ニュース

最新のニュース

2019.05.13

日本化学会第99春季年会で 笹野力史さんが学生講演賞を受賞!!

2019年3月16日(土)~19日(火)に、甲南大学岡本キャンパス(兵庫県神戸市東灘区)で行われた日本化学会第99春季年会において、2019年3月博士課程後期修了生の笹野力史博士(超分子創製化学研究室 指導教員:前田大光教授)が、学生講演賞を受賞しました。
日本化学会春季年会は、化学に関係するあらゆる学問領域・分野の研究者が集まる国内最大級の学術集会として、毎年開催されています。

笹野力史博士 発表タイトル 
『ポルフィリンアニオンの創製とイオンペア集合体』 

《  受賞コメント  》
 私は昨年度まで前田先生のもと、π電子系アニオンの創製と超分子集合体の形成について研究を進めていました。ヒドロキシポルフィリンは塩基による脱プロトン化によりπ電子系アニオンを形成し、種々のカチオンとイオンペア集合体を形成することが可能です。今回、合成過程で見出した副生成物を起点とし、ヒドロキシポルフィリンの誘導化を達成することができました。さらに、SPring-8の放射光を利用し、置換基に依存したイオンペア集合体の形態制御を見出しました。このような研究成果を学生講演賞という形で評価していただき、たいへん光栄に思います。ご指導いただいた前田先生、羽毛田先生をはじめ、研究室のメンバーや共同研究者の方々に深く感謝を申し上げます。
 4月から私は研究室を離れ、企業の研究職として働いています。学生時代に学んだことを忘れず、常にベストを尽くして研究に邁進していきたいと考えております。

2018 No24 笹野さん授賞201903
受賞、おめでとうございます!!

参加した学会については、下記URLを参照ください。

2019.04.09

Eka Novitasariさん(M2)が第9回BaSIC国際学会でポスター賞を受賞!!

2019320日~21日にインドネシアのブラヴィジャヤ大学で行われた、第9Basic Science International Conference(BaSIC)において、博士課程前期課程2年のEka Novitasariさん(無機触媒化学研究室 指導教員:稲田康宏教授)がBest Presenter賞を受賞されました。

Ms. Eka Novitasari (M2) received “Best Presenter Award” for her presentation entitled “Redox reactions of ZrO2-supported Ni catalysts prepared by incipient wetness and precipitation method investigated by means of in situ XAFS spectroscopy”, given at The 9th Basic Science International Conference(BaSIC) held on March 20-21, 2019 at the Faculty of Science, Brawijaya University, Indonesia.


【受賞コメント】
It was the first international conference I attended. The conference theme was “Recent Advances in Basic Science toward 4.0 Industrial Revolution”, which covered a broad range of research fields. Various researchers and experts from overseas attended the conference, so it was a good opportunity for me to exchange our research interests. Also, I am glad that I was able to make friends with students from China, Gambia and of course, many Indonesians. On the last day of the conference, I received one of the "Best Presenter" awards for my poster presentation entitled “Redox reactions of ZrO2-supported Ni catalysts prepared by incipient wetness and precipitation method investigated by means of in situ XAFS spectroscopy”. I am honored to have received such an award, since I was not expecting it. This achievement would not have been possible without the guidance and advice from my supervisor Professor Yasuhiro Inada, Lecturer Misaki Katayama, Assistant Professor Hirokazu Kitazawa and the support from all members of my laboratory.

(和訳)
今回始めて国際学会に参加することになりました。本学会のテーマは、「Recent Advances in Basic Science toward 4.0 Industrial Revolution」という事で、幅広い研究分野に渡ります。海外から様々な研究者や専門家が集まり、意見交換をするとても良い機会となりました。また多くのインドネシア人学生をはじめ、中国やガンビアの学生とも交流することができて嬉しかったです。学会最終日、私は「Redox reactions of ZrO2-supported Ni catalysts prepared by incipient wetness and precipitation method investigated by means of in situ XAFS spectroscopy」というテーマでポスター発表を行いました。そして「Best Presenter賞」を頂くことができ、とても光栄であるとともに驚いています。今回の受賞は、ご指導頂いた稲田康宏教授、片山真祥先生、北澤助教授ならびに研究室メンバーにサポート頂いたおかげです。ありがとうございました。

Ekaさん写真201904
受賞おめでとうございます!
Congratulations!


