立命館地球環境委員会の取り組み

「サステイナブルキャンパス推進協議会
(CAS-Net JAPAN)2016 年次大会」を開催

2016年11月25日(金)、立命館大学 大阪いばらきキャンパス(OIC)にて、サステイナブルキャンパス推進協議会 (CAS-Net JAPAN)2016年次大会が開催されました。

CAS-Net JAPANは、日本国内の大学等において、持続可能な環境配慮型社会の構築に貢献することで、次世代の人材育成等を担う大学の社会的責任を果たすべく、情報共有や取り組みを推 進させることを趣旨として2013年に設立され、本学も学園として加盟しています。年に一度、年次大会を開催し各大学の取り組み事例の発表等が行われますが、今年度は私立大学では初めての開催となりました。会場は大阪いばらきキャンパスとなり、定員を上回る申込み数で、当日受付ができない程の盛況を博しました。

第1部は、立命館いばらきフューチャープラザ1階のカンファレンスホールにて行い、近本智行(理工学部教授)の司会のもと、吉田美喜夫総長の開会挨拶から始まり、佐藤直樹氏(CAS-Net JAPAN会長、京都大学理事・副学長)による会長挨拶、中村隆行氏(CAS-Net JAPAN代表幹事・福島工業高等専門学校長)による主旨説明、及川清昭(学校法人立命館キャンパス計画室長・立命館大学理工学部教授)によるキャンパス紹介と続きました。その後参加者を5つの班に分け、キャンパスツアーを実施しました。学生の意見を取り入れたコミュニティラウンジのデザインや、地域と境のない特有の敷地活用等を、多くの参加者が写真に収めていました。

第2部では、テーマを学生活動・大学運営・建築設備の3つに分けた分科会(セッション)を、別々のラーニングスタジオにて行いました。各会場を行き来する参加者や、活発な質疑応答が見受けられました。

第3部のまとめ・表彰式を、再びカンファレンスホールにて行いました。前日開催された立命館地球環境委員会シンポジウムの報告及び委員会の紹介を中島淳(立命館大学理工学部教授)が行い、第2部の各セッションで討議された内容について、各セッションリーダーより報告され ました。

続いて、サステイナブルキャンパス賞2016の表彰式が行われ、本学は 「立命館大学立命館中学校・高等学校/鹿島建設株式会社の『最先端環境配慮技術を導入し大学が中高・生徒と共に考えるエコスクール』が奨励賞を受賞し、久保田一暁(立命館中学校・高等学校教頭)より取り組み内容が紹介されました。

その後、高木実氏(愛媛大学施設基盤部施設企画課長)より次年度開催校紹介が行われ、三上隆氏(CAS-Net JAPAN副会長、北海道大学理事・副学長)の閉会挨拶を以って2016年次大会が盛況のうちに終了しました。

「第8回立命館地球環境委員会シンポジウム
−地域社会の持続可能性と大学の役割−」を開催

2016年11月24日(木)、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)立命館いばらきフューチャープラザ1階カンファレンスホールにて、第8回立命館地球環境委員会シンポジウム(主催:立命館地球環境委員会・立命館サステイナビリティ学研究センター、共催:サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN))を開催しました。

今回のシンポジウムは3部構成で行われ、エコ(環境保 全 )からサステイナビリティ(持続可能性)への発想転換、またその流れにおいて大学が地域社会へ対して果たすべき役割を登壇者・聴講者が多角的な視点から考えました。

第1部の基調講演では、「持続可能な地域づくりと大学の役割」について田浦健朗氏(NPO法人気候ネットワーク事務局長)にご講演いただき、「パリ協定」や「COP22」の世界の最新情勢をご報告いただきつつ、京都に所在する大学を事例に、温暖化対策の取り組みをご紹介いただきました。また、小篠隆生氏(北海道大学工学研究院准教授・CAS-NetJAPAN副代表幹事)からは、「サステイナブルキャンパスの実現に向けて(取組と評価システム)」というテーマで基調講演をしていただきました。小篠氏はイタリアのボローニャ大学を事例にキャンパス計画を周辺地域や都市との関わりの中で検討する事の重要性や、評価システムの到達点と今後の課題について報告されました。

第2部の「水再生循環によるアジアの水資源開発研究拠点形成」の取り組みと成果(中間報告)では、立命館大学サステイナビリティ学研究センターの中島淳(理工学部教授)・近本智行(理工学部教授)が、学園の研究面の取り組みとして、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成26年度〜平成30年度)による研究プロジェクトの中間成果を報告し、加えて立命館学園の環境保全の取り組みについても紹介しました。

第3部の総合セッションでは、立命館学園の学生・生徒・児童より「ゴミの削減」に関するアイデアを募集した「サステイナブルキャンパス・アイデア・コンテスト」の最終プレゼンテーションを実施しました。発表者3名のうち、上田隼也さん(立命館大学生命科学部3回生)の「ペットボトルの削減を促すマイボトル+R」が最優秀賞を受賞しました。

上田さんの提案は、マイボトル導入によるペットボトル・びん・缶な どの飲料消費に由来する廃棄物の削減を目的としたもので、そのスキームの具体性や実現可能性の高さ等が評価されました。

また、「エコからサステイナビリティへ−パラダイムシフトの展望と課題−」をテーマに、基調講演者2名、本学教員の桜井良(政策科学部助教)、本学の環境系サークルReco.Lab代表の朴木慎治さん(生命科学部3回生)の4名が、コーディネーターである近本智行(理工学部教授)のもとパネルディスカッションを行いました。

