教育の特徴

高校IMコース

Immersion Course

  1. Home
  2. 教育の特徴
  3. 高校IMコース

留学も含め、3年間で卒業

IMコースでは、全員がカナダ、オーストラリア、ニュージーランドいずれかの国に1年間、留学します。1人1校、1人、1家族のホームステイを通して、英語運用能力を養うとともに、異文化や耐用性への理解を深めます、1年間の留学含めて、高校を3年間で卒業します。

充実した留学

IMコースは北半球(カナダ)に留学するクラスと南半球(オーストラリア・ニュージーランド)に留学するクラスの2クラスが設けられています。それぞれ出発する時期は異なります。留学中はホームステイをしながら現地の高校に通い、必要な単位を習得します。基本的にそれぞれの高校には原則、本校からひとりずつの派遣となっています。異国の地でひとりで何とかすることを基本にしているが、どうしようもないときには現地では日本人スタッフがサポートしてくれます。理系の学部に進学する場合は7ヶ月の短縮プログラムを選択し、帰国後はIGコースへ転コースできます。

※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、派遣先、派遣時期が変更になることがあります。

スワイプしてください

英語によるイマージョン教育

IMコースはクラスごとで留学に出発し、クラスごとで帰国するので、学習プログラムも留学を前提に組み立てられています。クラスの中で留学に行くのが一人の場合、授業の遅れが心配になりますが、IMコースではそうした心配もありません。さらに留学から戻ると、多くの科目を英語で学ぶ「イマージョン授業」が実施されており、留学後も英語力を向上させて、TOEFL600点を超える生徒もいます。

英語TOEFLテストのクラス平均点の推移

スワイプしてください

イマージョン科目

World History

海外の視点から歴史を学ぶ

Science for SDGs

地球の課題を科学の視点から学ぶ

Art and Design

1年生から実技科目を英語で学ぶ

Academic Communication

英語による論文作成やプレゼンスキルの向上

Citizenship

現代の諸課題を解く糸口を探る

第二外国語

トリリンガルを目指す生徒向け選択講座

Global Leadership Studies (GLS)

留学プログラムやイマージョン授業と平行して、探究科目としてグローバルリーダーシップスタディズ(GLS)を展開しています。GLSでは3年間のカリキュラムとリンクさせ、「世界で起こっていること」や、「自分のやりたいこと」、「学びたいこと」に向き合います。変化の早いこれからの社会で逞しく生きる力を育みと同時に、社会へ貢献する精神と物事を生み出す力を持った国際人育成を目指します。

1st Stage

日本文化再発見

留学を前にまずは自国を見つめ直すことをコンセプトに、日本を代表する歴史・文化の集積都市である京都・宇治を舞台に学習します。自国について海外に語れる知識とマインドを身につけ留学する。留学生としての自覚と目的意識、自国と相手国への理解と敬意を身に付けます。

2nd Stage

グローバルリーダーシップ

魅力に溢れる人間性を持ちグローバル社会に貢献する事業を手がける講師の方々からの話に、留学から帰国直後の生徒は多くの刺激を受けます。大きな視野で自分の将来について考え、使命や志を見つけます。

3rd Stage

グローバル課題研究

地元宇治やタイ・ラオスをフィールドにした課題解決型学習を行います。物事を生み出す力や精神(アントレプレナーシップ)を身につけます。