エネルギー使用量(石油換算)

エネルギー使用量(原油換算)

学園全体の環境影響項目の使用・排出実績のグラフ

2018年度の夏は記録的猛暑でしたが、各キャンパス・附属校における省エネ取り組みの成果もあり、エネルギー使用量は2年連続で減少しました。中期目標を達成するためには残り2年で6.7%の削減をおこなう必要があり、2019年4月に発足した「省エネキャンパス推進ワーキンググループ」にて具体的施策の検討を進めています。

キャンパス別の状況

キャンパス別の環境影響項目の使用・排出実績のグラフ

2018年度 エネルギー使用量(原油換算)

2011年度 エネルギー使用量

立命館学園のエネルギー使用量は2017年度比で592kℓ減少しました。これは、平均的な1世帯あたりの年間エネルギー使用量を0.86kℓ(※1)とすると、約688世帯分に相当します。

※1:エネルギー白書H29年版より試算

電気使用の割合(概数)

電気使用の割合のイメージ