2019.04.08

M2の木村謙吾さんが第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウムにおいて学生発表賞を受賞しました!

2019年1月9日(水)~11日(金)に福岡国際会議場で行われた第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(主催:第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム組織委員会)において、現在、博士課程前期課程2年の木村謙吾さん(無機触媒化学研究室、指導教員:稲田康宏教授)が学生発表賞を受賞しました。

 

発表タイトル:『二元素DXAFS法によるニッケルマンガン酸リチウム正極の反応解析』

 

リチウムイオン二次電池の正極側活物質に使われるニッケルマンガン酸リチウム中のNiおよびMnの酸化状態を、本学で開発した二元素DXAFS法を用いることで完全に同時に追跡し、電位との厳密な対応付けをすることで、MnとNiの酸化還元が進行する電位と電解液中の溶存化学種の副反応の存在を明らかにした研究です。本研究の結果は、ニッケルマンガン酸リチウム正極を用いたリチウムイオン二次電池が動作する際の基礎的知見となり、さらなる高機能化へ向けた研究に繋がることが期待されます。

 

《 受賞コメント 》

この度はJSR2019学生発表賞という名誉ある賞を頂き、大変光栄に思います。日頃よりご指導頂いております稲田康宏教授、片山真祥准教授、並びに本研究にご協力頂きました無機触媒化学研究室の皆様に厚く御礼申し上げます。今回の受賞を励みに、これまで以上に精進して研究に取り組み、社会貢献に繋がる研究成果をあげたいです。


2019 No1木村さん授賞

受賞、おめでとうございます!


2019.04.03

2018年度 生命科学部長表彰の若手教員奨励賞表彰式が行われました

この生命科学部長表彰は、顕著な研究業績をあげた39歳以下の若手教員を顕彰するために生命科学部学部長賞を授与し、併せて生命科学部全体の研究力向上に資するものとして設立されたものです。 2018年度は、応用化学科 羽毛田洋平先生(任期制講師)が受賞されました。           

    

□日時:2019326日(火)

□場所:リンクスクエア2階教授会室                 
    表彰式   13時30分~

            記念講演  表彰式終了後

                                                                 2018年羽毛田先生受賞1

【表彰された研究内容について】

 低コスト・高い成形加工性といった利点から、近年、π電子系を用いた有機エレクトロニクスへの注目が増しています。このような背景のもと、π電子系を秩序的に集合化させる方法の一つとして、イオン間にはたらく静電引力や斥力を基軸とし、他の弱い分子間相互作用を組み込んだ集合体の創製が近年大きな注目を集めています。羽毛田先生は、現在所属する超分子創製化学研究室(前田研)において、形状や電子状態を適切に調節した会合型および非会合型π電子系イオンを組み込んだイオンペアを形成し、それらの規則配列構造からなる電荷積層型・電荷種分離配置型集合体の構築を結晶・超分子ゲル・液晶中間相において明らかにしました。組み合わせの自由度を活かしたπ電子系イオンペアの設計を基盤とし、π電子系イオン間の相互作用に立脚した集合化挙動を明らかにしたことで、電子の高密度充填を可能とする有機エレクトロニクス材料を創製する指針を提示しました。


 羽毛田先生は、過去2年間で、国際論文12報、総説3報、国際著書における章分担4報、合計19報の業績を挙げています。さらに、国際学会における招待講演1件、国際学会報告13件および国内学会発表として38件の研究発表を行い、2017年の日本化学会第97春季年会では優秀講演賞(学術)を受賞しました。これらの成果が認められ、今回の受賞となりました。

2018年羽毛田先生受賞2

受賞おめでとうございます!!


2019.03.18

2018年度 若手教員に対する学部長賞表彰(記念講演のご案内)

生命科学部では、生命科学部全体の研究力向上に資することを目的に
顕著な研究業績をあげた若手教員を対象に「生命科学部学部長賞」を授与しています。

2018年度は、
 ・応用化学科  助教 羽毛田 洋平 先生 に授与されることが決定いたしました。


つきましては下記の通り表彰式および記念講演が行われますので、ご案内いたします。
年度末のお忙しい時期での開催となりますが、是非ともご参加いただきますようお願い申し上げます。


