TOP     研究 紹介     ポリシー      ニュース     メン バー



記載できず

無線信号処理研究室

Wireless Signal Processing Laboratory

(WSP Lab.)


■研究の理念

 無線信号処理技術の研究成果で社会の安全・安心・快適に貢献する


■研究室の概要

 無線信号処理研究室は,2012年度に発足した現在発展中の研究室です.研究テーマは,社会の安全・安心・快適に役立つ無線通信技術・信号処理技術とその応用に関する研究です.
 無線通信は大量のデータを送るためだけでなく,私たちの生活の安全・安心・快適にも役立っています.無線信号処理研究室では,高速鉄道を想定した環境(列車無線)や電波が弱い環境(衛星通信)でも,高い品質の無線通信を実現するための信号処理技術を研究しています.
 近年,電波による無線通信が困難な環境で通信を行うため,電波でなく音波を用いた音響通信に注目が集まりつつあります.無線信号処理研究室では,電波が通じにくい水中環境や既存の音響機器を活用できる陸上環境を対象として,移動環境にて音響通信を実現する技術を研究しています.
 無線信号処理研究室では,企業と連携して列車無線,衛星通信,水中音響通信,陸上音響通信を研究するとともに,琵琶湖博物館などの公的機関とも連携して,研究成果で社会に貢献すべく活動しています.

■主要研究テーマ

 高速移動体通信技術
 高感度無線通信技術
 移動体音響通信技術
 無線信号処理技術の展開
 差動時空符号化
 通信システムのモデリング
 水中音響通信
 陸上音響通信


立命館大学 理工学部 電子情報工学科 無線信号処理研究室 久 保 博嗣





■特に注力している研究テーマとその成果

 差動時空符号化に関する研究成果 


 水中音響通信に関する研究成果 


 琵琶湖博物館リニューアルへの貢献 (立命館NEWS)  (立命館+Rな人)


■2017年度研究室見学

 研究室配属に関連して研究室見学を希望する学生は,教員の久保までメールにてその旨を伝えて下さい.

  メールアドレス: kubohiro_at_fc.ritsumei.ac.jp  (_at_を@に変更して送付下さい)


■2017年度低回生研究室体験

 無線信号処理研究室では,「音波による無線通信(音響通信)実験」をテーマとして,低回生研究室体験を実施します.

 この低回生研究室体験に興味のある学生は,教員の久保までメールにてその旨を伝えて下さい.

  メールアドレス: kubohiro_at_fc.ritsumei.ac.jp  (_at_を@に変更して送付下さい)

 申込期間は9/26〜11/13ですが,興味がある人は早めの相談にも応じます.


■無線信号処理研究室所属員への連絡事項

 研究室メンバーへの連絡事項 (PASSWD要)




WSP Lab.@Ritsumeikan Univ. - Since 2012