立命館大学図書館

  1. TOP>
  2. お知らせ一覧

お知らせ一覧

最新20件の記事を表示しています。過去のものは年別アーカイブからご確認ください。

12/4 OIC学園祭開催に伴うOICライブラリー2階出入口へのアクセス変更について
2022年11月28日 OIC

12月4日(日)はOICにて学園祭が開催されます。学園祭当日は、OIC学生オフィスからの協力要請により、B棟内の動線整理の都合上、OICライブラリー2階出入口へのアクセスは、「B棟1階・北側・外階段(ガーデンテラスライオンの横)」からと変更になります。A棟方面からB棟への2階渡り廊下はご使用いただけないとのことです。利用者のみなさまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力の程お願いいたします。

  • OIC所属の専任教員につきましては、OICライブラリー4階教員専用出入口は通常通りご利用いただけます。その際はA棟方面4階渡り廊下を通ってB棟4階へお越しください。
  • 階段のご利用が困難な方につきましては、当日OICライブラリー来館でお使いのルート上に立哨しております「学園祭事務局のスタッフ」にお声かけください。

参照:OICキャンパス外観図

ScienceDirect/Scopus/Mendeleyウェビナーのご案内(11/28-11/29)
2022年11月18日

エルゼビア・ジャパン株式会社が開催する、ウェビナーを通しての利用講習会についてお知らせします。

  


エルゼビアでは、大学・研究機関における若手研究者・学生・図書館のご担当者を主な対象に、ScienceDirect / Scopus / Mendeleyの製品概要紹介と、基本操作解説のウェビナーを今年も定期開催しています。ウェビナーは事前登録制で、登録方法などの詳細については上記ポスター画像をクリックして表示されるPDFファイルをご覧ください。

学部学生等への図書の返却期限メール通知について
2022年11月15日

学部学生、校友、一般市民など図書の貸出期間が14日の利用者の方々にお知らせします。 これまで図書の返却期限は各自がMyLibraryで確認いただくこととしていました。それに加えて新たに12月1日より、登録されたアドレス宛にメールでも返却期限お知らせします。メールの送信は返却期限の4日前の夜(20時頃)に行います。

OICライブラリー4階専任教員専用出入口の利用再開について
2022年11月14日 OIC

 10月上旬より、OICライブラリー4階専任教員専用出入口の自動ドアに故障が発生し、自動では閉まらない状況が続いておりましたが、修理の目途が立ち、11月15日午前8時30分より、4階専任教員専用出入口の利用を再開することとなりました。期間中、先生方にはご協力を賜りましたこと御礼申し上げます。

図書館資料の除籍について(公示)
2022年10月31日


 下記のとおり、2022年度第3回図書館委員会(2022年10月24日開催)で承認された除籍資料を、立命館大学図書管理規程の運用に関する申し合わせにもとづき図書館ホームページで1か月間公示後、除籍処理を行います。


公示期間:2022年10月31日(月)~ 2022年11月30日(水)
対象資料:下記リンクに掲載した除籍リスト参照(学内者のみ閲覧可能)


以上

立命館大学図書館学術情報課
email: libkanriatst.ritsumei.ac.jp

2022年度 秋学期・図書館データベースガイダンスのお知らせ
2022年10月26日

図書館のデータベースを知っていますか?
データベースとは、統計、企業情報、新聞記事、論文、図書など、一定の形式で整理・蓄積されたデータの中から必要な情報を簡単に検索することができる便利なツールです。
立命館大学図書館にはレポート作成や論文執筆、就職活動に役立つデータベースがたくさんあります。
データベースガイダンスでは、特に専門性が高く、多様な活用ができるデータベースについて、外部の講師を招き、使い方や活用方法をわかりやすく解説します。
大学での学びや課外活動を効率的に進めるためにも、データベースの活用方法を習得しましょう!
ぜひお気軽にご参加ください。

【開催日時・場所】 ポスターをクリックすると、詳細情報に繋がります。

  