 応用化学科 羽毛田 洋平 先生

□日時:2019年3月26日(火)
□場所:リンクスクエア2階教授会室
    表彰式   13時30分~
    記念講演  表彰式終了後

2019.03.11

生命科学研究科 臼井さんがHarmonic2018 / SoftHard 2019において優秀ポスター賞を受賞しました

 2019年3月2日・3日、立命館大学 ローム記念館で開催された3rd International Symposium on Hetero Structure and Advanced Materials, 8th International Symposium on Functionalization and Applications of Soft/Hard Materials(Harmonic 2018 / SoftHard 2019)において、生命科学研究科 博士課程前期課程1年の臼井 良介さん(光機能物理化学研究室/指導教員:小林 洋一 准教授)がA best poster award of the 3rd International Symposium on Hetero Structure and Advanced Materialsに選ばれました。このシンポジウムは、ソフト材料の化学系研究者とハード材料の機械系研究者らがボーダーを超えて国内外から集う国際シンポジウムです。

 今回のシンポジウムでは、これまでの活動の集大成として、欧州・アジア諸国等、海外から気鋭の研究者らを多く招き、学生らも交えて最新の研究成果に関する情報交換・成果発信を英語で行いました。

≪コメント≫
この度は、A best poster award of the 3rd International Symposium on Hetero Structure and Advanced Materialsを受賞させていただき、大変嬉しく思います。ご指導頂いた小林先生及び協力して頂いた研究室の皆様に心より感謝いたしております。今後もこれを励みに、研究の更なる発展を目指して、研究に取り組んでいきたいと思っております。

2018 No20 臼井さん授賞①20190311

2018 No20 臼井さん授賞②20190311

受賞おめでとうございます!

2019.02.20

2019年度研修生・研究生手続要項をアップしました

2019年度研修生・研究生の手続要項は以下のとおりです。

手続要項をよく確認し、出願される場合は、出願期間中に出願してください。

2019年度研修生・研究生 手続要項

2019年度研修生・研究生 願書

2019年度研修生・研究生個人情報同意書(日英併記

2019.02.07

2018年度秋学期 生命科学研究科修士論文公聴会 開催のお知らせ

2018年度秋学期 生命科学研究科修士論文公聴会を開催いたします。
多数のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちらをご確認ください。

2019.01.31

オーストラリアで開催されたAIE国際学会において久野助教・黒田さんが受賞!!

2019年1月20日(日)~26日(土)にオーストラリアのアデレードで行われた国際会議「THE 4TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON AGGREGATION INDUCED EMISSION」において、高分子材料化学研究室(堤治教授)の久野恭平 助教が「MDPI Polymers and ACS Omega Innovation Awards」、博士課程前期1回生の黒田由紀さんが「RSC Materials Chemistry Frontier and Science China Chemistry Best Poster Awards」を、それぞれ受賞しました。

 

この国際会議は、凝集誘起発光(AIE)と言われる次世代型発光材料に関する基礎的な学術研究に加え産業応用・デバイス開発までを包括した世界最大規模の会議です。本会議では、AIE材料の最先端の研究動向や新たなブレークスルー、実用デバイスの開発など多岐にわたるトピックについて侃々諤々な議論が行われました。


 

久野恭平 助教 発表タイトル

『Circularly Polarized Luminescence Extremely Amplified in Helical Aggregate Structure of Gold(I) Complex』


《 受賞コメント 》

この度は,名誉ある賞を賜り大変光栄に存じます。 ひとえに、本発表題目に関する研究に日夜邁進してくれた修士学生と博士学生、日々ご助言、ご助力くださる堤治教授のおかげと心より感謝申し上げます。


2019 No19 久野先生授賞20190121


田由紀さん 発表タイトル

『Multicolour Luminescence Controlled by Crystal Size of Trinuclear Gold Complexes』


《 受賞コメント 》

自身の研究成果をポスター賞という形で評価していただき、大変うれしく思います。今回の受賞に際し、ご指導頂いた堤治先生、久野恭平先生、信州大学の伊藤冬樹先生、また、堤研究室、伊藤研究室の皆様に心より感謝申し上げます。


2019 No19 黒田さん授賞20190121


受賞、おめでとうございます!!



参加した学会については、下記URLを参照ください。

→ http://www.aie-4.com/



 



2019.01.23

2018年12月末申請 博士学位授与申請論文 公聴会のお知らせ

博士学位(甲号4件)申請論文の公聴会を開催致しますので、多数ご参加くださいますようお願い申し上げます。

なお、公聴会に先立ち、「2018年12月末申請 博士論文」の閲覧を希望される方は、
生命科学部事務室(リンクスクエア2階)までお越しください。

開催日時等の詳細はこちらをご覧ください。

2018.12.26

生命科学研究科 Han YulianさんがAPA Tutorial on ‘Advances in Photosciences’において奨学生に選ばれました!!

