教員紹介

Hiroki YAMAMOTO

山本 博樹

山本 博樹
所属学部
総合心理学部
職位
教授
専門
教育心理学、発達心理学
主な担当科目
「教育実践心理学」、「発達・支援特殊講義」
おすすめの書籍
子どもの何を知っているのか東井 義雄 (著) 明治図書 誰のためのデザイン?ドナルド・A・ノーマン (著) 新曜社

現在の研究テーマ(または専門分野)について教えてください。

私は、学習者が抱える理解不振の改善を図るために、理解を支援する説き方 (説明方略) を発達段階に応じて理論的・実践的に検討しています。具体的には、以下の3つの研究に取り組んでいます。

第1に、児童生徒の理解と支援方法の研究です。児童生徒の教材理解のメカニズムを検討し、支援方法を検討しています。第2に、理解を支援する説き方の研究です。特に、児童生徒が抱える理解不振を改善するように、理解を支援する説き方を検討しています。第3に、理解の発達に応じた説き方の研究です。理解の発達を踏まえつつ、それぞれの発達段階で出くわす理解不振を把握し、その改善につなげる説き方を検討しています。

どんな学生時代を送っていましたか。

小・中・高・大すべてを振り返っても、その時々で、つまずいた学生時代を送っていたように思います。

例えば、小学校の時、「図画工作」で思い通りの絵が描けませんでした。友達は上手に黄色やら緑やらを使って、校舎の屋根瓦とその上の雲を上手に描いていた。でも私にはどうしても屋根瓦は「黒」にしか見えなかった。
上手く描けないので、窓硝子に画用紙をテ-プで貼り付けて、その通りになぞったらいいなと思い、そう描いていたら、先生に注意されました。一言。
「どれだけなぞっても、雲は動いていくよ」。

そう、描いているうちに私の絵と雲とはずれていた。さらに一言。
「雲に黒い鉛筆の縁取りはないよ」。

そう、雲の輪郭に黒い縁取りも無かった。描く気が失せていったことを覚えています。今になって思えば、しっかりとつまいずいてばかりの学生時代だったと言えます。

現在の専門分野を志した理由・きっかけを教えてください。

大学院生の頃、「理解のつまずき」は恥ずべきもので、無くしたいものだと考えていました。

ちょうどその頃、ドナルド・A・ノーマンの「誰のためのデザイン」(新曜社) や海保博之先生の「こうすればわかりやすい表現になる」(福村出版) という著書が刊行されて、「理解のつまずき」が着目されていきました。それを何度も読み返すうちに、自分のつまずきが、実際に研究をスタ-トさせる視点になるのだと気づかせられた時に、私の研究が始まったように思います。

「理解のつまずき」をいかに解消できるのか、どのように説明したらよいのか、このようなことを考えることは、とりもなおさず教育心理学のテ-マなのだと気づかされていきました。

高校生へメッセージをお願いします。

私の願いは、
児童・生徒等の理解や学習のつまずきを汲み取り、
それを改善するための
支援的な教え方 (説明方略や説得方略) を
考案して欲しいということです。

これにより、教えるべきこと (教育内容) への
出遇いが始まると考えるからです。

「教育」というと学校の教師を
思い浮かべるかも知れません。

けれど、この説明社会においては、
だれもが「教師」という面がありますね。
高校生のあなたも、友達に教える時、
「教師」になっていますね。
道を尋ねられれば、「教え」ることでしょう。

そんな「教師」にとって、
教育心理学から学ぶことは
多いと考えています。

理論と実践とを融合した教育心理学研究により、
この説明社会に積極的に
貢献していって欲しいと願っています。

「出遇いをつくる。」 山本 博樹

「出遇いをつくる。」 山本 博樹

経歴・業績について