図書館の新型コロナウイルス感染症への対応について(更新:2020年5月14日)

  1. TOP>
  2. 図書館を使う>
  3. 利用案内>
  4. 予約・取寄・リコール

予約・取寄・リコール

予約

他の利用者が借りている資料に対して予約をすることができます。RUNNERS検索結果画面の「予約/取寄」ボタンから手続きをしてください。予約の有効期限は1ヶ月です。1ヶ月以内に借りられなかった場合は、My Libraryから予約の更新をすることができます。

参考 : RUNNERS検索結果画面の「状態」の見方はこちらをご覧ください。

取寄せ

利用を希望するキャンパスに利用可能な資料がない場合(貸出中の場合を含む)は他キャンパス資料の取り寄せができます。MyLibraryにログインし、蔵書検索結果の画面で「予約/取寄」から取寄せ手続きを行ってください。

  • MyLibraryで取寄せをする際に、どこの館のカウンターで受け取るかを指定してください。ただし資料がある館と同一キャンパスにある館のカウンターには取寄せ出来ません、資料のある館にご来館のうえご利用ください。
  • ただし、学部学生が衣笠キャンパスで研究所の資料を利用したい場合は、平井嘉一郎記念図書館サービスカウンターで手続きを行い、資料を取寄せて利用してください。
  • 学部学生の方は、修学館リサーチライブラリー、人文系文献資料室、朱雀リサーチライブラリーで受け取ることはできませんので、他の館のカウンターを指定してください。
  • 取寄せ手続き後、衣笠、BKC、OIC、朱雀のキャンパス間はおおむね翌々日の夕方に、衣笠/BKC/OIC/朱雀とAPU間はおおむね3日後に届きます(間に土・日・祝日、長期休暇を含む場合はこの限りではありません)。
  • 資料によっては取寄せが出来ないものがあります。MyLibrary取り寄せられない資料の取寄せを希望される場合は、各館カウンターへご相談ください。
  • APUライブラリーにある資料を衣笠、BKC、OIC、朱雀キャンパスに取寄せた場合は、APUが定めるキャンパス間相互利用による貸出条件となりますのでご注意ください。
  • 未製本雑誌の取り寄せはできないので、そのような場合は「キャンパス間文献複写サービス」の利用を検討してください。
  • 大阪梅田キャンパスを資料の受取場所に指定できるのは、そのキャンパスで受講または授業を持たれている方に限定します(大阪梅田キャンパスでは図書の取り寄せのみで、キャンパス間文献複写サービスは行っていません)。
  • 朱雀リサーチライブラリーの指定図書など、予約・取寄不可の図書があります。
  • 貴重資料、破損の激しいものなど、取り寄せできない場合があります。

リコール

他の利用者が1ヶ月以上借りている資料を、14日間以内で一時的に借りることができます。各図書館のカウンターでお申し込みください。

  • リコールの申し込みができるのは、学部生・大学院生・教職員で、5冊までです。
  • 試験期間中および春・ 夏の長期休暇期間中は原則として申し込みはできません。
  • 一部の研究資料へのリコールはできません。
  • 一度リコールをした資料は、利用終了後1ヶ月は再度リコールすることができません。

リコールの依頼を受けた方へ

リコールの申し込みがあれば、カウンターからメールにてお知らせします。お知らせの翌日から1週間以内にカウンターへお届けください。お届けの際、再利用の希望の有無をお伝えください。以下の点を予めご了承のうえ、ご協力をお願いします。

  • リコール請求と同時に、返却期限が一旦短縮されます。 その期限を過ぎると延滞扱いとなり、新たな資料の貸出はできません。
  • リコールされた資料を再利用できるようになりましたら、メールにてお知らせします。 カウンターに受けとりにお越しください。再利用できるのは、おおよそ3週間後となります。