 2018年12月16日、台湾・台北で開催されたAPA Tutorial on ‘Advances in Photosciences’にて、生命科学研究科 博士課程前期課程1年のHAN Yulianさん(光機能物理化学研究室/指導教員:小林 洋一 准教授)がAPA-Edinburgh Instruments Sponsored Scholarsに選ばれました。APA Tutorial on ‘Advances in Photosciences’ はAsian Photochemistry Conference 2018の会期中に開催されたAsian Photochemistry Association (APA)が主催する勉強会です。勉強会ではアジア諸国の多数の大学院生が集い、光化学反応や光物性の基礎、及び物理、化学、生物の多岐にわたる分野で用いられる光を用いた計測手法を学びます。


 

≪受賞コメント≫

この度は、APA-Edinburgh Instruments Sponsored Scholarsの奨学生に採用していただき、大変嬉しく思います。ご指導頂いた小林先生及び協力して頂いた研究室の皆様に心より感謝いたしております。今後もこれを励みに、研究の更なる発展を目指して、研究に取り組んでいきたいと思っております。

2018 No17 HAN Yulianん授賞20181226

おめでとうございます!



APA Tutorial on ‘Advances in Photosciences’の詳細については下記よりご確認ください。


http://apc2018.conf.tw/site/page.aspx?pid=59&sid=1200&lang=en


 






2018.12.26

TBS「未来の起源~若き研究者たちの挑戦~」で久野助教が出演

TBS系で放送中の「未来の起源~若き研究者たちの挑戦~」という番組の撮影が12/7に行われ、久野 恭平助教(高分子材料化学研究室 教員:堤 治教授)が取材を受けました。

 

今回の取材では、久野恭平助教、生命科学研究科博士前期(修士)課程・木村聖哉さん、博士後期課程・具教先さんたちのチームで取り組んでいる「力に応答して色が変化するゴム」に関する研究が取り上げられます。ぜひご覧ください!


20181016新聞掲載

ゴムフィルムにガラスを押し当て、薄くなった部分だけ色が変わります。




【放送予定日】


2018年12月28日(金)23:24~ TBS(関東地域、愛知、三重、岐阜)

2019年1月6日(日)20:54~  BS-TBS(全国放送)


 

【関連記事】


日経産業新聞 「伸び縮みによって色が変わる極薄のゴムフィルムを開発」


第67回高分子討論会で、木村聖哉さんがパブリシティ賞を受賞!!




【番組概要】

TBSテレビ「未来の起源~若き研究者たちの挑戦~」

https://www.tbs.co.jp/program/mirainokigen.html#caststaff


この番組は、最先端科学,技術などの研究に携わっている20代から30代前半の学生や若き研究者の普段の活動と,どうしてこの研究テーマを選んだのか,その先の未来に何を想い描いているのかをインタビュー。彼らを通してその研究分野の現在や未来像の知識も端的に視聴者に伝えると共に,若き研究者としての課題や尊敬するメンターや担当教授などとの人間関係から生まれる温かなエピソードを紹介するという内容です。


 



2018.12.26

第1回若手研究者ワークショップ「材料科学の新領域を切り拓く」を開催!

東京工業大学・環境エネルギー協創教育課程(英略称:ACEEES)の修了生が代表となって発足した「学際的分野開拓研究会(英略称:ACEEES)」が主催となって、12月21日~23日に立命館大学びわこ・くさつキャンパスにおいて、第1回若手研究者ワークショップ「材料科学の新領域を切り拓く」が開催されました。このワークショップは、久野 恭平助教(高分子材料化学研究室 教員:堤 治教授)らが運営メンバーとなり開催されました。

 

当日は、大学や企業で自然科学・社会科学系の研究開発に従事する23名の若手研究者(概ね30歳以下)が出席し、エポック立命21(立命館大学内)にて寝食を共にしながら合宿型のワークショップを行いました。

 


20181226 久野先生ワークショップ




開催報告は、以下URL内にあるPDFをご覧ください。

https://postaceees.github.io/workshops/1stworkshop2018/181221Workshop.html

次年度以降も開催を予定していますので、ぜひともご参加ください!!