【お申込方法】
下記リンク先のフォームからお申し込みください。
https://forms.office.com/r/pVUJfH9Ltb

※申込方法やガイダンス内容の詳細は上のポスターをクリックしてご確認ください。
※対象は学内者(学部学生、大学院学生、教職員)のみとなります。
※申込の受付は【eol(企業・業界研究向け):財務データの探し方】2022年11月7日(月)16:00、【eol(就職活動向け):就職活動に役立つ企業研究】2022年11月15日(火) 16:00、【Mendeley(英語実施)】2022年11月24日(木) 16:00、で終了します。

以上

(お知らせ) 12/6(火)RESAS(地域経済分析システム)講習会の実施について
2022年10月25日

 この度、立命館大学図書館では、地域経済に関するビッグデータを簡単に使えるRESASについて、知識と活用方法を習得することを目的としてRESAS(地域経済分析システム)講習会を以下の通り開催します。

※RESASとは
 都道府県、市町村地方自治体ごとの人口動態、生産・分配・支出生産分配支出などお金の流れ、産業構造、POSデータによる消費マップ、観光マップ、まちづくり、医療福祉の需要供給など、地域をテーマに研究・学修する際に、データエヴィデンスを簡単に入手できるシステムです。

 講習会は、対面とオンラインの双方の形式で開催します。RAINBOWユーザーIDを所有する全立命館大学構成員の方ならどなたでも参加できます。多くの皆様のお申し込みをお待ちしております。お早めにお申し込みください。



地域経済分析システム(RESAS)講習会
  • 日時:2022.12.6 ❘火❘ 14:40- 16:10
  • 内容:RESASとは 活用事例紹介
      実際にRESASを触ってみよう!
  • 講師:近畿経済産業局 RESAS調査員 岸本敏幸氏
  • 会場:OICライブラリーぴあら
       *オンライン(Zoomミーティング)同時開催
  • 対象:本学構成員でデータベース(RESAS)に関心のあるRAINBOWユーザーIDを所有する全立命館大学構成員
  • 参加方法:QRコードから申込要(12月1日17時〆)
         1299_2
  • 参加費無料、要事前申込(先着順・定員になり次第締切)
主催:立命館大学図書館 協力:近畿経済産業局


2022年度11月以降の研究用資料費(図書選定枠)の執行について
2022年10月25日

2022年度11月以降の研究用資料費(図書選定枠)の執行について資料を掲載しました。
詳細は、「研究支援」ページをご覧ください。


日本語版
https://www.ritsumei.ac.jp/lib/c01/010/

英語版(English)
https://www.ritsumei.ac.jp/lib/c01/010/en/

2022年度11月以降の大学院図書予算の執行について
2022年10月25日

2022年度11月以降の大学院図書予算の執行について更新しました。
詳細は「研究支援」ページをご覧ください。


日本語版
https://www.ritsumei.ac.jp/lib/c01/010/

英語版(English)
https://www.ritsumei.ac.jp/lib/c01/010/en/

OICライブラリー4階専任教員専用出入口の閉鎖について
2022年10月11日 OIC

 OICライブラリー4階の専任教員専用出入口の自動ドアが故障しており、部品交換が必要なため、しばらくの間閉鎖します。ご迷惑をおかけしますが、入退館は2階出入口をご利用ください。
 修理が完了し、再開の目途が立ちましたら、改めてご案内いたします。

図書館利用支援課

国立情報学研究所(NII)によるネットワークメンテナンスに伴うサービスの停止について
2022年9月22日

以下の日時においてネットワーク関連のメンテナンス作業が実施されるため、図書館情報システム(RUNNERS)の各種機能への通信が不通となります。

<メンテナンス期間>

  • 2022/10/9(日) AM1:00 -AM 3:00
 時間帯内で数分程度の通信断が発生する場合があります。

詳細は以下リンクより確認してください。
国立情報学研究所(NII)によるネットワークメンテナンスに伴うサービス停止(2022/10/09) – RITSUMEIKAN ITサポートサイト

台風の影響に伴う、開館時間の変更について
2022年9月16日

2022.09.16
現在、台風が接近しています。
暴風警報・気象等に関する特別警報が発令または交通機関が不通になった場合は、図書館の開館時間を以下のように変更いたします。