参加者は延べ80名にのぼり、会場から質疑や意見が挙がる場面も
度々見受けられ、盛況のうちに閉会しました。

「第7回立命館地球環境委員会シンポジウム
−立命館を変える、未来に繋ぐ−」を開催

2015年12月8日(火)、びわこ・くさつキャンパス(BKC)ローム記念館にて、第7回立命館地球環境委員会シンポジウム(主催:立命館地球環境委員会、立命館サステイナビリティ学研究センター)を開催しました。今回のシンポジウムでは、本学が「食科学部」を設置する準備を進めている状況も踏まえ、「地産地消」「フードマイレージ」「フェアトレード」を切り口として、「食」をテーマに持続可能な地域社会づくりについて考えました。シンポジウムでは始めに「地産地消と食の6次産業化による地域振興〜与謝野町の豆っこ米とクラフトビール〜」と題して京都府与謝野郡与謝野町の町長である山添藤真氏による基調講演を開催しました。次に、「カカオを通して世界を変える挑戦」と題してDari K株式会社代表取締役である吉野慶一氏による基調講演を開催しました。その後、「『食』からみた持続可能な地域社会づくり」をテーマにパネルディスカッションが行われました。

続いて、立命館学園の児童、生徒、学生、大学院生より環境負荷軽減に関するアイディアを募集したECOアイディアコンテストのプレゼンテーションが行われました。最終審査の発表を行った3組のうち、チーム名:The Three Musketeers 代表者:YU Shuangying(APU APS4回生)が最優秀賞を受賞しました。

「第6回立命館地球環境委員会シンポジウム
−立命館を変える、未来に繋ぐ−」を開催

2014年12月16日(火)、びわこ・くさつキャンパス(BKC)ローム記念館にて、第6回立命館地球環境委員会シンポジウム(主催:立命館地球環境委員会、立命館サステイナビリティ学研究センター)を開催しました。

今回のシンポジウムでは、資源の有限性に注目し、「資源の有効活用」、「環境負荷の低減」、「地域共生型サステイナブルキャンパスの創造」、「学園構成員を中心とした環境教育の場の提供」を目的に「水」をテーマの中心に据えて開催しました。

当日は、学生、生徒、教職員、企業関係者など約60名が参加しました。シンポジウムでは始めに「環境ビジネスの現状と中小企業の水ビジネスの取組み〜地域・国際貢献活動と共に〜」と題して、株式会社日吉代表取締役社長である村田弘司氏による基調講演を開催。

引き続き行われた、立命館学園の児童、生徒、学生、大学院生から環境負荷低減に関するアイデアを募集したECOアイデアコンテストのプレゼンテーションでは、最終審査に残った2名の学生・生徒が自身のアイデアを発表しました。

その後、近本 智行・理工学部教授によるBKCのトリシアや大阪いばらきキャンパスなどの環境負荷を低減させる最新の技術が盛り込まれた施設の紹介、学生・生徒による研究成果の発表が行われました。

最後にECOアイデアコンテストの審査結果が発表され、金田一七海さん(立命館慶祥中学校2年生)が最優秀賞、齋藤怜さん(産業社会学部3回生)が審査員特別賞を受賞しました。

CGUN Annual Conference2014 & International Sustainable Campus Workshopで
渡辺公三・立命館副総長、近本智行・理工学部教授が立命館の環境活動を紹介

11月13日(木)から11日15日(土)にかけて、中国の同済大学において開催された、中国緑色大学連盟(CGUN) Annual Conference2014&International Sustainable Campus Workshopにおいて、中国、日本、アメリカなどの大学を始めとした教育機関が集まり、持続可能な社会に貢献する各校の環境に関する取り組みについて情報交換が行なわれました。日本からは東京大学、京都大学なども参加しました。立命館からは、渡辺公三・立命館副総長と近本智行・理工学部教授が参加し、先進的なキャンパス省CO2 技術を取り入れた大阪いばらきキャンパスやびわこ・くさつキャンパスのトリシアの事例などをはじめとした、立命館の環境負荷低減に関する活動について紹介しました。

第5回シンポジウム「-立命館を変える、未来に繋ぐ-」を開催

2013年12月17日(火)、びわこ・くさつキャンパス(BKC)にて、第5回シンポジウム 「-立命館を変える、未来に繋ぐ-」(主催:立命館地球環境委員会、共催:立命館サステイナビリティ学研究センター)を開催しました。第5回となる今回は、立命館大学が取り組んでいる教育面・施設面や附属校生・大学生たちの環境活動報告を行いました。また、初企画として、紙の使用量削減に向けて「立命館におけるペーパーレスの可能性」をテーマに、三重大学における事例やソニー株式会社が開発したデジタルペーパーの活用の現状と今後の教育・研究分野における活用の展望の紹介、本学におけるペーパーレスの可能性についての討論企画も行いました。

特別講演会
「おだやかな時代と荒ぶる時代-水月湖の年縞が照らす様々な未来-」を開催

9月30日(火)、びわこ・くさつキャンパス(BKC)にて、立命館地球環境委員会特別講演会「おだやかな時代と荒ぶる時代-水月湖の年縞が照らす様々な未来-」(主催:立命館地球環境委員会、立命館サステイナビリティ学研究センター)を開催しました。本講演会は、中川毅特別招聘教授(古気候学研究センター長)が講師を務め、「奇跡の堆積物」と呼ばれる水月湖の「年縞」に記録されている、過去に起こったさまざまな気候変動について紹介。地球温暖化や異常気象の問題を、地質学的な視点で見るとどうなるのか、人間にとって本当の危機とはどのようなものなのかなどについて、最新の研究成果をもとに問い直す内容となりました。講演終了後には、参加者から多くの質問が寄せられ、活発な議論が行われました。