卒業生の声

峯岡 真史 さん
峯岡 真史さん
高等学校教諭
2006年度卒業

受験生の皆さんへ

「大学で中国の歴史をしっかり学んでみたい。」「将来は教員になりたい。」これが、私が大学、そして専攻を選ぶ際の気持ちでした。受験勉強は大変でしたが、その苦しみはすでに忘れました。
しかし、ここで学んだ四年間の思い出だけは卒業した今でも忘れることは出来ません。

皆さんは漢文や世界史をどのように学んでいますか。「漢文の返り点は自分でうてるんだ。」「世界史にはこんな見方があるんだ。」これが、私がこの大学で最初に感じたことです。高校までとは明らかに違う「学び」がここにはありました。もちろん、高校とは違う「学び」には、高校とは違う「負担」もあります。「夏休みを使って研究し、夏休み明けにその成果を発表する」なんていうと皆さんはきっと「えー」と思うでしょう。しかし、ここでの「学び」は決して一人で行われるものではありません。
分からなければ教えてくださる先輩や教授、そして「一緒にがんばろう」という姿勢で同じように努力しているゼミの友人たちがいます。私自身、今にして思えば多くの人の支えがあったからこそ出来た「学び」でした。

「教員になりたい」という夢に限らず、夢を実現するために必要なものは充実した日々、具体的には自身の意志で何かを行うという経験だと思います。新入生のお世話や中学校への学習支援、就職活動のための学習会企画など、思えば在学中の私はボランティア三昧の日々でした。
しかし、振り返ってみて、一番プラスになっているのは、「パソコンを少し使えるようになった」ことなどではなく、「自分をだしても支えてくれる人がいる」という認識でした。「学び」についてのところでも述べましたが、この立命館大学文学部東洋史専攻の最大の長所は「排除」ではなく「支える」空気にあります。今、私は念願の教員となり、生徒たちとの楽しい日々を送っていす。もちろん、仕事ですからつらいことはあります。しかし、心のそこから絶望するようなことはありません。おそらくそれは、この東洋史専攻で学んだ有形無形の多くのことが私の中にあるからでしょう。
社会には受験勉強よりもつらいことや嫌なことがたくさんあります。しかし、大学生活の学びはその中で「楽しさ」を見つける手助けになります。受験生の皆さんが今を乗り切ってここの「学び」を体験されることを切に願っています。