≪閉館≫

次のいずれかに該当する場合、その時点で閉館します。
(1)暴風警報・気象等に関する特別警報が以下の地域に出された場合
衣笠・朱雀キャンパス:京都市または京都・亀岡区域
びわこ・くさつキャンパス:草津市または近江南部区域
大阪いばらきキャンパス:茨木市または北大阪区域

(2)交通機関が以下の基準で不通になった場合
衣笠・朱雀キャンパス: 
  • 京都市営バスが全面的に不通の場合。
  • 京都市営バスが運行中でも、京都市内乗り入れのJR西日本(大阪-草津間)、阪急、京阪、近鉄の4交通機関のうち、3交通機関以上が不通の場合。
  • びわこ・くさつキャンパス: 
  • JR西日本(京都-米原間)が不通の場合。
  • 近江鉄道バス(南草津駅-キャンパス間)が不通の場合。
  • 大阪いばらきキャンパス: 
  • JR西日本(大阪-草津間)、阪急(梅田-河原町間))の 2交通機関の両者が不通の場合。
  • ≪開館≫

     暴風警報または気象等に関する特別警報が解除された場合、交通機関が開通した場合は、開館日程表の定める時間の範囲内で1時間以内に開館します。ただし、警報の解除または開通が衣笠キャンパス・朱雀キャンパスは午後4時、びわこ・くさつキャンパス、大阪いばらきキャンパスは午後4時30分以降の場合は休館とします。



    2022年度秋学期OICライブラリー:学外の方の利用について
    2022年9月16日 OIC

     2022年9月26日(月)より、OICライブラリーが入っているB棟の出入口(1階西側)の開放時間が8:00~20:30に変更になります。これにともない、学外の方のご利用いただける時間を延長します。閉館時刻が22:00の場合、ライブラリーの利用は20:15までとします。

     B棟に入る際には、これまでと同じく1階受付で検温を受け、記帳のうえ、ネックストラップを着用ください。手指の消毒、マスクの着用についてもご協力をお願いします。

    【9月13日~】2022年度学生ライブラリースタッフ募集開始のお知らせ
    2022年9月6日

     9月13日(火)10時から2022年度学生ライブラリースタッフの募集を開始いたします。募集に関する詳細・応募条件等はこちら「採用情報」から、所属キャンパスを選択の上ご確認ください。学生ライブラリースタッフは単なる学生アルバイトではなくピアサポーターです。「採用情報」にしっかり目を通してご理解頂いた上で、ご応募ください。沢山のご応募お待ちしております。

    【求める学生像】

    学生ライブラリースタッフは、図書館サービスと利用者の学びを支えるピアサポーターであり、図書館と利用者を繋ぐ懸け橋となる存在です。図書館の仕事に興味・関心があるだけでなく、図書館の一員として主体的・自律的に関わる意欲があり、利用者のため、サービスや企画等の図書館運営に誠実に取り組める方を募集します。

    【応募期間・方法】

    2022年9月13日(火)10:00~2022年10月3日(月)10:00〆切
    応募はこちら「採用情報」からCAMPUS WEBへログインの上、オンラインで応募申請書を提出してください。

    【募集座談会の開催】

    応募するにあたって、「学生ライブラリースタッフとして活動したい」「先輩たちにもっと詳しく話を聞きたい」という方に向けて、現役学生ライブラリースタッフ(LS)が業務ややりがいについて丁寧に説明します。応募締め切り前の最後のイベントです。ぜひ積極的にご参加ください。
    各キャンパスで開催日時・内容が異なりますので、詳細は、こちら「採用情報」>「応募から採用までの流れ STEP3:募集座談会」からご確認ください。

    【参考情報】
    <学生ライブラリースタッフホームページはこちら>

    https://www.ritsumeikan-librarystaff.jp/
    ★今年度の募集要項や、活動の様子、LSメンバー紹介を公開中!

