エネルギー使用量(石油換算)

エネルギー使用量(原油換算)

学園全体の環境影響項目の使用・排出実績のグラフ

2017年度冬期は西日本では過去32年間でもっとも寒い冬となりましたが、各キャンパスにおける施設運用改善を中心とした省エネ取り組みにより、2016年度よりも低い数値となりました。中期目標を達成するためにはあと3年で7.1%の削減を行う必要があり、構成員一人ひとりの省エネ行動がより重要なものとなります。

キャンパス別の状況

キャンパス別の環境影響項目の使用・排出実績のグラフ

2017年度 エネルギー使用量(原油換算)

2011年度 エネルギー使用量

立命館学園のエネルギー使用量は2016年度比で150kℓ減少しました。これは、平均的な1世帯あたりの年間エネルギー使用量を0.86kℓ(※1)とすると、約174世帯分に相当します。

※1:エネルギー白書H29年版より試算

電気使用の割合(概数)

電気使用の割合のイメージ