2017年度は、
 ・応用化学科  助教 山下翔平 先生
 ・生命情報学科 助教 笠原浩太 先生 に授与されることが決定いたしました。


つきましては下記の通り表彰式および記念講演が行われますので、ご案内いたします。
年度末・年度初めのお忙しい時期での開催となりますが、是非ともご参加いただきますようお願い申し上げます。


 応用化学科 山下翔平先生

□日時:2018年3月27日(火)
□場所:リンクスクエア2階演習室2A
    表彰式   13時30分~、
    記念講演  表彰式後(13時40分ごろ)~


 生命情報学科 笠原浩太先生 開催日・場所が変更になりました
□日時:2018年4月24日(火)
□場所:リンクスクエア2階生命科学部教授会室
    表彰式   13時30分~、
    記念講演  表彰式後(13時40分ごろ)~

 

2018.02.19

M2堤さんが第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウムにおいてJSR2018学生発表賞を受賞!!

2018年1月8日(月)~10日(水)につくば国際会議場で行われた第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(主催:第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム組織委員会)において、博士課程前期課程2年の堤直紀さん(無機触媒化学研究室 指導教員:稲田康宏教授)がJSR2018学生発表賞を受賞しました。

 

発表タイトル:『シリカ担持コバルト触媒の粒子サイズに及ぼす前駆体効果に関するXAFS解析』

 

乾燥過程におけるコバルト前駆体塩が析出する際の飽和水溶液の状態をモデル化することで、触媒活性を向上させる上で重要な粒子サイズがコバルト前駆体の溶解度に依存することを明らかにした研究です。本研究で得られた知見は触媒調製において金属前駆体や担体を検討するうえで重要な指針となり、より高性能な触媒設計につながることが期待されます。

 

受賞コメント

この度はJSR2018学生発表賞という名誉ある賞に選出して頂き大変光栄に思います。日頃よりご指導頂いております稲田康宏教授、片山真祥講師、山下翔平助教、並びに本研究にご協力頂きました無機触媒化学研究室の皆様に厚く御礼申し上げます。この受賞を励みに、社会に貢献できる人材となれるよう日々精進したいと思います。

 

 


おめでとうございます!!


2018.02.15

2018年度研修生・研究生手続要項をアップしました


2018年度研修生・研究生の手続要項は以下のとおりです。

手続要項をよく確認し、出願される場合は、出願期間中に出願してください。

2018年度研修生・研究生 手続要項

2018年度研修生・研究生 願書


2018.02.08

2017年度後期 生命科学研究科修士論文 公聴会開催のお知らせ

2017年度後期 生命科学研究科修士論文公聴会 開催のお知らせ

2017年度後期 生命科学研究科修士論文公聴会を開催いたします。
多数のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちらをご確認ください。


2018.01.15

CEMSupra 2018で久野さんがCEMS Rising Star Award(ポスター賞)を受賞!!

201819日(火)~10日(水)に東京大学伊藤謝恩ホール(東京都文京区)にて開催されたCEMSupra 2018(理化学研究所創発物性科学研究センター(CEMS)主催)で生命科学研究科応用化学コース、前期課程2回生の久野 温子さん(超分子創製化学研究室、指導教員:前田大光教授)がCEMS Rising Star Award(ポスター賞)を受賞しました。

 

CEMSupra 2018は超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウムであり、国際的に著名な10名の研究者を招聘し、分子集合体科学、機能性ナノ材料、光エネルギー変換システム、有機電子デバイス、生体関連材料など、超分子化学と機能性材料に関わる研究分野のトップエンドの講演がされました。このシンポジウムを通じて、関連する科学分野に属する研究者が最新の研究成果やアイデアを分かち合い、議論することで、将来の確かな方向性をさぐり、共同研究を促進し、さらに前進することを目的に開催されています。

 

発表タイトル『 Highly Anion-Responsive π-Electronic Molecules by Conjunction of Pyrrole and Amide Moieties 』

 

 <受賞者のコメント>

アニオンと会合するπ電子系化合物の合成およびイオンペアの組み合わせによる集合化および機能性材料の創製をめざして研究を行っています。今回、多点での相互作用部位を導入したπ電子系を合成し、非常に高いアニオン会合能を発現することを見出しました。さらに単結晶X線構造解析により、アニオン会合体と対カチオンの規則配列構造の解明にも成功しました。

今回、国際学会という大きな発表の場で、自身の研究結果をCEMS Rising Star Awardという形で評価していただき、たいへん光栄に思います。研究を進めるにあたりご指導いただいだ前田大光教授、共同研究者の方々、研究室のメンバーに心から感謝いたします。


   


受賞おめでとうございます!!