    【問い合わせ先】
    ■衣笠キャンパス:ls-saiyo@st.ritsumei.ac.jp
    ■びわこ・くさつキャンパス:bkc-ls@st.ritsumei.ac.jp
    ■大阪・いばらきキャンパス:oicls-yo@st.ritsumei.ac.jp

    以上

    2022年度春学期に卒業・修了および期間満了を迎える方の図書資料の返却について
    2022年9月5日

    卒業・修了および期間満了の方

    未返却の図書資料がある方は、下記の期限までに必ずご返却ください。なお、具体的な冊数、書籍名等は MyLibrary にて確認してください。また、卒業・修了後の図書館利用については こちら を確認願います。

    • 学部学生、大学院学生(博士課程前期課程、専門職学位課程、修士課程)の方 →  9月23日(金)まで
    • 大学院学生(博士課程後期課程)、非正規生(研修生・研究生・専修生・科目等履修生)の方 → 9月25日(日)まで

    ※9月23日(金)は平井嘉一郎記念図書館、メディアセンター、メディアライブラリー、朱雀リサーチライブラリー、修学館リサーチライブラリー、人文系文献資料室は休館日です。これらの館に返却される場合は前日までに返却願います。

    引き続き在籍される方

    • 学部学生、大学院学生(博士課程前期課程、専門職学位課程、修士課程)に在籍の方は卒業・修了判定後に必要に応じて MyLibrary にて貸出資料の延長手続きを行ってください。
    • 大学院学生(博士課程後期課程)は、引き続き在籍することが、確定した後に MyLibrary にて貸出資料の延長手続きを行ってください。

    国立情報学研究所(NII)によるネットワークメンテナンスに伴うサービスの停止について
    2022年8月26日

    以下の日時においてネットワーク関連のメンテナンス作業が実施されるため、図書館情報システム(RUNNERS)の各種機能への通信が不通となります。

    <メンテナンス期間>

    ・2022/9/10(土) AM4:30 -AM 6:00
     時間帯内で15分程度の通信断が1~3回程度発生します。

    詳細は以下リンクより確認してください。
    国立情報学研究所(NII)によるネットワークメンテナンスに伴うサービス停止(2022/09/10) – RITSUMEIKAN ITサポートサイト

    ScienceDirect/Scopus/Mendeleyウェビナーのご案内
    2022年8月22日

    エルゼビア・ジャパン株式会社が開催するウェビナーの案内についてお知らせします。

    エルゼビアでは、ウェビナーを通して製品の利用講習会を行っております。
    大学・研究機関における若手研究者・学生・図書館のご担当者を主な対象に、ScienceDirect / Scopus / Mendeleyの製品概要紹介と、基本操作解説のウェビナーを今年も定期開催しております。

    詳細は下記の概要をご覧ください。(※ウェビナーは事前登録制です。)
    是非この機会にご質問も併せてお寄せください。
    ライブで皆様のご質問にお答えいたします。
    また、ご登録いただいた方で当日参加いただけなかった方には、後日録音版のリンクをお送りいたします。


    【ウェビナー概要】
    • 対象:大学・研究機関における若手研究者・ 学生・図書館のご担当者
    • 講師:瀧本まゆみ 氏(弊社 認定講師)

    ScienceDirectのご紹介 -基本操作解説とTopic機能活用法-

    • 日時:2022年9月13日 (火) 15:00 ~ 16:00(Q&Aを含む)
    • 取り上げる項目(予定):
      1. ScienceDirectとは?
      2. 他データベースとの違いについて
      3. 基本的な検索の方法
      4. 自分が閲覧できる文献を確認する
      5. タイトルリストから探す
      6. パーソナル機能を利用する
      7. 専門用語の定義を確認する(トピックページ)

    [事前登録用リンク: ScienceDirectのご紹介 -基本操作解説とTopic機能活用法-]
    → https://elsevier.zoom.us/webinar/register/9016608934596/WN_4iZDqhqLQmm-k5Q6g_zUMA


    Scopusのご紹介 -基本操作解説-

    • 日時:2022年9月13日 (火) 16:30 ~ 17:30(Q&Aを含む)
    • 取り上げる項目(予定):
      1. Scopusとは? (他データベースとの違い・GoogleScholar/PubMed)
      2. 文献検索の紹介 (基本的な検索の流れ/インパクトが高い論文を調べる/SDGsマッピング情報)
      3. 著者検索の紹介
      4. ジャーナル検索の紹介 (CiteScoreのご紹介)
      5. パーソナル機能の紹介

