News

  1. Home
  2. News
  3. IGとIMコースの生徒が関西模擬国連に参加

カテゴリー

年度別

月別

高校

IGとIMコースの生徒が関西模擬国連に参加

6月23,24日の両日、立命館宇治高校IG・IMコースの生徒が、第32回関西模擬国連大会(MUN)に参加しました。今年大会はコロナ禍のため、ハイブリッド形式での実施となり、生徒たちはは23日にオンラインミーティングで決議案を作成し、24日に京都国際会館を会場に対面形式で決議案について議論・討論を行いました。MUNが対面で活動するのは2019年以来です。コロナウイルス感染予防として新しいルールや手順もありましたが、学生たちは再び対面で参加できることを喜んでいました。今年のMUNのテーマは、「ジェンダー平等の達成とすべての女性と少女のエンパワーメント」でした。生徒たちは国連加盟国の代表として、教育による女性の地位向上や、地方における女性の地位向上に関する問題について、他校の生徒たちと共に議論しました。このMUNは、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントに関する問題をさまざまな視点から考える機会となり、決議には参加した生徒たちから大きな賛同を得ました。関西MUNに参加した学生の多くは、今回の経験から学んだことを12月に開催される立命館宇治MUNに活かしていく予定です。生徒たちが次に参加するMUNは、7月の大阪MUNで、関西MUNと同じトピックで行われる予定です。

220623【関西MUN】 220623【関西MUN】
220623【関西MUN】

戻る