在学生の声

2019

海外留学

留学経験は自分自身の「学び方」について見つめなおす大きなきっかけに

水野 真晴さん
2回生

司法特修

大阪府 大阪府立茨木高校

私は、1回生の春、法政海外フィールドスタディーに参加しました。約2週間、オーストラリア国立大学で授業を受けたり、裁判所や国会議事堂の施設見学をしたりするなど、政治や法律について学びました。
まだ法律の基礎を学んだだけの1回生の時点で、現地の英語を聞いたり話したりしながら法律を勉強することは、確かに難しく、理解するのに苦戦しました。しかし、それと同時に、毎日新しい知識が増えていき、非常に刺激的な日々過ごすことができました。
また、サポート役の現地の大学生は、オーストラリアのことはもちろん、日本のことについても私より驚くほどたくさんのことを知っていました。そして何より、積極的に学ぶという姿勢が印象的でした。彼らと出会えたことは、大学での自身の学び方について見つめなおすきっかけになりました。
まだ、現時点で自分の将来を明確に決めることはできていませんが、オーストラリアでの約2週間は、非常に充実しており、将来について考える際のとても重要な経験になりました。これから、約2年間大学でさらにたくさんのことを学ぶことになりますが、関心のある法律分野について積極的に学んでいきたいと思います。

以下の写真は、オーストラリア高等裁判所を訪れた時の写真です。

190829_mizuno2

取材:2019年

BACK