    [事前登録用リンク: Scopusのご紹介 -基本操作解説-]
    → https://elsevier.zoom.us/webinar/register/2316608935681/WN_koVJl-zZSiuAi80N8OjT4w


    Mendeleyのご紹介 -文献情報の収集、整理、活用、共有について-

    • 日時:2022年9月14日 (水) 15:00 ~ 16:00(Q&Aを含む)
    • 取り上げる項目(予定):
      1. Mendeley 製品の概要説明
      2. 文献情報を収集する(Mendeley Web Importer)
      3. 文献情報を整理する (Mendeley Web、Mendeley Reference Manager)
      4. 文献情報を活用する(Mendeley Cite)
      5. 文献情報を共有する(グループ作成、Mendeley Data)

    [事前登録用リンク: Mendeleyのご紹介 -文献情報の収集、整理、活用、共有について-]
    → https://elsevier.zoom.us/webinar/register/3016608936384/WN_TRnnoUW8QkqNQzFtVCN9YQ


    ※受講前の準備に関するお願い
    円滑にご受講いただけるよう、Mendeleyのインストール方法、基本操作に関しまして、Mendeley 講習会-セットアップ編の動画を事前にご視聴の上、セットアップをお済ませください。(セットアップ編は前半約30分)
    → https://view.highspot.com/viewer/623bc62b9712ea2de0f29b4d

    図書館資料の除籍について(公示)
    2022年8月1日

    2022年8月1日

     下記のとおり、2022年度第2回図書館委員会(2022年7月11日開催)で承認された除籍資料を、立命館大学図書管理規程の運用に関する申し合わせにもとづき図書館ホームページで1か月間公示後、除籍処理を行います。


    公示期間:2022年8月1日(月)~ 2022年9月2日(金)
    対象資料:下記リンクに掲載した除籍リスト参照(学内者のみ閲覧可能)


    以上

    立命館大学図書館学術情報課
    email: libkanriatst.ritsumei.ac.jp

    8/2(火)GIS(地理情報システム)講習会の実施について
    2022年7月27日

     この度、立命館大学文学部地域研究学域では、ArcGIS Onlineと、その代表的なアプリケーションの一つであるArcGIS StoryMapsの基礎的な知識と使い方を習得することを目的として、GIS(地理情報システム)講習会を以下の通り開催します。
     ArcGIS Onlineは、誰もがいつでもどこでも、あらゆる地理情報データをクラウドで管理・共有することを可能にし、美しい地図作成を簡単に行うことができるアプリケーションです。
     ArcGIS StoryMapsは、地図・テキスト・写真・動画などを自由に組み合わせて思い思いのWebページを簡単に作成・公開することができます。
     これらの使い方を習得することで、教員、職員、学生、それぞれの立場で取り組んでいる論文・報告書・レジュメ等文書作成の際の様々な数値の分析作業に、地理情報データを加えることが可能となり、これまでにない次元の、説得力ある文書を作成することが出来るようになります。
     講習会は、対面とオンラインの双方の形式で、以下の通り開催します。RAINBOWユーザーIDを所有する全立命館大学構成員の方ならどなたでも参加できます。特別なソフトやアプリをあらかじめ用意する必要はありません。立命館大学図書館も共催していますこの魅力的なGIS(地理情報システム)講習会に、多くの皆様のお申し込みをお待ちしております。お申込者数には限りがあります。お早めにお申し込みください。


    ArcGIS Online & ArcGIS StoryMaps講習会
    • ◆日時:2022年8月2日(火)13:00~15:30
    • ◆場所(会場):立命館大学衣笠キャンパス 洋洋館YY505教室 および Zoomミーティング
    • ◆講師:松尾 陽平氏(ESRIジャパン株式会社)
    • ◆対象者:RAINBOWユーザーIDを所有する全立命館大学構成員
    • ◆参加費無料、要事前申込(先着順・定員になり次第締切)
    • ◆お申込み:
       会場参加(30名程度)https://ritsumeiarcgis2022.peatix.com
       オンライン参加(100名程度)https://ritsumeiarcgis2022online.peatix.com
    • ◆お問合せ:立命館大学文学部地域研究学域(geograph@st.ritsumei.ac.jp )

