立命館大学図書館

  1. TOP>
  2. 展示>
  3. 学生ライブラリースタッフ主催・平井嘉一郎記念図書館ブラインドブック・展示企画「知らない本にきっと出会える~あつまれ!よむりすの森~」リニューアル・期間延長のお知らせ

学生ライブラリースタッフ主催・平井嘉一郎記念図書館ブラインドブック・展示企画「知らない本にきっと出会える~あつまれ!よむりすの森~」リニューアル・期間延長のお知らせ

平井嘉一郎記念図書館で 衣笠学生ライブラリースタッフ(LS)初の大型展示企画を開催します。
1階エントランス左側のギャラリーにて、
「知らない本にきっと出会える ~あつまれ!よむりすの森~」と題し、
ブラインドブック装丁展示の企画を行っています。
8月からは1階 新着本横・特集コーナーにもブラインドブックが増設されました。

 学生の皆さん、図書館でどのくらい本を借りた事がありますか?レポートに必要な本だけの閲覧になっていませんか?平井嘉一郎記念図書館には、皆さんお馴染みの本から、これまで見たことないような貴重な本など、幅広い分野の本が沢山あります。蔵書数が多いからこそ、「沢山ありすぎてどれを読めば良いか分からない…」「いつも同じような本ばかり選んでしまう」という方もいますよね。この機会にぜひ新しい本、普段は手に取らない本との出会いを作ってください。
 オンライン授業中心で図書館をまだ全く使った事がない低回生の方も、この企画に参加すれば本の魅力に触れる事が出来ます。本だけでなく平井嘉一郎記念図書館の基本情報も知る事ができるので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。学生証を忘れてしまっても大丈夫。入館ゲート前のギャラリー(エントランス左側)で開催するので、ふらっと見に行けますよ。(※ブラインドブックの貸出には学生証が必要です)

■ブラインドブックとは?
 本を「読んで」知って貰う為の企画です。学生ライブラリースタッフ(LS)が選書した70冊(20冊を8月から追加!)の中から、オススメコメントを見て、好きなものを選んでください。本はラッピングされているので、カウンターで貸し出して開封するまでは、どんな本かはわかりません!
 皆さんと本との偶然の出会いが待っています。開けるまでのワクワク感も一緒に楽しんでくださいね。この夏、新たな本の魅力を開拓してください。

■装丁展示とは?
 本を「見て」知って貰う為の企画です。本そのものが持つ魅力を感じて貰う為に、本の見た目=装丁に着目して学生ライブラリースタッフが選んだ本を展示します。身近な本から、見た目が特徴的な本、立命館大学の学生にはぜひ知っておいてほしい本、歴史を感じられる本、ここにしかない貴重な本など、平井嘉一郎記念図書館ならではの本のダイバーシティを体感して貰えます。「大学図書館ってどんな本があるのか分からない」という方から、知らない本と出会いたい方まで楽しんで頂ける展示となっています。
 持帰り用パンフレットの配布、各ケースの人気投票、感想ノートも新たに設置されました。一度見た方も、まだ見ていない方も、 必ず楽しめるようになっています。
■よむりすの森とは?
 サブタイトルの「あつまれ!よむりすの森」をイメージしてギャラリーを装飾しています。ブラインドブックを借りる為にフルーツカードを木からもぎ取ったり、展示ケースを順に見ていくと朝からだんだん時間が経って、最後は夜に…?
立命館大学図書館のイメージキャラクターよむりすを中心に、入るだけでワクワクするような世界観になっています。


期間:2021年6月29日(火)~9月14日(火)期間延長
場所:平井嘉一郎記念図書館1階ギャラリー(エントランス左側)
   および1階 新着本横・特集コーナー