      主催:立命館大学文学部地域研究学域
      共催:立命館大学歴史都市防災研究所/立命館大学アート・リサーチセンター/立命館大学図書館
      協力:ESRIジャパン株式会社

    ScienceDirect/Scopus/Mendeleyウェビナーのご案内
    2022年7月20日

    エルゼビア・ジャパン株式会社が開催するウェビナーの案内についてお知らせします。

    エルゼビアでは、ウェビナーを通して製品の利用講習会を行っております。
    大学・研究機関における若手研究者・学生・図書館のご担当者を主な対象に、ScienceDirect / Scopus / Mendeleyの製品概要紹介と、基本操作解説のウェビナーを今年も定期開催しております。

    詳細は下記の概要をご覧ください。(※ウェビナーは事前登録制です。)
    是非この機会にご質問も併せてお寄せください。
    ライブで皆様のご質問にお答えいたします。
    また、ご登録いただいた方で当日参加いただけなかった方には、後日録音版のリンクをお送りいたします。


    【ウェビナー概要】
    • 対象:大学・研究機関における若手研究者・ 学生・図書館のご担当者
    • 講師:瀧本まゆみ 氏(弊社 認定講師)

    ScienceDirectのご紹介 -基本操作解説とTopic機能活用法-

    • 日時:2022年7月26日 (火) 15:00 ~ 16:00(Q&Aを含む)
    • 取り上げる項目(予定):
      1. ScienceDirectとは?
      2. 他データベースとの違いについて
      3. 基本的な検索の方法
      4. 自分が閲覧できる文献を確認する
      5. タイトルリストから探す
      6. パーソナル機能を利用する
      7. 専門用語の定義を確認する(トピックページ)

    [事前登録用リンク: ScienceDirectのご紹介 -基本操作解説とTopic機能活用法-]
    → https://elsevier.zoom.us/webinar/register/3816565842957/WN_34puT3kzTLGCRSH-jsTbqg


    Scopusのご紹介 -CiteScore情報更新と基本操作解説-

    • 日時:2022年7月26日 (火) 16:30 ~ 17:30(Q&Aを含む)
    • 取り上げる項目(予定):
      1. Scopusとは? (他データベースとの違い・GoogleScholar/PubMed)
      2. 文献検索の紹介 (基本的な検索の流れ/インパクトが高い論文を調べる/SDGsマッピング情報)
      3. 著者検索の紹介
      4. ジャーナル検索の紹介 (CiteScore2021のご紹介)
      5. パーソナル機能の紹介

    [事前登録用リンク: Scopusのご紹介 -CiteScore情報更新と基本操作解説-]
    → https://elsevier.zoom.us/webinar/register/4716565843221/WN_ZxvDyUXIRRSEjrwRKGQ-Zg


    Mendeleyのご紹介 -文献情報の収集、整理、活用、共有について-

    • 日時:2022年7月27日 (水) 15:00 ~ 16:00(Q&Aを含む)
    • 取り上げる項目(予定):
      1. Mendeley 製品の概要説明
      2. 文献情報を収集する(Mendeley Web Importer)
      3. 文献情報を整理する (Mendeley Web、Mendeley Reference Manager)
      4. 文献情報を活用する(Mendeley Cite)
      5. 文献情報を共有する(グループ作成、Mendeley Data)

    [事前登録用リンク: Mendeleyのご紹介 -文献情報の収集、整理、活用、共有について-]
    → https://elsevier.zoom.us/webinar/register/2616565843458/WN_4tt22SdoQz6IA8eFKLd3rw


    ※受講前の準備に関するお願い
    円滑にご受講いただけるよう、Mendeleyのインストール方法、基本操作に関しまして、Mendeley 講習会-セットアップ編の動画を事前にご視聴の上、セットアップをお済ませください。(セットアップ編は前半約30分)
    → https://view.highspot.com/viewer/623bc62b9712ea2de0f29b4d